5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

《破邪》九字と印について語る《アヒャ》

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/15 20:02
除霊、破邪などに諸説のある印と真言について語りましょう。
ここでは主に正しい印の結び方を中心にしたく思います。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/16 19:46
ここにあるぐぐれ。
ttp://www.h3.dion.ne.jp/~tsutaya/newpage19.htm

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/16 22:32
出すにことかいて、津多を出すのかよ。
っていうかさ、
URL出しておいて、
ぐぐれってどういうこと?
あっ!?
貴様、津多だなーっ!!!

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/18 22:01
意味不明。
正しい九字の切り方を教えてください。
どのURLも必ずどれかは結び方が異なるのです。
特に内獅子印と外獅子印。内縛だったりそうでなかったり・・・。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/18 23:05
日蓮宗は木剣で九字を切る。

6 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/19 19:19
>4にマジレスしとこう。
「正しい九字の切り方」を知るのは不可能だよ。
なぜなら、九字本来の発祥の地・中国でははなからそんなもん存在してなかった
のだから。多少は知識があると思って言うが呪文部分は「抱朴子」の六甲秘祝が
元というのは言うまでも無いが、あの格子に描く作法(いわゆる早九字)は
抱朴子には無くて、兵家(軍師などが修めていた軍事学)に伝えられていた
出陣前の呪法に由来し、六甲秘祝とは何の関係も無い作法だった。
実際、六甲秘祝は早くに中国では廃れたけど、格子に描く作法は「九龍の符」
という名称で後世に成立した道教経典に載って生き残っている。
じゃあ、私らがイメージする九字はなんなのかといえば、日本に大陸の知識が
輸入されて以降に日本で編み出されたものなのだわな。
その中でも「印」は明らかに密教との交流が起きてから出来たもので
精々遡っても平安後期がいい所だろう。


7 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/19 19:21
そして、呪術に概ね云える事だけど呪術の成立年代やその最初の形を知るのは
非常に困難な事で密教や陰陽道のように団体を持っていたり、そういった所で
複数の人間に伝承する必要が無いと、殆ど口伝や一子相伝になったり
弟子にも秘匿する、といった按配で形に残らない場合が非常に多い。
九字に関して言えば、余りに多くの団体で使用したので各団体ごとで独自の発展や
変化を遂げてるから元のオリジナルはとっくに解らなくなっている状態。
だから、違ってはいてもそれはそれぞれの流派での「正しい」やり方なので
それはそれで皆正しい。
恐らく>4さんが知りたいのは元のオリジナルといったような方法の事なんだろうけど
もはや「無理」としか言い様がないのですわ。

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/19 21:14
>>7
ふむふむ、大変勉強になります。
ただ、やはり効力の差というものはあるんでしょうね。

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/20 19:51
じゃあ、神仙道で学んだら?


10 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/20 21:56
http://club.hhroad.com/UploadFile/20038611432662172.jpg

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/21 00:12
>>2
内獅子、外獅子印ともにきれいでつね。
臨・兵は内縛では?親指もそろえるほうが正しいと思う。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/21 17:10
>>11

モマエ太田本人だろ

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/22 13:39
>>12
津多とか太田とか誰?

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/22 20:27
楽しい?ねぇ、楽しい?

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/22 20:37
>>14これ見れば楽しいんじゃねぇの?
http://members2.tsukaeru.net/cginet/Tfall/shock.jpg

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/22 23:17
臨める兵、闘う者、皆陣列の前に在れ。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/23 22:31
>>16
それ本当なの? なかなか、ふむふむだね!

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/25 22:13
九字の印は覚えておきたいですね。

19 :混沌坊主:04/08/26 15:15
 以前、指の運動という名目でたくさんの印の真似事していたら、知り合いの
坊主(真言宗)が、「すげぇな。九字印きれんのか。教えてくれよ」とホザキ
オッタ。
 そうだったのか…。正式なモノなんてないのか…。ただの指運動だったのに…

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/26 16:31
密教に九字の印は本来無いのは常識。
修験の産物。
所詮、道家のパクリ。

21 ::04/08/26 18:49
混沌坊主さま、話に聞いた事なのですが真言宗では江戸の頃は
九字に対して否定的だったそうで。
なんでも「九字は道家のものであって、仏法のものではない。だが俗人から
『して欲しい』と要望される事が多いので止むを得ず行う時もある」と江戸の頃の
真言家の文書にあるのだとか。
しかし、時代が移ると認識も変わるらしく昭和に書かれた高野山真言宗教師むけの手引きには
九字の印が図解で掲載され「これの詳しい伝は師僧に伝法をうけるように」との
但し書きがありました。
しかし真言宗の僧が伝法されてなかったとは。九字は信徒向けの作法として
日常作法の内に伝えられる場合がある(要望される時があるから)らしいのですが。
実際私のたまに行く高野山派の不動寺院の護摩供では、そこの住職が
護摩の後、太鼓を打ちながら諸仏諸天、日本の神祇に加護を祈った後で
九字の結印と切九字をするのを毎度みてるんですが。
そういやあの住職、岡山の醍醐派のお寺の護摩の手伝いをしていたと聞いたから
そっちから伝法されたんかも知れない。

22 :混沌坊主:04/08/26 20:59
>>21
 7様、ありがとうございます。
 そういえば、アヤツ、大学を休学して修行に行ってたな…。
 この話をされたのは、その前だから…その時にはまだ坊主じゃなかった
のかもしれん。
 後で聞いておこう。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/28 17:34
外獅子印と内獅子印が難しい。
左手だけで印を切る方が簡単

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/08/28 23:32
でも、印が結べるとカッコイイ!!

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/01 20:31
のうまく さあまんだら ばあざらだんせん だんまあかろしゃ だそわたや うんたらたかんまん

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/01 21:01
梵語を無視したおかしな不動呪だ。


27 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/01 22:05
うん、おかしな慈救咒だ

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/01 22:34
おうよ!マジヘンじゃん!本当に慈救呪かそれ?

29 :25:04/09/01 23:46
ん?何が?

30 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/01 23:50
正しい慈救呪はどんなん?

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/02 00:12
              _ _          _             _      _   _
Namah samanta-vajranam canda-maharosana sphotaya hum trat ham mam
    ・          ・ ・   ・・      ・ ・    ・     ・   ・  ・   ・


32 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/02 10:04
のうまくさあまんだ、ばあざらだんかん

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/02 22:01
>32
それ小呪じゃんかよ!

34 :32:04/09/03 20:18
じゃあ何が違うんだよ〜ο(;д;)ο

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/03 23:28
なんか、まったりした感じが良いね〜!

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/04 00:25
>>6さん
四縦五横ですが、これは兵家の何と言う書物に載っているんでしょうか?
また、「九龍の符」が載っているのは何と言う経典ですか?


37 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/04 09:10
>>32
呪自体は宗派によって差異が多少有るのでそれは良しとしよう。違う所は>>26さん
の指摘している通り、要するに切る所が違うのさ!

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/04 15:56
>>37 もしかしてスペースの空ける場所?そういえば梵語なんて全然考えてなかったっす。いや失礼しますた
そこで質問なんですが今、僕は友達の事で悩んでます。それで不動七縛法という術をご存じであれば教えてほしんですけど…

39 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/09/04 17:29
>>38
術を教えろって?正気か?巻き添え喰っても知らんぞ!悩みの内容キボンヌ!

40 :6・7:04/09/04 19:14
>36さん。
まず四縦五横そのものは、かの武経七書(孫子・呉子などの兵法書)には
記載がありませんが、技術そのものが伝承されていたようで
明代成立の古代から明に至るまでの中国の戦争知識のアンソロジーである
武備志にあるのが一番見やすいでしょう。ただ武備志自体が大学図書館クラスでないと見れないかも。
この叢書自体は明ですが、内容はそれまでの文献に残ってきた戦争知識を網羅したもので
ここでの四縦五横は、あの陰陽道で用いられていた小反閉法とほぼ同じ内容のものが
掲載されてます。小反閉法の日本での最も古い文献が鎌倉前期と
されていますし、その中で使う呪にある「天門・地戸」という語句は中国六朝時代頃に呪術の中で
使われたものである事からいって、最低でもその位の古さはある呪法です。
「九龍の符」の掲載経典はちょいと待ってください。
私の持ってる正統道蔵のコピーからヒッパリ出しますんで…

41 :38:04/09/05 00:55
>>39 僕の友達は以前にある占い師に狐が憑いてると言われてました。そのせいか霊感は鋭くそいつ自身に悪いことばかり続くんです。

42 :38:04/09/05 00:56
けど何故か浄霊に行きたがらないんで前に僕がいろんな真言だけでやりましたが不動七縛法を知らなかった為狐らしき者?が憑依してとても恐い目に合いました。けどそいつを助けてやりたいしリベンジをやりたいんです。

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/05 01:11
>>38
友人に憑いている奴。狐の格好をして居る様に見えるのか知れないが、陰険で
狡賢い性格でいて死んだ元人間だぞ。お前素人なんだろ?ちゃんとした行者さん
に頼みなさい!お前まで同じになったら誰が助けるんだよ!

