5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★【天津甕星】大甕倭文神社と静神社【武葉槌命】★

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/17(水) 22:32:54
日本書紀の国譲り神話に登場する神。常陸国に残る伝説。
鹿島(タケミカツチの神)、香取(フツヌシの神)にも倒せなかった、天津甕星(あまつみかぼし)
またの名を星の香香背男(かがせお)。
そして、その神を封印するために天下った武葉槌命(たけはづちのみこと)。

天津甕星を復活させようとした人々は昔も今も、そして未来も絶えることがない。
古代からの謎を大いに語り合いましょう。


2 :妖輝緋 ◆is1mRve2Rk :2007/01/17(水) 22:43:53
2げっとぉ!

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/17(水) 22:48:26
常陸国一ノ宮の鹿島神宮の参拝の仕方には
まず、タケミカツチの神に祈る前に、武葉槌命の前に参拝することのむね立看板がある。

武葉槌命を祭る静神社は常陸国二ノ宮である。
古くから水戸家によって参拝されてきた。

静は倭文(しずり)、布を織ることの意味となる、しずを織るという言葉からくる。
伯耆ノ国の一宮は倭文神社(しずじんじゃ)という。武葉槌命を祭る神社である。

倭文の神とは織物の神である。静神社には織姫像が立つ。

武葉槌命は女神であり、天津甕星は男神であるとの説もある。
つまりは、ふたつはひとつ。裏表なのであろう。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/01/17(水) 22:52:42
>常陸国一ノ宮の鹿島神宮の参拝の仕方には
>まず、タケミカツチの神に祈る前に、武葉槌命の前に参拝することのむね立看板がある。

もちろん鹿島神宮内ですぐに参拝することが出来る。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)