5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真大乗(大衆仏教)を考える

1 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/02(月) 19:08:36
大乗仏教は上座部の姿勢を否定する目的で生まれた大衆の為の仏教だった。
しかし2000年余の時が過ぎ、その大乗も出家至上主義に陥っている。
しかも出家者は大乗の名の下に戒も守らず、釈迦以来の無所得さえ守っていない。
ここに真の大乗仏教とは何かを議論していきたい。
出家者・在家修行者・在家信者はどうあるべきかも問いたいです。
宗派は問いません。
中観・唯識・法華・華厳・禅門・浄土門の六教についても考えたいと思います。
また密教は大乗仏教かも考えたいと思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。
ルール:
発言は自由ですが個人の誹謗中傷は禁止します。
アラシ等の発言は無視しましょう。

2 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/02(月) 19:58:51
とりあえず真宗を何とかしてくれ。

3 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/02(月) 20:04:34
真宗と日蓮系を何とかしてくれ。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/02(月) 22:36:43
日本は宗派が多すぎる。

5 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 00:57:13
>>1

>また密教は大乗仏教かも考えたいと思います。

どう思う?

6 :1:2007/04/03(火) 13:50:36
>>2>>4
とりあえず、現在の各宗派に関しては論議をしないことにしませんか?
各宗派よりも日本仏教と言う大きな枠組みで話がしたいです。
>>5
密教は師子相承で密儀を唱っていることから大乗仏教ではないと思います。
出家関係では上座部的な部分があり、現世利益という面では大乗的かな?と思います。

このスレの方向性
私は釈迦牟尼の根本的な教えと大乗の中観・唯識を前提に法華思想・華厳思想や
禅門・浄土門のあり方、修行方法などに興味があります。
初期大乗では三宝の僧はサンガではなくガナと呼ばれていたそうです。
ガナとは衆生と訳されます。
衆生のための仏教・・・出家者のみではなく在家修行者・在家信者も主役となり得る大乗の教え
その根本に変えるべきだと思います。
ただ、戒など見てみますとインド発祥のためか日本の風土などに合わない物もあるかと思います。
大乗の戒とは何かも考えてみたいと思います。


7 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 17:31:19
密教を出家主義と断じている段階で素人だな。
せいぜい真大乗とやらをがんばりな。

8 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 21:54:43
>>7
それでは何故に在家に対し法を授けないのですか?
大乗仏教では出家・在家に差はないと思います。
初期大乗でのヒンドゥー教神を取り入れ真言(マントラ)を唱えることに異議はありませんが
その後のタントラ(密儀)仏教は果たして大乗仏教と言えるのか疑問があります。
実際、タントラ仏教はヒンドゥー教との差異が余りにも無くなった為にインドでは衰退しました。
もし、異議があるのなら貴方も意見を言うべきです。ここはそう言うスレですから

9 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 22:08:51
イスラム教とヒンドゥー教の挟撃を受けてインド仏教は衰退したんじゃ?
インドのラダックとかに残った仏教の曼荼羅と高野山の曼荼羅は同じとか?

10 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 22:29:12
真宗禿の工作が酷くなってきた・・・

11 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 23:08:59
>9
>イスラム教とヒンドゥー教の挟撃を受けてインド仏教は衰退したんじゃ?
 結論から言うと、よくわからないとしか言いようがない。
 嘗てはヒンドゥー教に妥協し過ぎて衰退したとか、イスラームの攻撃によって衰退したとか
と言われていたが、ことはそう単純ではないらしい。
 イスラーム側の資料によれば、イスラームのインド侵攻時(13世紀頃)には仏教は既に相当
衰退していたらしい。
 衰滅の原因としてヒンドゥー教との妥協し過ぎに求めることに関して、これは鶏の卵の問題で、衰退
故に妥協したのか、妥協したが故に衰退したのかということは言い切れない所がある。例えば、仏教の
類似宗教であるジャイナ教もその歴史的過程でヒンドゥー教の影響を受けて、現在に至っているが、
しっかり残存している。

>インドのラダックとかに残った仏教の曼荼羅と高野山の曼荼羅は同じとか?
 結論から先に言えば、金剛界曼荼羅についてはラダックにも残っている。
 もっとも、日本の(真言宗系の)金剛界曼荼羅は『初会の金剛頂経』と関係儀軌、『理趣経』
による九つの独立の曼荼羅を井桁状に組み合わせたもの。
 ラダック等の残っているには『初会の金剛頂経』所説の複数の独立の曼荼羅を独立したまま
壁画などに描いている。
 一方、胎蔵界曼荼羅の方はラダックでは見ることはできない。根拠となった『大日経』系の密教
がインドでは比較的早くに衰退してしまったのもその理由の一つ。チベットで、数点程、胎蔵界曼荼
羅の遺品が残っているのみ。又、日本の胎蔵界曼荼羅は『大日経』の他、他の密教経典や儀軌も参照
して中国において大幅に増補されたもの。
 


12 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 23:17:29
そもそも経が現在でも漢文で記載されているのはナゼ?

漢訳する時点で道教とか儒教などの中国の土着宗教の影響は受けないの?

その証拠に、ほとんどの宗派は中国仏教のコピーでは?