44 :38:04/09/05 09:11
>>43 猾賢い死んだ人間ですか?そういえば僕が除霊をやってその霊がツレに憑依した時狐と相性がいいと思う稲荷大明神のお札を見せ付けたら嫌がってました。動作は動物的で表情も凄く恐かったけど雰囲気が猾賢そうだったかも…
でも確かに>>43の言う通り僕以外その事を理解できる人がいないんで悔しいけどプロの方に頼みます。

45 :36:04/09/05 11:31
>>6.7さん
恐縮ですが、件の記事は『武備志』の何巻に掲載されているのでしょうか?
小反閇と似ているとの事なので大変興味深く思っております。
小反閇の源流は遁甲の玉女反閉局だというのが通説ですが、小坂先生によれば
確か『隋書』経籍史が原典だと言う事になっていましたよね。
なので、本当に六朝時代まで遡れるとすると面白いなぁと興味が尽きません。
お手を煩わせて大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。
また、道蔵の件も併せて宜しくお願い致します。m(_ _)m

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/05 17:22
くず〜は?

47 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/07 00:14
>>46
そうです。

48 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/07 21:00
セーマンを上から切ったらどうなるのですか?

49 :6.7:04/09/12 18:46:11
36さん、お待たせしました。私事が立て込んで遅れてすいません。
武備志のは一百八十一・占度載 占遁甲経纂三に「歩星法」の項にあるのが
それです。書き様が悪くて誤解させてしまいましたが、あくまで「天門・地戸」が
呪術に入り込んだのが六朝なんで(天門・地戸そのものは秦より前からあったらしい
のですが。これ、ある論文の受け売りな上にうろ覚えです…すいません)
反閇そのものは隋書経籍志が文献に残ってる内では
初出でしょう。ただ、ごらんの通りこの法自体は遁甲に付随したものなので
興味深い所です。勿論この中で使う呪には玉女も登場します。
道教経典では正統道蔵所載の「道法会元」一百五十八・出門行持の項に
あります。確か「道法会元」は元ごろの成立だったかと。
あと他にもあったと思うのですが、手元のコピーにもなく
ド忘れしてしまったので堪忍してください。明の萬法帰宗にもあったよーな、なかったような。
この二つの共通点は共にどこかへ出かける前にする呪術である事、そして
地面に四縦五横を書き記す、という所です。そういえば小反閇も
貴人が出かける前に行う作法でしたね〜。

50 :ぽこ ◆POCOeuXoJw :04/09/12 20:50:52
   ∧,,∧
  (,,・∀・) <50
 @(_uu)


51 :6.7:04/09/12 22:09:47
ありゃ。書き方が悪いというより、逆の事書いてますわ。前の方が先走りの内容でした。お許しを〜

52 :36:04/09/13 01:29:45
6.7さん
お手数お掛けして申し訳ありません、とともに、ありがとう御座いました。
早速確認してみようかと思いますヽ(´∀`)ノ

また何かあれば、お話聞かせて下さいませ〜m(_ _)m

53 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/17 09:18:27
>>38
消息キボンヌ?

54 :38:04/09/20 10:13:46
>>53 はい、なんでしょうか?


55 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/20 11:36:17
38その後どうなったの?

56 :38:04/09/20 15:59:41
>>55よく聞いてくれました。あれからの事なんですが友人は体調不良や都合があってお祓いの時期みてたんですけど、おとついのお彼岸の夜に友人は自殺したお婆ちゃんの夢枕を見たそうなんです。

57 :38:04/09/20 16:01:58
内容は夜の0〜2時の間に家の近所の曰く付きの浜辺で7本の木で焚き火して燃えつきたら自殺したお婆ちゃんが現われて「これをすれば全部の厄が取れるよ」というとても細かくて鮮明な夢枕を見たらしいんですよ。

58 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/20 16:02:59
38
それからどうなったの?

59 :38:04/09/20 16:05:25
昨晩その話を聞いてさっそく友人を叩き起こして半強制的にその夢そのままんま実行したんです。そしたら本人すら今まで知らなかった燃やす木の置き場所から浜までの道中が全て的中!(めっちゃ気味悪かった)
ただ燃やす場所が霊気の強いらしい橋を越えてすぐくらいのところだったので友人はビビってその手前の浜辺で木を全部燃やしたんですけど、終わった時の夢とのシチューエーションが違うって言うんです。

60 :38:04/09/20 16:10:43
夢では終わって家に帰るとき体力が尽き果てた状態なのに元の体調不良だけで本当に厄が取れてるのかよくわかりません。 やっぱり最後まで夢枕通り実行したほうが良かったのかな〜?
長文、連書きすいません。

61 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/26 00:04:09
>>2
この人の手「汚い」感じしない?

62 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/09/26 01:54:31
>61
そう言われて>2を見たら「汚い」感じがするような…
血管の浮き上がり具合とか、皮膚の血行の具合とか…

61さんは違う意味の「汚さ」を見たのかな?

漏れの感じた違和感は、やってる事に比べて
服装とか、背景が「汚い」感じ…「痛い」かな?

神社のHPならそれなりの格好があるだろうに…

63 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/01 00:30:41
>>62
61です。
手にはその人の品格のようなものが表れると思うのですが
なんかこの方の手は「生ゴミ」を連想させます

64 :62:04/10/03 00:37:05
>61さん。>63
ムムッ!品格ですか…じぃー…ハッ!自分の手を見てしまった!

ウウッ「生ゴミ」ですか…じぃー…ハッ!(以下省略)…そうですか。

61さんはそのように見た?時、感じた?時、どうなんですか、たとえば見た瞬間
に(今回の場合)「生ゴミ」の記憶が想起されて胸がムカツクとか匂いがプ〜ン
と漂うような感覚が沸くのですか?それとも別の感覚ですか?
良かったら教えてください。

もしや『見たまま言ってんじゃ細かいこと聞くなボケッ!』ですか?ウッ…

スレタイに沿った話題を一つ。自分は十代の頃、雑誌や本を参考にして自
己流で瞑想をしてたんだけど、その瞑想の前後に九字を利用してました。
瞑想の時に恐怖心が沸く(若かったのか)のを九字を利用することによって
押さえる効果(押さえたつもり?)がありました。

65 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/12 21:59:17
九字切りには天地玄妙神辺変通力離と手は同じで唱える事もあるようですが前述とはどう違うのですか?

66 :age:04/10/14 20:11:45
さげ

67 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/18 03:08:55
>>65
うろ覚えだけど、宗派が違うんじゃ無かったかな?

68 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/18 17:18:51
ノウナシ サーベンキョウダー ウニャウニャ マタネチマッター

69 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/22 12:46:50
たまに練習してたら完璧にできるようになった。

70 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/22 13:40:02
形だけな


71 :名無し@京都板じゃないよ:04/10/22 19:01:52
形だけで良いんなら俺でも出来る。・・・>>2とチョト違う形だが・・・

72 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/22 19:48:39
>>2
うわっ、これってあの寓児の手なのか!


73 :名無し@京都板じゃないよ:04/10/22 20:03:17
何だか過去レスでもそんな反応だけど。>>2の宮司は有名な人なの?
チョット事情に疎いので誰か、サクッと説明して頂けますか?
ウォ〜イ!おしえてエロい人〜!!

74 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/22 21:15:47
九字は切ったら解かないといけないんですか?

75 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/23 01:37:16
九字を切ったら刀印を左手の鞘に収めるらしいですけど
どういう風に鞘の形を作って納めるんですか?

76 :名無し@京都板じゃないよ:04/10/23 03:02:55
西洋魔術だと鞘に収めるらしいけど。九字切りでも鞘に収めるの?

77 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/23 04:03:56
元祖ゴッゴルしゃちょう日記 ゴッゴルな文学におけるゴッゴルな心とそのあり方。
http://blog.livedoor.jp/hirox1492/archives/8326071.html

78 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/23 09:21:00
>>73

神社界一のDQS宮司として、有名。
所属の岐阜神社庁からも厳重注意を受けたが、
聞く耳も持たないキティです。
だいたい、 神社の宮司が修験の九字を切っている自体、
言語道断なのです。
考えても見てください。
カソリック教会の公式HPで、神父が九字切っている姿を。
それと同様のことをしているような愚者なのです。


79 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/23 20:54:02
父と子と聖霊の御名において…臨兵闘者皆陣烈在前!!
アーメン。

十字でなく九字を切る神父……。


80 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/23 21:03:32
ちなみにいうと縦横に十字を重ねて切っていく九字もある。


81 :名無し@京都板じゃないよ:04/10/23 22:30:04
>>78サン
朝から素早く、教えてくれて、アリガd
巫女さんのイラストが何枚もあるもんだから。胡散臭いな〜とは思っていましたが
「・・・岐阜神社庁・・・云々」・・・本当に本物の神社という観点が抜けて見ていました。
ネット上のなんちゃって神社かな?みたいに思っていました。

解りやすく御指摘いただき、本当に有難う御座います!

>>78サンこそ【神社・仏閣】板の・・・認―――$No1エロい人$―――認・・・です!

82 :名無しさん@京都板じゃないよ :04/10/24 21:46:58
十字もあるよ。九字の印に加え、最後に文字を書くんだよ。それで十字。




83 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/25 12:19:55
>>78
宮司や神主が九字を切っても何の不思議もないよw
昔は神仏習合だったんだし、現代でも神主で修験の修行やる人も結構いるしね。
大っぴらにやるのはさすがにまずいけどねw

84 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/25 18:50:50
>>70 形以外に必要なものあるんですか?

85 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/10/25 18:55:29
>>84
こういうのは全て伝授が必要。
オカルトおたくに何言っても無駄かもしれんが(w

86 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/13 10:20:42
ヨーガみたいに体全体を使っての九字ってありますか?

87 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/13 12:10:37
>>86
ヨーガに九字なんてないんだよ。

88 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/14 02:48:41
>>87
ヨーガ「みたい」な感じでですが・・・・
体で結ぶ印です
知りませんか?

