5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女性が書いた仏教書は読む気がしない

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:01:01
本来、仏教とはただの知識ではなく、”いのち”が伝わるための智恵が形となって現れたところの男性の所産であると思います。
男性は女性のように子どもを産めず、乳〜幼児期における役割も薄いため、”いのち”の秩序伝達のための役割と智恵の模索として仏教が形成されていったのだと思います。
女性には”いのち”の伝達のための智恵として女性の役割があり、乳幼児期における自己同一を与えるとか、社会に出る前に家庭内においてルールを伝えるため父親を立てるとか、のちのちその人間の人格に関わってくる重要な役どころと
修行が与えられているのではないのでしょうか。
本来女性であるなら、仏教に関する勉強は女性としての生き方のヒントを得るくらいまでで、”いのち”の永続のためには本格的には妻のあり方と母のあり方の智恵を追究しなければならないはず。
そしてそれを次世代の女性たちに範として垂れなければならないはずです。
それなのに、この度の人生で与えられたご縁と修行である母性修練をそっちのけで、仏教を大学院に行ってまで専修している女性がいます。本まで出している女性がいます。
深まる少年少女たちの心の闇、非行、凶悪化、家庭崩壊・・・。それをそっちのけであんたらは何をやっているのかと問いたい。
女性ならそういう子どもたちを救うべく、己の本分と役割である女性らしさ、母性、母親らしさといった役割と社会性(つまり智恵)に早く目覚めを修練するのが先ではないのでしょうか?それで子どもたちに相対するのが本当なのではないのですか?
権利、権利と天から与えられた大切な本分とご縁に向かって何を言っているのでしょうか。
申し訳ないですが、私は女性が書いた仏教書は読む気がしません。
それは”いのち”に関する智恵を欠いた、当面の自己保身に根ざす単なる知識の書であるからです。当人たちも仏教をそう扱っているでしょう。
女性の名前が著者欄に並んでいると、そこに本人の”いのち”を断ち切る智恵と意図が見えてしまいます。
女性の社会進出が進むにつれ、実際に子どもたちや社会風潮があらゆる意味で”いのち”を断ち切る方向で動いてしまっていることに早く気づいて下さい。
またこれは、女性に筆を振るうことを認めた先人たちの浮ついた商業的意図、卑しさの故でもあると思います。そんなことで”いのち”をめぐる秩序の永続性が守れるでしょうか。



2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:03:52
あほだ

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:03:55
>>1
なら尼さんのことはどう考えているのよ?

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:14:41
>>3
色々人生の途上、複雑な事情を抱えた方はいるでしょう。
そういう方にのみ門戸を開くべきだと思います。
尼・尼寺は慎ましく、ひっそりと存在すべきです。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:18:54
時代錯誤も甚だしいぞ!!!!!


6 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:20:36
差別意識まるだしだよね。
いまどき右でもこんなこと言わないよ

7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:23:07
>>5
それが坊さんの役目なのでは?
社会のこと、子どものことを真剣に考えていない方が”時代”という言葉を使うことこそ錯誤なのではないのですか。

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:27:04
>>6
母親への必要性と敬慕、女性への性意識を提出できる男性に対し、
女性は「男性が尊ばれなければならない理由は?」という問いにさえ答えを出せないのではないのですか?
それは男性以上のの差別意識なのではないのですか。
・・・失礼。
女性はそれでいいのです。身ごもる生き物なのですから。
しかし、だからこそ「分相応」を弁えなければ秩序のバランスが取れないと思います。


9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:30:58
私の友人は東大卒ですが、奥さんの仕事の都合で主夫をなさっています。
何人もいる子供さんの世話から教育まで一人でなさっています。
どのお子さんも非常に賢く思いやりがあり私関心しております。


10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:37:36
女性への性意識とは?

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:38:22
>>9
色々と事情があるのでしょう。
こちらが詮索をすることではないですが、夫の方が健康なら、やはり役割は逆だと思います。
次の世代、次の世代のことまで考えるべきでしょう。
自分の命だから勝手に選択して生きる、という考えは今の世の中に象徴される”次世代のいのちの衰え”につながると思います。
いのちは祖先や周囲からいただくもの、そしてそのいのちがつながってきた智恵とは何か、それを考えなければならないと思います。
この板にいながら「命は自分の勝手にしていいもの」という考えをするのは、やはり現代だからこそなのでしょうか。
祖先や周囲から”生かされている”と感謝するのが大切だと思いますよ。

12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:41:17
男性が尊ばれなければならない理由ってなんですか?