13 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/03(火) 23:22:04
>>12
そうですよ。禿にやる気がないということです。

14 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/04(水) 01:09:06
最近は、日本語で読むお経とか、自由訳とか本屋で売ってるね。

漢文やめてほしい。


15 :8も1だよ:2007/04/04(水) 11:32:40
>>9>>11
これは私見ですが一神教のイスラムと多神教のヒンドゥーに押されてヒンドゥー教に
取り込まれたと思います。ビシュヌの10大化身の一つに釈迦がありますし・・・
ブッダガヤの菩提樹は近世まで「シヴァの木」と呼ばれていたそうです。

>>12>>14
確かに歴史的な経緯はともかく基本的な経・論は和訳すべきですね。
ただ、般若心経のように漢訳で親しまれているものもありますから両訳併記が望ましいかも

私は真言が漢語的発音→日本語的発音と言う現在の唱え方に疑問があります。
サンスクリットの研究も進んでいるのですから全てサンスクリット読みにすべきだと思います。

16 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/04(水) 12:13:04
漢訳を廃すると、少なくとも、
法華系仏教が最も困るとおもわれる。

17 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/04(水) 19:27:01
あんなものは非仏教だから構わん。

18 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/05(木) 18:58:12
最近は、インドでも上座仏教に改宗する人が増えてきてます。

ブッダガヤの菩提樹は、昔、反仏教勢力に焼かれましたが、株分けされてスリランカに渡っていた菩提樹から
株分けして、またブッダガヤに里帰りして今の菩提樹があると言われています。

19 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/05(木) 23:27:58
>>最近は、インドでも上座仏教に改宗する人が増えてきてます

下層カーストの人が因果から逃れるため?
ttp://wpedia.search.goo.ne.jp/search/11874/%B0%A4%B4%DE%B7%D0/detail.html?mode=0


20 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/06(金) 08:29:26
下層カーストの人の改宗先 → 主に仏教、又はイスラム

21 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 16:47:16
密教って仏教なの?

22 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 16:47:51
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/11746239%390/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

23 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 17:34:25
密教は大乗仏教(龍樹菩薩の理想)の最終形態と
個人的に思うのですが、どうでしょうか?
鎌倉仏教も兄弟みたいなものかな。

24 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/07(土) 22:22:52
インドにおいて仏教は、衰退して行く過程でヒンドゥー教の一部として取り込まれた。
仏教の開祖のゴータマ・ブッダはヴィシュヌ神の生まれ変わりの一人であるとされるが、
彼は「人々を混乱させるためにやって来た」ことになっている。
その衰退の過程で、仏教徒はヒンドゥー教の最下位のカーストに取り込まれて行ったと言われる。
ヒンドゥーの庇護のもとに生活をすることを避けられなかったためである。
ttp://wpedia.search.goo.ne.jp/search/10334/%A5%AB%A1%BC%A5%B9%A5%C8/detail.html?mode=0


25 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/08(日) 07:06:03
>>24
ヒンドゥー教による仏教批判としては、虚無主義、カーストの否定による秩序の混乱などが挙げられる。
ヴィシュヌの化身(アヴァター)の一つにカルキというのがある。このカルキは、唯一、まだ出現していない
化身(アヴァター)と言う。
未来世においてカースト制度が揺らぎ、社会が混乱状態に陥った時(仏教で言う末法の様なもの。)、
このカルキが出現して悪を滅ぼし、カースト制を再興して正義を回復すると言う。

以上、参考程度に。

26 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/08(日) 18:43:23
>>24
予め仏教徒としてカースト制を別に肯定する訳ではないとことわった上で補足。
カースト制の実態は一般的に日本人(あるいは広く部外者)がイメージする程、単純なものではない。
というのも、下層カーストの人が必ずしも悲惨な生活を強いられる訳ではない。例えば、事業で成功した
富裕なスードラ姓の者がカースト上最高位のバラモン姓の料理人を雇用するという様な現象も珍しくなく、
現実の職業や生活水準が必ずしもカーストに対応している訳ではない。
ただ、祭祀などのヒンドゥー教の一定の宗教的行為は一般的にバラモン姓の者に限定される。
もっとも、ヒンドゥー教自体も、やはり、単純な宗教(現象)ではなく、中にはカースト制に殆ど価値を見出さない宗派もあるのも
事実である。最大公約数にヒンドゥー教を定義づけるとすれば、ヴェーダの権威を認める宗教が広義のヒンドゥー教としか言いようがないと
思われる。

以上、長文スマソ


27 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/09(月) 00:24:30
>>祭祀などのヒンドゥー教の一定の宗教的行為は一般的にバラモン姓の者に限定される。

伝統宗派で問題の無い坊主の息子が、住職を世襲するのは、間違いないという事?

28 :名無しさん@京都板じゃないよ:2007/04/09(月) 00:46:57
>>伝統宗派で問題の無い坊主の息子が、住職を世襲するのは、間違いないという事?

上記>>26はあくまでヒンドゥー教の事情であって、そのまま仏教に当てはまるかどうかは別問題と思う。
ただ、日本の伝統宗派の中でも浄土真宗なんかは、非僧非俗の建前からか、寺院の世襲的継承が行われてきた。
又、ネパールで残存する伝統的仏教の場合、インド在家密教の伝統と統治王朝による歴史的なカースト制度化の促進
という二つの事情により、やはり世襲が行われてきた。


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)