89 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/14 08:10:37
>>88 もっと詳しく具体的にいいなさい。
どんな団体でやっているものなのか、その印の具体的な名称は何か等。

90 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/14 08:35:42
>>89
申し訳ありません。
実はそれらのことを自分も知りたいです。
今はパソコンができる環境でないのでちょっと尋ねてしまいました・・・。


91 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/14 08:41:18
>>90 じゃあどこでどのようにして知ったのか書きなさい。

92 :kaitabha:04/11/15 01:24:55
hathayogaのmudraのことを言いたいんでしょうね。



93 :kaitabha:04/11/15 01:34:23
ついでに>>2のサイトにある九字の写真見ましたが正確でないどころか
ひどいものです。大金剛輪印に至っては目も当てられない。


94 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/15 03:13:57
kaitabhaさん、大金剛輪印もですが、穏形も酷いですね。
神社みたいなHPですが神社系は、あんな感じなのかぁ〜。

95 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/15 08:10:10
>>91
ダメ板のダメ板心霊倶楽部というスレでくるくるぱさんに聞きました。

96 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/15 15:20:27
>>93>>94

その神社の宮司は神社界で有名なキティで、
九字なども本を見て真似事をしてるだけですし、
第一、神社神道に九字はありません。

97 :kaitabha:04/11/15 19:42:16
近所の山にある神社の宮司さんは既に帰幽されましたが、田舎過ぎる為か
神仏分離令以前の、九字や護摩を含む家伝の祈祷法を細々と行っておりま
した。このように社家内で九字が伝承されてきている稀な例は時間と共に
なくなってゆくと思いますね。


98 :太極:04/11/15 20:29:44
九字・・・小生がきるときですけど・・
四縦五横は,外に対する欲,または,悪霊退散のために切る。
指で印を作って切るときは,内に潜む欲を切るためです。
指で切ったときは,左手の親と薬,小指で鞘をつくり,人差し
中指はまっすぐにしてさやとし,右手の人差し,中指の刀印を
さやにおさめてます。
どうでしょうかね?


99 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/19 20:57:52
>>98
その鞘にどうやって収めるんでしょうか?
鞘の親指側から収めるのか
それとも鞘の小指側からおさめるのか
刀の手もどっちの向きからいれるんでしょうか?

100 :名無しさん@京都板じゃないよ:04/11/19 23:11:36
皆さん先達を見つけて伝授を受けましょうね。



101 :名無しさん@京都板じゃないよ:05/02/28 16:03:43


102 :名無しさん@京都板じゃないよ:05/02/28 23:03:09
ここで教えて貰ったからと言っても、それは伝授じゃ無いよ〜ん!

103 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 10:14:29
>>88
おまいは桐ちゃんのことを話題にしたいだけだろ(W

104 :無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 12:35:36
>>99
刀印の鞘収めは、密教系、修験系、古神道系などでそれぞれやるけど、
若干ことなります。どれがどれだったか忘れましたが、親指から収める
場合と、小指から収めるのとあります。
たしか、修験などは親指で、古神道などでは小指でなかったか知らん?
ちょっと、あやふやでスマンです。

105 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 16:16:27
印って相伝だべ?
素人が勝手にやっても意味ないべ。
格好だけだべ。

106 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 20:25:33
>>105
素人はそうなんだけど行をして力の付いている人だと
形をまねするだけでもある程度効いちゃうんだよね。
(あくまでも素人の付け焼刃はオススメしないけどね。)

107 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 20:54:01
>>フフフ、スカシ、あたかも自分は正統な放流だなみたいな
粕がおおいな。

結局お前らがなにをしても帰還だろう手

108 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 21:23:26
相伝じゃないと云々っていうのは、ただの坊さんの権益保守の口実。
呪法が相伝じゃないと駄目などというのは世界においても密教だけ。

109 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 21:56:47
>>108
違う。
相伝でないとダメなのは密教、修験道、神仙道、古神道でも同じ。天台宗(千日回峰行者)や日蓮宗でも九字を切るがこれも相伝のみが有効。
相伝でなくても良いのは、夢見る女の子のおまじないだけ。

110 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:11:40
利権と結びついた途端、権威主義が西洋人以上に極端に増大する日本人の特性ならではの現象だねww
印だろうが魔方陣だろうが、結局は念の目的別のシンボライズでしかないんだよ。高い力と力の制御能力さえあればこういうものは本来不要なこと。
ましてや誰が教えた教えないで能力が変わる云々は全く無い。

111 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:21:53
日本人の特徴じゃない。
密教の相伝の決まりはインドから。
九字の相伝は支那から。道教の呪術も全て師匠から授からなければならない仕組みになっている。

112 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:25:55
印にしろ呪文にしろ念を蓄積発揮するためのイメージ・システムでしょ

113 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:28:22
なんで相伝じゃないと駄目なのか説明してよw

114 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:29:03
>>112
それは拝み屋や霊能者達のオカルト理論でしかない。

115 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:31:51
じゃあ密教坊主さんの理論を教えてくださいよ
何度尋ねても「相伝じゃないと駄目」としか言わないわけですが
あれだけ体系がしっかりしてる密教に限って、その一番重要な点を説明できないわけ無いですよね?

116 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:42:26
結局、相伝云々は権威付けの為の道具
逆にこのせいでもっともらしい宗家がウジャウジャ出る
武術と同じ弊害だね

117 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 22:45:52
>>116は武術の通信教育を受講してると見た!

118 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 23:07:07
まだ九字とか良く分からないですが、私の霊能師の先生が
九字切りするので、この前九字護身法という
お経みたいな
形式ななってる物を浅草で購入。
今、病気で自宅療養中で買うだけでやる気なしですが、
たまに怖い霊に遭遇する事もあるので覚えなければ・・と
思っておる次第です。

119 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 23:14:28
>私の霊能師の先生

こういう奴が一番怪しい

120 :にわか修験者:仏暦2547/04/01(金) 23:26:14
>>115さん

相伝であるからこそ、今も体系を維持できていると言えるのではないでしょうか? 以下は私が先生から聞いた話です。

伝言ゲームに例えると、密教を人伝に伝えていったとしたら、どこかで始めに伝えた密教とは違う密教が伝わってしまうことが起こりる。でもそれは許されない。密教に携わる者は、それを正しく後世に伝えていく責務を負っている。
だから、縁なき他人においそれと教えることはできないし、師僧は弟子に直接の伝授により、歪みない密教を伝えなければならない。


とはいっても、私も先生に出会うまでは自己流で印を結んだり、九字を切ってきた口なので、偉そうなことは言えないんですがね...(^^;


121 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 23:26:27
>>119
そうですよね。怪しいですよね。でも、お爺ちゃん先生で
優しくて人間味のある人で霊能師じゃなくても大好きです。
神道と仏教、修験道など学んでこられてます。
その辺の宮司さんやお坊さんよりも詳しいです。
先生の師匠が先日お亡くなりになりましたが、神社庁から
も参列に来られた位ではあります。
因みにお金などは取られません。
何を言われようが構いません。
ただ今は神仏を中心に勉強しています。

122 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/01(金) 23:40:03
>120
じゃあより正確に伝わるネットの方が、口伝よりも確実だという事になるね。


123 :にわか修験者:仏暦2547/04/01(金) 23:55:25
>>122さん

確かに形式的なことはネット上で後世に渡って正しく伝わっていくかも知れませんね。
でも、密教で形式的なことは意味がないと思います。例えば、私も本などを参考に印を結んできましたが、印というのは静的なものではなく、大変動的なものと最近感じています。観相はただ読めばいいだけではありません。
あと、伝授を受けるときの場の雰囲気も重要に感じます。こういった五感(あるいは六感?)に関わる部分がネットで伝えられるのかどうか...私は疑問に思います。


124 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:12:19
>>113>>115
じゃ密教の人が別スレで書いていた理由を交えて教えてやろう。


先ず相伝で叩き込まないで本などで術が伝承されていくと、昔は皆筆写だからその過程で、
誤字、脱字、印の変形などが必ず生じる。「皆陣烈」でなければならないのに「皆陳烈」などと、
読み下すと「陣」でなく「陳」を烈る。という意味不明の九字で既に伝承している流派があるのをみても解るだろう。

このようなことを繰り返すと、終には本当の術が失われる。すると法を途絶えさせた道断の罪となる。
これらの誤伝を防ぐ為に「術を良く知っている」師匠から直接教わる相伝を重んじるのが理由の一つ。古い九字の文献もあるが、あれはそもそも備忘録。メモ書きに過ぎない。
次に呪術には霊系というものがある。
一定の修行の後に、師からの伝授と許可があって初めて礼節と義が立ち、神仏の許可がある。


それ以外は礼を欠いた盗んだ法。「盗法」であるから、神仏は絶対力を貸さない。


そこで力を貸すのは全て魔物である。これが二つ目の理由。
次に密教では三昧耶戒という戒律で相伝によらなければならないと決められている。よってこれ以外の手段は不可。
もちろん仏も許可をしないから真似しても意味がない。それどころか越三昧耶という罪になるとされる。
まだ理由はあるがこれだけで十分だろう。


125 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:37:43
>それ以外は礼を欠いた盗んだ法。「盗法」であるから、神仏は絶対力を貸さない。