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:43:26
私の知り合いも旦那さんが大学講師で奥さんが医療関係で、子育ては
旦那さんがしています。問題ないと思うけど。
専業主婦で一日ごろごろしているおばさんのほうが問題。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:47:47
そういえば俺の書棚には女性が書いた本は数冊しかない。
その数冊は実用書であり良い本だが、仏教書みたいな思想系の本で女性の著書は一冊しか持ってないな。
特に仏教の学術書なんか著者は男ばっかりだ。

15 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:52:00
女性の可能性を閉ざしてしまうのが仏教なら考えなきゃな・・・・

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:54:51
>>13
看護師ですか・・・?問題大有りですね。
妻が看護師で共働き、両親不在、という家庭は昔から多いですね。
時間短縮等が求められます。子どもらは大変寂しがっております。
精神医学界でATスプリット(アナリスト・・・線引き、セラピスト・・・逃げ場)という技法で患者を治していく技法が使われていると聞きますが、
同じことだと思います。
父母はそれぞれ子どもにとって意味と役割があるから、神様が存在させているのではないのでしょうかね。
今の方々は教育の影響か、そのことにすら気が付かない方が多いですね。
男性の良識(らしさ)、女性の良識(らしさ)、それを欠いた教育の結果、残った価値として男女が「棒と穴」だけの存在として子どもたちの目に映してしまっているのは
少々問題なのではないのでしょうか。

それはさておき、この板に沢山おられるお坊様方、>>13のような方を説諭できていないのは少々問題ですよ。

専業主婦の人は「ごろごろしない専業主婦」を目指すべきでしょうね。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 20:55:57
>>15
女性には持って生まれた可能性が最初からあるのですよ。


18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 21:01:17
そもそも、>>1に反論する今まで出てきた方々たち本人が、
社会・家庭・子育てということを何も考えず、女性の役割
というものを軽く見ているような気が致します。

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 21:43:27
>>15
女性は興味を持たないんだよ

20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 21:48:46
お前らスレ違いだし板違い!
ここは女性が書いた仏教書は読む気がしない・・・。という話題を扱うスレだぞ。
○○がどうあるべきかなんてコザカシイ話は余所でやれ。

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 21:56:09
確かに女性の仏教書は読む気はしないな。
良いのがあれば買うが実際面白い本がない。

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 22:00:27
女性が書いた仏教書よりも、女性が掻いてる物教書なら面白い本はある。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/27(火) 22:16:50
フェミのやつな。
あれは仏教を糾弾するのが目的。仏教書ではない。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/28(水) 22:55:22
11さん

少しだけ思うとこありました。
全部じゃないけど。。。。

25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/29(木) 00:07:35
>>1
近代思想(男女に境界を引くという思想)にとらわれた人がまたひとり・・・

>妻が看護師で共働き、両親不在、という家庭は昔から多いですね。
共働きでもうまくっている家庭もあるだろうし、共働きじゃなくてもうまくいっていない家庭はいくらでもあるでしょう。

>女性には持って生まれた可能性が最初からあるのですよ。
その可能性は無限大ではない、ということですね?
ある一定に分野に可能性は限られている、という意味になりますね。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/29(木) 14:07:57
男女を論ずることなかれ
これ仏道極妙の法則なり

と聞きました。

27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/29(木) 14:10:55
たしか、岩波の正法眼蔵は女の人が解説かいてなかったかな?
勘違いならスマソ
>>1は正法眼蔵を買うとき、他の出版社をわざわざ選ぶのかな?


28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/29(木) 15:40:18
>>25
男性と女性が違うのは当たり前でしょう?どこかおかしいところがありますか?
そもそもそれは宇宙の原則であり、人の思想ではないと思います。
必要性のない共働きは事情のない限り控えた方が良い平和な社会になると思います。
子どもたちの心身もより安定するのではないのでしょうか。

男性は出産できず、女性として生きれる可能性は皆無です。そのことを忘れていませんか?
しかも努力して成果があったときだけ”可能性”と見なされる。
東大卒、大学講師…という男性たちを規範として持ってきているここの女性たちのように。
これは自分の持って生まれた性質と、男性はこれくらいのレベルにならなければ対等ではない、
全般としての男性存在には最初からは価値が薄いと言っているということなのですが、
このひどい差別を自分では分かっているのでしょうか。
男性は自分の母なら、レベルはどうあれそれだけで尊敬するでしょう。
他の女性たちにも母的な性質を宿しているというだけで敬意を払うでしょう。
そういう視点を女性は男性に対し持てないという事が、男性が女性全般を性的意義を持って見ているということよりも
実はひどい差別心であるということに気づいて下さい。

29 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/06/29(木) 15:42:16
男の子にとり母親は絶対に必要なものです。当たり前ですが。
しかし、その生命と世にとり絶対必要な存在に自分はなれないのだ、
というジレンマを男性は幼少より抱えて生きているのだということを知っておいた方がいいと思います。
男性が形を求めるのは当たり前なのです。男性には生命の象徴と必要価値がないのですから。
やりたいから、というよりは自分の不可能性とその役割に基づいて(神様からのご縁と本分に根ざして)
大学に入りたい、ああいう勉強をしたい、となる。それは当たり前なのです。
それは私的な理由に基づいたものではないのです。公的な理由によるものです。
例えば先程東大卒の男性を指標としているここの女性のことを言いました。
現在は2000〜3000人程度毎年女子入学者がいるのでしょうか。
女性という生き方があるにも関わらず、東大を目指す女性たちが女性という生き方を持たない男性たちを
蹴落としているという現実も見るべきだと思います。その矛盾をどう説明するのでしょうか。
「東大に入りたい。女が入れないのはおかしい」「東大卒の男にしか価値はない」
女性は自分が今の世の中でいかに公的な責任感なく、我欲にまみれて醜く生きているか自覚すべきだと思います。
そんなことで次世代に健全な子どもたちが育つでしょうか。