根拠は?
経典だって、これは漢訳で大丈夫だろうとか、これは梵字のままにしようとか、
勝手に人間が決めてるようなレベルのくせに、こういう時にだけ「こうこうじゃないと神仏が〜」とか言い出すなよ。
結局はよそ者に利益を持ってかれたく無いからだろ。
弟子に相伝のみという形にすれば、弟子に必ず老後の面倒見て貰えるからな。
密教坊主の理屈って、密教自体の体系のすばらしさと裏腹に汚らしいよ。
高野山なんかベンツ乗り回してる好色な高僧が沢山いるもんね。

126 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:39:32
>>115
九字などの相伝には折紙というメモの他に、口伝が必ず伴うもの。
また、それ以上に言葉では説明できないものが伝授の際一緒に伝わるから
重要なのだ。これは体験したものでなければ絶対に分からないものだ。
何かを学ぶ時には謙虚であるべきだ。師から学ぶ時は限界の謙虚さが要求
される。この一事が分からない限り、如何なる<道>に関しても、その門に
入ることすら不可能だ。伝授の許しを受ける前行としての懺悔・礼拝とは、
それを深める意味合いを持っている。

学ばんとするものは謙虚になることです。

127 :nanasi:仏暦2547/04/02(土) 00:42:19
>越三昧耶

これ自体、坊主が身内同士で作った都合の良い罪。
しかも、この罪の存在の説得力としては坊主の権益死守にしか見当たらない。
越三昧耶だけはまっっったく信憑性を持たない理屈。
密教技法の系統から見ても異質の掟だし、見ただけで坊主の為の後付け理論だと分かる。

128 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:44:24
>>126
謙虚がどうとか、門だの礼節とか持ち出して話を摩り替えないでね。
今は効果の有無についてのみ話をしてるの。
師匠の心証を良くすれば効果が上がると言ってるようにしか見えないよ。それこそ詐欺。

129 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:44:36
>>125
文句言ってもダメwww

130 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:47:33
根拠は?根拠は??・・・きみは新しく言葉を覚えた子供のような
言い方をする。それは成人した大人であるなら人にものを尋ねる態
度ではない。

131 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:48:46
結局、理屈は何一つ示して無いね。
それこそ信徒の信心を否定し、坊主同士の権威主義を主張してるようにしか見えない。
結局は同じ仏門の傘の下で利益を啜る=ご利益って事にしか見えないわけだけど。
密教のそれ以外の教えと一貫した態度であるならば、信心さえあればどの坊さんの傘下に入る云々は重要ではない、と説くはず。
それが特許権のように勝手に使ったら駄目とか、まんま現代の資本主義の考え方じゃんwww

132 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:51:37
>>130
ちゃんと返答できないと人格攻撃に移るんですね(苦笑
今も一度もまともな返答を貰ってないわけですが。

信心よりも門(=世俗の権威主義)を神仏が重視する理由を説明しなさい。

133 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 00:53:54
>>127
じゃあその越三昧耶について専門的な解説をして、お前の理屈を証明する番だ。絶対できないだろなw

134 :nanasi:仏暦2547/04/02(土) 00:57:50
>>133
>証明する番だ
まだそっちが証明してないじゃん。
ん??質問に答えられないの?

135 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:00:46
お坊さん以外の人に教わったらいけないの。。?初耳。世界各地の魔術なんかでも技法と精神力と素質重視であって教わる先生は重視してないと思うけど。

136 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:00:54
>>132
苦笑する前にもう少し他人の文章をよく読むように。

言っていることは人格攻撃などではなく極当たり前のことだ。

137 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:04:59
>>135
戒名もお金で買うような宗教ですから。
特許使用料を払うか業務提携しないと駄目って事だそうですよ。資本主義まっしぐらですね(苦笑

138 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:07:43
まあ・・・・高野坊主の退廃ぶりを見てれば密教の腐敗ぶりは分かるな

139 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:09:51
130 名前:名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:仏暦2547/04/02(土) 00:47:33
根拠は?根拠は??・・・きみは新しく言葉を覚えた子供のような
言い方をする。それは成人した大人であるなら人にものを尋ねる態
度ではない。


↑越三昧耶の根拠がスレの話題に上がってるのに、この人は何を言ってるんだ?

140 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:10:51
>>131
信徒の信心を尊び、安全で正しい道へ導こうとするからこそ、
伝授には人や時を選ばねばならない。



141 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:12:14
>>139
何を指摘されているか分からない時点できみはアウト。

142 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:14:02
>ALL
今スレにいる坊主って1人だと思うけど、なぜコイツは「正しい道」とか「謙虚」とか、九字の効果の有無について話してるのにこうもすぐに話題を逸らすんだ?
・・・・ひょっとして馬鹿?

143 :nanasi:仏暦2547/04/02(土) 01:17:49
>>140
話がどんどんずれて行ってるんだけど。正しい道とかどうでもいいんだよ。っていうかそもそもそういう話じゃないし。
「九字の効果が相伝じゃないと失われる理由」をさっきからずーーーっと尋ねてるわけだけど、
なぜ倫理的な方向に逃げるの?日本語分かりますか。。。。?

>>142
つーか単に頭が弱いだけでは

144 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:18:56
効果の話なんてしてないよ。

145 :nanasi:仏暦2547/04/02(土) 01:20:03
>>144
じゃあ消えろ。スレの邪魔

146 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:21:06
>>142
ご自分のお書きになった文章を再度読むこと。

147 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:27:57
お坊さんは読解力が無かったんだよ。きっとね。

148 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:38:29
>>143
124が、相伝されなきゃ盗んだ法なんだから、神仏が力を貸さないっていう理屈を説明してるじゃんよ。神仏が動かずに効果があるわけないだろ。そういう理屈だよ。
ただ、それだとお前は気に入らないから納得したくないっていう図式だ。


149 :にわか修験者:仏暦2547/04/02(土) 01:49:30
>>143
nanasiさん

相伝じゃないと正しい九字を覚えることが出来ないからでは? 正しいとは形だけではなく、密教でいう観相に近いものも含むと思います。
もう一点、根本的なことですが、師がいないと正しく験が現れているのかわからないのではないですか?

> 「九字の効果が相伝じゃないと失われる理由」をさっきからずーーーっと尋ねてるわけだけど、

ということは、nanasiさんは「九字の効果が相伝でなくても失われない理由」について、何かご存知なのでしょうか。ぜひお聞かせください。


150 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:55:10
>九字の効果が相伝じゃないと失われる理由
印の観想が、出来ないこの一言に尽きる。
九字のも印にも其々観想がある。
一般的解りやすい例・護身法の浄三業
(印:蓮華合掌の中指を開)の書物の観想のせつめい文
『一切法も我も清浄のので三業も叉清浄』
これを書物の文だけで観想できますか?
ただ口に唱えれば良いと言うモノでは無い。
観想は、三昧耶形と云い梵字や法具や月などの図形を浮かべる事を
師から学び印から印の流れなどを学ぶ事が重要なのである。


151 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 01:59:58
>>150
それに書物では口伝が得られないもんね。

152 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:03:53
補足
>印から印の流れなどを学ぶ事が重要なのである。
解り易く云うと印から印へ動き流れの時間すら師と同じ
即ち師から弟子へ器の水を同じ量を移し変える事が大事なので
書物では伝わらないと云う事

153 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:13:15
手取り足取り教えたサイトで覚えるのと何が違うんだ?理解不能。
神仏が印を盗んだ盗まれたと俗世の考え方するわけがない。アホらしい。

154 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:21:31
まとめるぞ!
九字が相伝によらなければ効果がない理由。
@相伝によらなければ盗法。よって、許可なく盗み取った法をやっても神仏は力を貸さない。
A神仏が動かなければそもそも効果がない。
B印の観想が欠如。正しく九字が運用できないから相伝が必要。
B口伝が欠如。これも師匠からの相伝が必要。

155 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:22:08
手取り足取り教えたサイトて何?理解不能。

156 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:22:21
何のための九字か?道教はいざ知らず修験道及び密教の文脈に置きなおされた時、
九字は上求菩提・下化衆生・自利利他円満の高い理念に近づく為の密法という位
置付けがなされる。上にも既に指摘があったが九字は女の子のおまじないではな
いし西洋の魔術などと並列に扱うことも出来ない。どうしてか分からなければ各
々の歴史を調べなさい。

菩提心を起こさず、仏道の理念に共鳴することなくして、盗法の九字に神仏がど
うして共鳴しようか。仏道の理念なく伝授に依らず自己流作法に共鳴するのは、
その人の心的程度や態度に同調する他の煩悩くらいであろう。これを許すのは仏
道の理念から遠ざかる所業である。従って相伝を重んずるのも伝える人物を見極
める為である。そこに倫理的な説明が出来ないわけはないし、ましてやその説明
は逃げでも何でもない。

157 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:35:28
>>156
その通り

158 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:44:51
とりあえず>>155は馬鹿

159 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 02:48:56
>>153
ならばあなたは何者かも解らない、得体の知れないオカルトヲタのサイトで手取り足取り習ったら良いんです。
嘘かホントかも解らない出所不明の九字の切り方をね。
間違ってもあなたの嫌いな密教の糞坊主からは習わないことです。

160 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 03:03:08
このスレ眺めてたら坊さんの品の無さだけはわかった

161 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 03:17:26
正法を伝えている人であるほど、まずこういう不遜な態度の輩には伝授しないだろう。
一連の誤解を生んだ元凶は、九字や護身法などをそれが置かれるべき本来の文脈を明
らかに出来ずに中途半端に切り売りするライターの売文行為である。そういう意味で
は、くだんの誤解者はオカルトビジネスの犠牲者といってよい。
オカルトライターの中には自分はホンモノを知っていると思い込んでしまっている輩
もあり、こうした輩の皮相な文章がそれと同調する読者の心を侵食してゆくし、そ
の中からは中途半端な擬似科学的オカルト信奉者がぞろ出てくることになる。


162 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 03:20:27
一言言わせて。

ここは九字・印について語り合うスレなの。その越なんたらって罪とかどうでもいいの。
その罪とやらが怖くて語る気が無いんなら、邪魔なだけだから消えてくれない?

163 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 03:29:10
>>158>>160
その様子だともう反論も論理的な論破もできなくなったようだな(一度もしてないけど)。
もう後は、まだ何ひとつ説明されていない。と、日本語読解力の無さを披露するか、いちゃもんと恨み言。そして罵るだけだろ?
>>108の無知なレスが否定されてから、次第に論点が九字の効果へとスリ代えられて行くのと、
意外に勉強になるレスがついたのが読んで手て面白かったな。皆さん乙彼でした。

164 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 03:36:51
ではこちらからも一言言わせて欲しい。九字も印も行=実践の中の世界だ。語っ
てどうするのか。仏教で罪ということの意味は、それが菩提に結びつかず反す
るということ。日本で九字は8〜9割は修験及び密教の文脈で語られる以上、そ
れらの伝統的立場から九字の扱いに関して述べられることがあっても全然おか
しな事ではない。むしろそれを無視して妄想を逞しくしてゆくことに対して
伝統側の面々が一言物申すのは至極当然なことだということを理解して欲
しい。

九字を本来の文脈から切り離して、どうしても単なる魔よけのおまじないと
いう見方がしたいのであれば、オカ板で別スレ立ててやればよかろう。

165 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 07:53:22
格闘技を通信教育で習って達人になれると
思っている人はいないだろうというわけですね

166 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 08:32:31
>>164
いやさ、単純にお前ら荒らしだよ。
スレの本題に従った話題を意図的に妨害してる。
このスレが削除人によって削除されて無いという事は板の基準にのっとったスレだという事の何よりの証明。
お前がガタガタ理屈を抜かしてどうなる事でもない。
このスレが嫌なら削除依頼しろ。それ以外の妨害行為は、ただの荒らし行為と同じだ。

167 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 08:37:08
>>164なんて無視しようぜ

168 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 08:53:12
>>164
>別スレを立ててやればよかろう

少なくとも2chにおいてお前が判断する事じゃない。


169 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 08:58:22
この手のスレって必ず、自称坊主がどこからともなく出没しては「越三昧耶〜」って言い出して低俗な荒らしを繰り返すよな。
他人が話してるんだからほっとけよ。その宗教独自の考えを他人に強制するようになったら輸血拒否を他人にも強いるエホバと同じカルトレベル。

170 :無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 10:58:47
そもそも、ここは話のネタ、どんなことするの? 知識程度のことで、
専門家になろうとかしてるわけじゃない。もっとも、そんな人は
こんなとこで勉強なんぞしないだろうし。
印の組み方の本なんてたくさん出てる。専門家でないライタが書いてるってのも
たしか。しかしココぞって言う部分には触れてない。確かに相伝でないと分からないって部分はある。
組み方にしても流れがあるし順序もある。指の形があってればいいってもんでもない。
でも一般書で1000円くらいのあの本は書いてあったなァ〜。
しかし、それだけで前後の流れはさすがに書いてない。当たり前か。
たとえば、中指を折りいれて、人差し指をあわせて、とかあっても
折った指先はどこどこに触れる、とかまでは書かれてない。そこが相伝。
これは、師弟でなければ教えてもらえない。
>>1のことは、正確なことは無理でしょ。
あるいは密教層くずれ、修験くずれあたりが書き込むかも。
神田古書店あたりで僧向けのバカ高い書を見かけるが、これとて口伝の肝心なことはなし。
ライタの元本だろうなァ。
○書房の呪術の本も元本があって、読み比べるとそのままを現代文に直しただけ、
って感じだけどそれだけではどうしようもないはず。
そもそもが相伝書にしたって事細かに書かれてるわけじゃない。大まかな指針を示すって程度であとは口伝。
僧らしき人の書き込みも見かけるが、当然でしょうね。だから、危険だよと一応注意
を促しておこう。あとは自業自得ってことで。自己責任。
それでよければ○研の本で充分でしょ。
長くなってごめんなさい。


171 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 11:54:51
越三昧耶という単語をNGワードにしておく事をオススメする
この手の坊主の因縁ふっかけにはもう飽きた

172 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 12:14:23
まぁいいじゃないか、やりたいヤツにはやらせてやれば。
ここにいる連中がやることなんざ、
所詮指遊びの児戯に過ぎないんだから。何の意味もないってことよ。

173 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547/04/02(土) 12:22:25
春ですな。
ハエがうるせ

174 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 15:57:27
>>162
というわけで、このスレで九字・印が語られたとしても、正当な人は一切口外しないから信憑性のある情報は出ません。
出てくるのは自動的にただのオカルトオタか、ライターの書いた本か漫画で読みかじったような、怪しい人の信憑性のない情報になります。しかも語られる九字・印が例え間違っていてもその箇所は誰も指摘してくれないし、訂正もしてくれない。

175 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 16:27:00 ?#
いいから消えて下さい。素直な気持ちで知りたいと思う俗人を、オタクと決め付け見下し、妨害するお坊さん。
俗人より性格歪み過ぎてます。とてもじゃないけど、その「オカルトオタ」よりも信用に値しません。

176 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 16:58:59
限りなく同意
結局、門外漢を見下したいだけの器の小さい人間に見える
仏の道もこのような輩を輩出する程度のレベルなのか・・

177 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:03:31
日本における仏教なんて、常に金と権力と堕落の結晶だったじゃありませんか。

178 :174:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:08:25
俺が坊さんだという大前提が既にイカれてるな。俺はオマエラみたいな密教オタが嫌いなんだよ。
妙な印と呪文を覚えて漫画の主人公気取りなキモオタが。似たような怪しい坊主ももちろん嫌いだ。

179 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:14:35
スレの本質とかけ離れてきたな。


九字に限らず、本で覚えただけでは真の効果は発揮しないよな。
相伝というか、きちんとした伝法過程をしないとダメなのは事実。

例えば、携帯電話機を手に入れたところで、
その番号などを携帯電話会社に登録しなければ使えない。
そういう感じかな。

180 :無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:18:04
つまんね、消えな。

181 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:19:27
じゃあおまえが削除希望だせ、ボケ。

182 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:21:00
>素直な気持ちで知りたいと思う俗人
何処が?。だって全然理解してない。読解力がないのか?。
書物では、解らないと云ってる。その例を150,152で上げられていて
それが、理解不能とオタクが云う。もっと簡単に云うと書物で
印の高さ低さ左右の位置や九字印の早さどの空間に切るこれが解るか?て事だよ。
本やサイトでこの複雑な位置関係が解ると思うならすればいいし九字を切り
アニメの主人公気分になればよい。それに本当に素直な気持ちで知りたいと
思う俗人なら卍に行くだろうし誹謗的言葉も吐かないよ。





183 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 17:46:03
まぁまぁ、昼間っからPCに張り付いてるようじゃいかんな。
少しは表に出て山野を駆け巡るとか近所の寺の坊主を
捉まえて問答してみるとかしたほうがいいよ。

184 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 18:30:05
>>178
いいから消えろっつってんだろ荒らしが。

185 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 18:51:23
>>182
ヒント:同族嫌悪

186 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 18:56:02
>>163の予測通りの展開だなwww

187 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:05:00
予測どおりも何も、ただの荒らしの詭弁でしょ。
他人のスレを越三昧耶を持ち出して荒らすなんて厚顔無恥も甚だしい。
スレが不快なら削除依頼だけ出して黙ってろ。これ以上やったらアク禁依頼を出す。
いくら密教でどうであろうが2chでは立派な荒らし。

188 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:09:03
まあ、「九字と印について語る」のがスレの本旨なわけだから、得意げに越三昧耶を語り出すのは、坊主以前に相当な馬鹿のやる事でしょうな(´・∀・`)

189 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:13:40
覚えたてで皆に教えてやりたいんだろ>越三昧耶
放置するのが一番いいよ

190 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:16:19
>>182
私から見ても読解力が無いのは貴方の方に見えるのですが・・・

191 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:27:18
まあまあ、いいじゃないか。彼が長々と長文を書いて時間を勝手に浪費してくれるんだから。
これはこれで見てて楽しいぞ。

192 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:31:39
寺社板なのに伝統的見解を説明されると気に入らんから荒らし認定か。
その理屈が通れば2ちゃんは、全スレ削除だ。ただの意見の相違というか本職の坊さんや修験者を羨んでるだけだろ。そんなヤツが九字を知りたがる理由を知りたいな。正しいのを教えてくれるとしたらおまいらの嫌いな坊さんや修験者だろ?
俺も九字は知らんけどさ。

193 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:34:31
素人さんには越三昧耶もへったくれもないというわけで。

194 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:39:26
そもそも九字が既得権益と結びついているという最初の断定自体がこの世界
を何にも知らないことを物語っている。




195 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 19:48:26
この程度の批判が荒らしと感じてしまうとはなんともナイーブな方々よ。
そんなナイーブさは九字護身法の持つ厳しい実践の内実とは遥かに程遠いよ
うな気がする。悲しいやら可笑しいやら。


196 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:06:11
>>192
伝統的見解じゃなくて押し付けだろお前のは。
スレタイも読めない馬鹿ですか???