私の意見に反論してくる方たちの意図が分かりません。
公的な考えに基づいているというよりは、「やりたいからやりたい」「やりたいのにできないのはおかしい」と、
すべて私的な我欲に基づいているだけのような気が致します。
それが社会性の伴うきちんとした「怒る理由」に該当するとは思いません。

30 :誘導:2006/06/29(木) 15:46:10
>>1
↓の掲示板で取り扱うべき話題では?

●誘導●
心と宗教@2ch掲示板
http://life7.2ch.net/psy/

31 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/07/23(日) 16:56:00
宗門大学一覧
浄土宗・浄土真宗の浄土系大学
埼玉工業大・大正大・淑徳大・東海学園大・☆佛教大・京都文教大
武蔵野大・同朋大・龍谷大・京都女子大・大谷大・大阪大谷大・兵庫大
以前の宗門では東洋大も含んでいたが、今は手を切っている。
曹洞宗
東北福祉大・駒澤大・駒澤女子大・愛知学院大
真言宗
大正大・高野山大・種智院大
天台宗
大正大・京都精華大
宗門大学 僧侶養成校「同宗派に複数ある場合ランク順」
浄土真宗本願寺派・・龍谷・同朋・九州龍谷短大
浄土真宗大谷派・・大谷・大谷短大
浄土宗・・佛教・大正・西山短大
曹洞宗・・駒澤・東北福祉・愛知学院・鶴見
臨済宗・・花園
日蓮宗・・立正・身延山
真言宗・・大正・種智院・高野山
天台宗・・大正

宗門大学 非僧侶養成大学
浄土真宗本願寺派・・京都女子・京都女子短大・武蔵野・兵庫
浄土真宗大谷派・・京都光華女子・大阪大谷・各地の大谷短大
浄土宗・・京都文教・淑徳・東海学園・埼玉工業・華頂女子短大・淑徳短大
曹洞宗・・駒澤女子
日蓮宗・・文教
和宗・・四天王寺国際仏教



32 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/07/23(日) 20:09:26
>>1
「出家」の意味も知らないのね・・・
仏教書でも読まれてはいかが?(激藁

33 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/25(月) 18:46:12
人は知恵も病気も満遍なく分け合う。
死は男女分けない。貧富を分けない
お釈迦さんの探求の発端はこの平等の死苦だったのでは?
仏教を生き方を考えるなら男も女も子供もないと思うのですが。

34 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/25(月) 19:14:21
仏教書に限らず、女の書いた本や記事はパワーがなくて面白くない。

35 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/29(金) 00:27:10
女は男になって成仏できるんだよね。

36 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/09/29(金) 00:28:14
女は男によって昇天できる。

37 :名無しさん@京都板じゃないよ:2006/12/01(金) 01:41:34
ほしゅ

38 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/11(木) 21:37:11
マジレスすると俺、婆ちゃんが死んだときちょうど同じ頃
読んだ瀬戸内寂聴の「仏教塾」で仏教に興味持ったんだけどな。
それまで仏教といえば葬式とか法事とかそういった抹香臭い
イメージしかなかったんだけどその本を読んで仏教は生の哲学
だということを知った。
まあここにいる人たちはお坊さんたちが多いから俺のような一般
信者とは感覚が異なるのだろうけど仏教の基本を知るには大変
いい入門書になったと思うよ。

39 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/16(火) 19:33:56
彼女が書いたのなら「性の哲学」かもね

40 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/02/17(土) 11:38:50
妖輝緋と結婚したい

41 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/17(土) 20:18:40
瀬戸内の書いたのは読む気がしない

42 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/17(土) 20:19:45
ランボーさんに書いてほしい…

43 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/17(土) 20:21:30
↑ 御真言集第四から散々書いてるから   それを読め

44 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/18(日) 00:13:04
だいたいさ、行動に移さなきゃ意味ないってのはむちゃくちゃ浅薄な意見だな。
苦痛や悲しみや悩みのさなか、救われる対象としての人物が
悟りを求めている場合だってある。
病気で動けない人、死を待つ人もいる。
そういう苦しみを持つ人々が人生の本質を知りたいという内面体験を伝達するのに、
先達者が悟りってものを伝えたのが経だろ。


45 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/03/30(金) 05:57:01
>>1
読まなけりゃいい。それで解決。

46 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 23:35:23
>>1
比丘尼が書いた注釈書は無視?

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)