197 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:08:35
>>194
>既得権益
まだあんたそんなだいぶ前のレスに拘って張り付いてたの?気持ちわる・・・

198 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:10:07
遊びたいのも分かるけどお前ら放置しろってw

199 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:15:31
>>197
しかし驚くほど流れ読めてないねえ。

200 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:16:28
>>196
どう考えても伝統的見解だろ。それに俺は伝統的見解なんぞ言ったことはない。スレの感想を言っただけだ。

201 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:16:29 ?#
ってかこいつ、自分を坊主じゃないとか言ってたよな。
そのくせこれ見よがしに越三昧耶を語り、オカオタを嫌悪。
典型的な同族嫌悪オタクじゃん・・・キモッ

202 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:19:17
200 名前:名無しさん@京都板じゃないよ 投稿日:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:16:28
>>196
どう考えても伝統的見解だろ。それに俺は伝統的見解なんぞ言ったことはない。


意味不明(´ー`)y-~~

203 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:20:13
きっと混乱してるんだよ。そっとしとこーよ。

204 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:26:08
よ〜く読め。そうすりゃ解る

205 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:27:01
>>201
脳味噌が高校生くらいなんでしょう、きっと。
自分の(知ったか)知識を押し付けるだけじゃ他人との関係は築けないという事を理解出来ないようですから。
彼がリアルでどのような生活を送っているのか想像に難くありませんね。

206 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:28:50
ここで噛み付いてる香具師って金剛杵スレの>>1だろ

207 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:29:53
この自称仏教徒がリアルで「これはね〜越三昧耶と言ってねぇ」と聞きかじり講釈垂れてる光景が目に浮かぶよ(つД`)
ネットで疎まれる奴は大抵リアルでも爪弾き者。

208 :モルダー捜査官 ◆isnn/AUU0c :仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:31:51
スレ読んだけど、教えちゃ駄目どうこうしつこく言って荒らしてる人って、だいーぶ気色悪いね

209 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:37:33
>>207
ネットでだけは粋がらせてあげましょうよ。
こういうタイプの人は、ネットでもストレス溜めさせたらリアルで何しでかすか分からないですからね。

210 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:41:40
本当に>>163の予測通りの展開になったな。

211 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:45:53
密教オタは日本語が苦手らしいな。もはや坊主に噛み付くことしかできんのでは?

212 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:50:07
こうして誰もいなくなるのさ。金剛杵スレと同じだ。

213 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 20:56:16
おいキモオタ。阿含宗に入れば九字を習えるらしいぞ!!

214 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 21:06:51
っていうか印を語るスレで越三昧耶を持ち出してる奴って馬鹿?荒らす前に削除人に文句言えよ

215 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/02(土) 22:40:49
バカじゃねえの

216 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 11:30:26
越三昧耶はダメと僧籍にあるものが言っても日本に仏教が入ってきた時点で
金銀不受施戒は守ってないし明治維新後は肉食妻帯している時点で何の説得力も無い。
(と火に油を注いで見る)

217 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 13:17:10
ここですか?
堕地獄が決定した人達の集うスレは。

218 :傍観者:仏暦2547年,2005/04/03(日) 16:49:12
基本的にスレタイで「アヒャ」とか言ってる時点で、
そんな目くじらたてて怒るほどのスレでもないとわかりそうなものだが…

219 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 18:20:07
>>1
な〜にが
>正しい印の結び方を中心に
だよ。そんなもん誰が教えるんだよ。それ知ってんのは誰だ。さらにそれ知ってる奴は誰から教わったんだよ。お前等の嫌いな坊主や修験者だろが。

220 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 18:29:43
明治維新後は肉食妻帯している時点で何の説得力も無い。

221 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 18:38:34
傍観者としては、越法の罪を批判してる奴、坊主批判ばかりで飽きた。
越法の罪も怖くなく印にも自信あるんだろう。
君らの言う印を早くカキコしなさい。


222 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 19:07:41
>>220
お釈迦様は肉を食っていた。
と、焚き火にガソリンを注いでみる。

223 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 19:57:27
奥さんもいたし、子供もいるよ>お釈迦さま

224 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:23:23
それは主家前でトイウコトガ分からないんだね
幼稚園児はもうお念寝ねのじかんでちゅよ



225 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:35:56
>>224
お釈迦様は出家後も肉を食っていた。
と、小火に液体酸素を注いでみる。

226 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:37:38
>>222
だめだめ、そんな反論じゃ。出家者の場合、供養として捧げられた肉は食べてよいが
日本の僧侶の場合、自分や奥さんが買った肉食ってる時点でまったく話にならない。
>>223
結婚して子供を設けたのは出家前の話。

227 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:37:43
お釈迦さまは印を結ばない。

228 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:46:16
>>226
三○の○肉というry

229 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:49:33
>>224
主家→×
出家→○

230 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 20:52:25
>>228
食っても良いとされる肉のことな

231 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 21:19:50
ま、そういうこった。

>>225
しかし、・・・さんが食った
           ↑
なんて表現よく使うな。仏教徒がそんな
表現はセンね
エホバカルト信者としか思えない
愚弄する
表現だね

232 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 21:43:59
越三昧耶を肉食の話題を根拠に否定しようとするオカルトオタク。という図式だな。

233 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 22:02:26
>>108が密教批判を始めたが、それが即否定されたので、ご機嫌斜めなオカルトオタ。そこで伝統的な解説をされて九字を教えてもらえないことが解り理解拒否。
さらに不機嫌になって気に入らないので次は僧侶批判。
こうして話をおかしくしてきたのはオカルトオタ。説明を求めてきたのもオカルトオタ。罵りを開始したのも>>108のオカルトオタから。

234 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 22:06:59
そして>>163の予想した展開が永遠に続くと。


235 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 22:20:29
>>232
否定つーより説得力が無いだけのこと。

236 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 22:29:04
反論できなくて肉食の話題にすり代えただけ

237 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 22:58:39
>>236
(・∀・)ニヤニヤ

238 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 23:06:55
>>232-233
をみるとスリ代えの経過はよく解る。突然九字の効果について話しているんだ。などと話題が二転三転してきたもんな。

239 :名無しさん@京都板じゃないよ:仏暦2547年,2005/04/03(日) 23:34:36
ま、クルマの運転を本やネットからだけでは学びきれない
というのが分かりやすいかな。
無免許でもクルマを動かすことは出来るけど、そのあと
無事故で走り続けるのは難しいだろ?

それとね、九字なんていう世間からオカルティックなものに
興味を持つんだから、超常現象的なものは信じてるんだろ?
だとしたら、そうした超常的な力を伝授によって師から
受け取るという考えは受け入れられないか?
それが無ければ、この手のものはあまり意味を為さないんだよ。
ま、信じる信じないは任せるが。

クルマの運転の際の微妙な動かし方や注意点を学ぶ。
直接、師から目に見えない力を受け取る。
この2つがないとダメ。 というより、意味がない。
加えて、目に見えないものだから、正しいことがなんなのか
分からなくて変な方向に走りやすいんだな。 危険性もあるんだよ。

それで、伝授を受けろと、本物の坊さんは叫ぶわけだ。
他人が創ったものであり、それを受け継ぐものがいるんだから、
その人達の声には耳を傾けてもいいんじゃないか?

240 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/03(日) 23:58:44
伝授?

マトモニ伝授できる坊さんがいるのか?
形式も短絡的に内容のまったく無いやからがよく言うぜ。
似非放り気使いしかおらんがなwww.
ま、おったとしても2チャンネルはさすがに高僧はセンわな。
負け犬の暇坊主しか先手

お前ら程度の坊さんに
9じ なんかきれるかいな
破戒坊主が。

うなやからが9字切ったところで何の効果もないがな

それより在家で真面目に勤めているやつのほうが聞くだろうよ。

241 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 00:14:59
240のような九字マニアはどこで九字切って喜んでいるの?
PCの前か?

242 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 01:00:42
九字マニアというより、おまじないマニア。
まともな伝授のご縁もなかったというだろうが、さもありなん。
馬鹿だのキモだの、使う言葉の汚さや文章の幼さから、九字だの印だのを語
る遥か以前のレベルと見た。

243 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 01:02:03
>>241
漫画、アニメ、夢の世界でだよ

244 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 02:15:04
240方々幼稚な文章批判は、もういいから早く印カキコしなよ。
偉そうに坊主を罵るわりには、ダメじゃん。

245 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 02:36:39
>>242
まともに術が効かない御前よりはマシだがな

246 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 04:23:35
もう既にオカルトオタは坊さんに、恨み言。いちゃもん。罵る。この3つしかできません。

247 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 11:09:58
っていうか、ここに来ている坊さんって無能じゃん

248 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2005/04/04(月) 11:18:07
・・・。

249 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/04(月) 11:18:33
では、有能な247が印をカキコしてくれる、と。
はよせい。

250 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2005/04/04(月) 12:38:53
期待安芸

251 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2005/04/04(月) 23:59:09
終末が来たらネットできる余裕がなくなりますし、
ここら辺で情報公開しては?

252 ::2005/04/06(水) 04:02:56
終末なんか来るわけないな。



253 :陽気火:2005/04/06(水) 20:46:22
来ないですよ。

254 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2005/04/06(水) 21:31:36
来なければいいのですが・・・。

255 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/04/07(木) 00:30:03
>>254
ひさしぶり げんき?
おいらのこと
おぼえているかい?

256 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/02(月) 03:20:42
>>154
> まとめるぞ!
> 九字が相伝によらなければ効果がない理由。
> @相伝によらなければ盗法。よって、許可なく盗み取った法をやっても神仏は力を貸さない。
う〜ん、それは実際面からいえば違うなあ。
昔、九字を切ると御幣が動いたり、水を真横に断ち切る通力を持った行者がいた。
その人の九字は、ほかの行者の九字を見よう見まねで学んだという。いわゆる盗伝。
法そのものは、元々存在するので、相伝に依らなくても得られるものと考えますな。。

> A神仏が動かなければそもそも効果がない。
大事なのは神仏を動かす念の力というか祈念の力。霊力といってもいいかもしれませんな。。

> B印の観想が欠如。正しく九字が運用できないから相伝が必要。
観想は、現代人なら工夫を施せば、大抵結論に到達できますな。
創造心理学は観想工夫の宝庫かもしれませんな。

> B口伝が欠如。これも師匠からの相伝が必要。
確かに必要ですな。しかしこれも現代なら、相伝によらなくても同じ結論に達するものがありますかな。

スレ汚し失礼。

257 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/02(月) 03:24:26
まあ、九字は唱え方一つをとっても、いくつかありますな。
四竪五横の切り方もいろいろとあるし。
しかし試してみることも大事ですな。。
一般に知られている九字も万を越えて切ると不思議な力を発揮するかもしれませんぞ。

258 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/02(月) 18:03:08
>>257
「不思議な力を発揮するかもしれ」ない。またしないかもしれない。

発揮しても、しなくても、その根底にある理念・その力とそれを行使することの
意味が提示できなければ何も知らない人を中途半端に煽っているだけに過ぎない
と思われる。
五大願から切り離された霊「力」という観念、そして何のための九字なのか再三
検討されたし。数人の方がやや護教的な批判をするのは、人が容易に「力」「増
上慢」の奴隷になることを憂いているからではないか。

259 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/02(月) 18:56:32
伝授によらなくても霊力を発揮する人は単に念力が強いだけだろ。それか魔物が力を貸してるんじゃね?稲荷とか動物霊も。

260 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/03(火) 08:30:42
>>259
別に魔物が付いている人だけじゃないよ。神仏や眷属が付いている人もいる。
そういう人は伝法しなくても不思議な力が働くときがある。
(ただし魔と違って必要なときしか発動しない。モレの場合は他人の体の悪い場所が見える。
ただし医者じゃないので治療はできないので遠まわしに養生するように言うだけだが)

261 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/03(火) 18:26:37
260は遠隔治療はできないのか?
ロシアには超能力病院が有るらしいぞ、本当に病気が治るそうだ。


262 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/03(火) 19:34:08
>>261
遠隔治療できる奴なんてたくさんいるだろ。
こういう世界にいるなら、今までに会ったことはないか?

263 :竜牙:2005/05/04(水) 12:37:06
始めまして竜牙です
陰陽の玉と言うゲームでいろいろと印がでてきたので
調べたら刀印しかでませんでした。
他の赤火印、毒火印、礼印、も調べたんだけどなかったんです情報がありましたら教えて下さい

264 :6・7:2005/05/04(水) 23:04:56
う〜ん、ゲームからッスか…いささか問題有りだけど答えますか。
竜牙さん、ちょいとこの手の世界の知識が無いと難しい内容ですが
ご勘弁ください。
そのゲームに出ていた印は真言・天台宗や修験道で用いる印ではなく
古神道の中の「神仙道」で伝えられてきた印です。
これは国学者の平田篤胤の弟子、参沢明という人物がある高位の仙人の弟子となり
授けられた印を集めた書「僊境伝印図」という書籍に残された物なのです。
一応言っときますが、この本はその手の世界で珍重され一般に出回る事は
有りませんので、名前以上知るのは不可能かと。
恐らく、ゲームの作者が以前この印のいくらか説明した本が出てたのを見て
使っただけかと思います。

265 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/05(木) 01:39:05
>>264
クズファキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!ー

その口調は「葛葉」たんでつね。

266 :6・7:2005/05/05(木) 01:54:04
…。全然違うんですが(汗。
そもそもあの人とは面識ないし、2chはおろかザでもレスの応酬
した事無いです。元々別スレのコテハンやってる者でつ。

267 :葛葉:2005/05/05(木) 22:14:49
>>265
私は書名は『』で括ります。
なお、雑誌は「」です。

>>263&266
都合でイニシアルでしか情報は提供できませんが、ゲーム製作者が
直接の情報源としたのは恐らくS社から数年前に出された「J」
と言う雑誌でしょう。>>266さんの読みはビンゴで、その雑誌には
『僊境伝印図』の印が掲載されています。呪文はありませんが。
或いは資料が手許に無いので断言しかねますが、大宮氏の
『玄秘修法奥伝』にも三澤明の印は収載されていたような気もします。


268 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/07(土) 00:25:08
クズファタンキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!

自作自演でつか?

269 :6・7:2005/05/10(火) 18:38:37
玄秘修法奥伝には確かに僊境伝印図の内、三印呪が掲載です。
あと言霊玄修秘伝にもいくらかある。でも神拝に関わる物が殆どで
>263で名前の挙がっている聊か物騒な部類は呪すら載ってませんでした。
まあ、当たり前と言っちゃあ当たり前ですが。

270 :葛葉:2005/05/11(水) 00:47:58
思い出しましたが、そう言えば『玄秘修法奥伝』所収の印や神歌の殆どは
元ネタが別にありました。また、同書には印は掲載されていますが呪文は
省かれてますよね。呪文までちゃんと掲載してあるのは挙げて下さった
『言霊玄修秘伝』所収のものでした。でも、この呪文も「急々如律令」の
句があるもの以外は別ものですし。

あぁ、何だか久々にオタクっぽい話をしてしまった (;´Д`)

271 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/11(水) 10:18:07
それは吉田神道の写本だろ。
寿書にもあるよな。


272 :葛葉:2005/05/11(水) 13:17:51
私はよく解らないのですが、どうしてアレが吉田神道のモノという事に
なるのでしょうか?以前も宗源道のものだ、と書いていた人がいましたけど
根拠が示されてませんでした。式次第を見ると所謂吉田の三壇行事の
ソレとはかけ離れていますし。

273 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/12(木) 00:02:50
クズファタン、どこみてんの?
寿書三巻の『略神事傳口訣』の丸写しだろ。
略神事十八呪象の霊楷と、玄秘修法奥伝の印法、歌ともに同じ。
これらは偏無為の著作だが、彼が吉田神道の系譜をひき、旧事記や大成経に関わっているのは有名である
寿書三巻の巻末に「鹿島家の正本を以て之を謄写〜」とあるが、この鹿島家は鹿島神宮の宮司家であり、
『中臣鹿島連姓鹿島氏系譜』にあるとおり、吉田神道の系譜だよ。

274 :葛葉:2005/05/12(木) 00:54:59
大成経を信仰していたのは知ってましたが、吉田家云々と言うのは知りませんでした。
ただ、「鹿島家〜」の部分は鹿島家に写本が収蔵されていたと言う事を示すもので
あって、偏無為が吉田神道の人間である事を示す事にはなりませんよね?
神道の家柄ならば他流の写本くらい収集していて当然でしょうし。

仮に>>271の主張のように同書が吉田神道の写本であるならば、当然吉田神道で使用されて
いたポピュラーな印…三光印とか根本印、八握印なども記載されていると考えるのが
普通です。ところが同書は基礎的な神拝式を記しているにも関わらず、先の吉田神道
特有の印を見出す事ができません。
従って私は同書を「吉田神道のもの」とする事には疑問を抱いています。

例の系譜の他に根拠はありますか?

275 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/12(木) 07:59:51
そんな議論するより吉田神道の伝承者に聞いたほうが早くない?


276 :葛葉:2005/05/12(木) 22:20:07
吉田神道の人に聞く事ができればそれも又可でしょうが、生憎私には
思い当たる人が居りません。また、自称する人が出てきたとして、
その真偽を確かめるのにも手間がかかります。

従って、系譜が意味をなさないのであれば、内容を吟味して客観的に
判断を下すのが現状では妥当でしょう。

277 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/13(金) 04:10:46
教授に聞いてみたら。

278 :葛葉:2005/05/13(金) 18:39:56
資料を調べなおしてみたら、
当時の神職は吉田神道か伯家神道のどちらかに所属していましたが、
伯家神道はごく一部でありやはり吉田神道系とわかりました。


279 :葛葉:2005/05/13(金) 23:16:59
びっくり。なんか面白いですね、私の偽者さん(大笑

まず第一に偏無為が「神職」なのかが疑問です。
江戸時代では正式な宗教者ではない人間が、宗教に付いての著作を残す事は
珍しいことではないはずです。例えば、篤胤も一応は国学者で通っていますしね。
第二に、「所属」の建前と現実は違うということ。
表面上は吉田の許状を持っていなければならなかったとしても、それは
必ずしも吉田神道の神道説を実践している事とイコールではありません。
これは現代でもそうですね。例えばいざなぎ流の太夫さんの多くは神道
のある団体に属していますが、それとは無関係にいざなぎ流を行っています。
そう考えれば、>>278の理論では短絡的過ぎます。

従って、依然として例の書が吉田神道のモノであると言う主張に
私は疑念を持ちます。まぁ、>>278は冗談のつもりで書き込んだのでしょうが…
となるここはやはり>>273に改めて詳しい御話をお聞きしたいところです。

280 :葛葉:2005/05/18(水) 01:45:32
結局>>273からの反論はありませんねぇ。
と言う事は、例の書は吉田神道のモノとは断言しかねる、
って事で今のところはオッケーと言う事ですね。

281 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/18(水) 21:54:54
吉田神道の正統な継承者っているの?吉田神社で聞いても無駄だろ?

282 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2005/05/19(木) 00:40:16
ふふふっ。

283 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/05/19(木) 18:02:01
>>280
そういう自分勝手な断定を重ねるから、あんたはあちこちで嫌われるんだよ。
ネットを常に見ているニートのあんたじゃないんだから気長に待ちな。

284 :葛葉:2005/05/25(水) 19:45:46
待たせるのは良いのですが待たされるのは嫌なんです。
をを、確かに自分勝手な思考の仕方をしてますね。283は鋭いです。
でも、私の場合は初めから「人に好かれたい」と言う感情が欠落している
ので、人に嫌われない為に自分を変えようとは残念ながら思えません。
だからと言って人から率先して嫌われようとも思いませんが。
面倒臭い事は嫌なので、来るもの拒まず去るもの追わずと言うスタンスです。
これではコミュニケーション能力の欠如によりニートになる可能性も高いですね。
やはり283は鋭いです。

ただまぁ、今回の場合は勝算が有ったので、意地悪く煽ってみたんですよ。
その意地の悪さに反応してくれた283の正義感は正しいと思います。

285 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/07/01(金) 11:17:17
オン
キリキヤラ
ハラハラフタラン
バソツ
ソワカ

286 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/08/09(火) 17:49:43
ムカツクやつの写真をコンパスで滅多刺し写真はみる陰もないぐらい刺しました。効果あると思いますか?

287 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/08/09(火) 20:48:41
あるとは思うが期待するほどの効果はないだろう。
芸能人は多くの人がそれをやられてる。
でもあんまそんなことやってると顔と気が悪くなるからやめな。
今、頭が痛いだろ?

288 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/08/09(火) 22:17:13
ジンバラハラバリタヤウン

289 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/09/05(月) 18:21:17
真言系では〜在前、天台系では〜前行と聞いたのですが本当でしょうか?
以前何かの本で、宗旨宗派関係なく、正しくは〜前行で、〜在前は誤りと見たのですが。

290 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/09/21(水) 17:42:37
前行と在前の違いおせーて

291 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/01(土) 12:16:57
前行…道教
在前…陰陽道

292 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/02(日) 00:12:20
難しい。

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/02(日) 00:19:34
>>291
初耳ですた。
これどちらのほうが効験あらたかなんでさうか?

294 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/10/07(金) 00:11:48
おせ〜てよん♪

295 :( ;‘e‘)チャーニィたん ◆charny.4eA :2005/10/20(木) 16:04:43 ?#
( ;‘e‘)<3字くらいでええやん

296 :名無しさん@京都板じゃないよ:2005/11/06(日) 16:37:18
猿飛佐助ですか?

297 :平家@妖輝緋@月納言咒儼本庁管長 ◆Tyn2tfw0AU :2006/01/04(水) 09:12:55
安芸

298 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/02/14(火) 05:26:22
最近アップされたサイトみたいだが、早九字の詳しい方法がある。

http://mazinai.web.fc2.com/

299 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/07(火) 22:59:34
>>298
明らかに宗源道のパクリじゃん
密教9字だし、だめだめすね

300 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :2006/03/07(火) 23:52:19
300げっとぉ!

301 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/03/11(土) 11:25:24
神道九字護身秘法

http://web.archive.org/web/20031218210853/shinto.vis.ne.jp/html/kuji.htm

302 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/22(土) 23:01:01
上野八幡神社 趣味と娯楽の部屋

九字の印の組み方
http://www.h3.dion.ne.jp/~tsutaya/newpage19.htm

303 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/22(土) 23:12:58
ドサクサ紛れに何書いてんだこのやろう!

304 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/23(日) 18:42:33
ニワカ神主 不倫相手に去られる

305 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/23(日) 23:43:12
げらげら

306 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/24(月) 11:40:07
 

307 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/24(月) 22:04:00
九字の真言だとこいつ、神主なのに、密教もするのかよ

308 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/24(月) 22:04:57
九字は密教じゃないずら。。。

309 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/24(月) 23:44:16
神道でもない

310 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/24(月) 23:45:23
九字は道教だから、支那発祥

311 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/04/25(火) 07:39:01
神主でも坊主でもない
朝鮮経由の支那文化に憧れるオタ

312 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/10(水) 15:08:18
うんこ

313 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/10(水) 15:31:09
お家まで我慢しなさい。
こんなところで漏らしたらお店の人に怒られちゃうからね。

314 :赤木の山も今宵限り:2006/05/12(金) 01:11:14
それで、九字の効果はあったのかい?
巷に出回っている密教系の九字は霊験なかんべ。
やっぱ、古神道の九字が一番よ。
オイ、うんこ漏らすなよ。

315 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/12(金) 01:28:22
その根拠は?


316 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/12(金) 05:01:47
うんこ

317 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/12(金) 16:06:01
まだダメっ!!
もうちょっと我慢しなさいっ!!

318 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/20(土) 23:20:43
昔読んだ本に、
会社の採用面接の順番待ちで緊張しているようなときに、心の中で
「臨兵闘者皆陳烈在前」と心の中でつぶやき、一字ごとに縦横縦横と十字を切る。
そのあと軽くコブシを握りながら「ポロン ポロン ウン」を三回連続して心の中でつぶやくと
気持ちが落ち着くと掻いてあった。
「ポロン ポロン ウン」も何か感じだった気がする。候という字が入っていたような気が・・・


319 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/05/20(土) 23:22:32
訂正
気持ちが落ち着くと書いてあった。
「ポロン ポロン ウン」も何か漢字だった気がする。候という字が入っていたような気が・・・

320 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/13(火) 12:19:13
4 津多姫太田神道隔離病棟結界スレ 4
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1149936741/l50

上野八幡神社 趣味と娯楽の部屋

九字の印の組み方
http://www.h3.dion.ne.jp/~tsutaya/newpage19.htm




321 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/26(月) 01:10:55
天怒りて悪を断つ
臨兵闘者皆陣烈在前
七年ゴロシ

知ってるコいますか?
興味あれば、オトーサンが知ってるかもしれない。

322 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/26(月) 01:28:19
うんこ

323 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/26(月) 01:34:50
トイレット博士かw

324 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/26(月) 02:23:19
>>322
まだダメッ!

325 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/26(月) 02:27:58
ぽろん

ぽろん

うん







326 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/20(水) 10:31:54
>>320

ぜーんぶ削除したもよう

327 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/23(土) 10:00:20
九字ね。
結構詳しいょ。
よければ教えたげる

328 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/10/05(木) 19:16:06
私も教えましょうか^^

329 :名無しさん@京都板じゃないよ :2006/10/23(月) 14:02:09
教えてください

330 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/10/23(月) 14:52:11
臨兵闘者皆陣烈在前と臨兵闘者皆陣烈前行、この二説の解説と後者を使っている宗派の詳細キボンヌ

331 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/10(日) 11:53:32
淋病戸小便血出怖用

332 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/10(日) 12:54:32
>>330
「在前」は仏教系が用いる九字で「前行」は道教が用いる九字
本来は「前行」であり、仏教系のものがこれを用いるのは禁じられている。


333 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/10(日) 13:02:24
しったか

334 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/10(日) 13:02:58
>>332
>本来は「前行」であり、仏教系のものがこれを用いるのは禁じられている。

えっ!?  何でなの?

335 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/10(日) 13:10:45
神仙界の掟により、仏道の者が用いる場合「前行」を直接使う事は、できない。それだけこの
「前行」の九字を用いる場合は、注意しなければならないし、もし間違って自分の欲望を
満たすために使うならば、何も起こらないばかりか厳しく神罰が下るので要注意。

336 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/08(月) 22:47:11
ある初老神主の叫び
ttp://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1167654393/680

337 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/02/26(月) 18:12:03
へ〜!

338 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/24(土) 21:29:45
自分の足で神社や寺に行くことが大事ってことだよね

339 :火野レイ ◆XpMars2dLs :2007/03/25(日) 12:58:15
>>335の神罰ってどういう事ですか?

340 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/25(日) 20:13:16
>>339
正しき九字を受けていても自分の欲望を満たすために使えば、そのようになるという事です。


341 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/06(金) 02:29:27
九字 http://www.u-kan.jp/

342 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/06(金) 02:31:25
上のヤツうぜえ

343 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 18:24:44
341 まじうざいんだけど

344 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 22:01:33
何が?http://www.u-kan.jp/

345 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/08(日) 02:00:15
う ざ い

346 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/08(日) 06:02:47
>>344 のマルチポステリングで迷惑してるって下記にメールしたらいい

■運営会社 有限会社 イ ゼ ス ト 
■■住 所 〒462-0006
愛知県名古屋市北区若鶴町156-2 アスピア若鶴606
■■E-Mail info@u-kan.jp


347 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/09(月) 14:36:50
REBeanS スピードわごゎか?

348 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/09(月) 16:54:00
存前 善行

349 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/09(月) 16:55:26
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw

日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
脱税もしまくりで、相続税も免除なのよw。闇口座も仮名で作り放題w。
世代を経るにしたがって金が増えてく寸法さw。パチンコ、サラ金、日本の長者番付にのってるのは在日なんだよw。
金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆) 既得権益最高!

俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに朝鮮総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。

つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw

例えば韓流ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。

自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓流ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。

たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw

どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョン死ねって言うぐらいだろうね(爆)


86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)