5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

環境省の天下りで温泉がなくなる!

1 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:12:48 ID:AS7SKQF9
環境省の天下りの為に源泉かけ流しの温泉がなくなります!
環境省は温泉旅館に水質汚濁防止法を理由に一台3〜4000万する機械を
導入させようとしています
この法律は元々工場排水等を規制する法案だったのですが
温泉の泉質自体にホウ素やフッ素が多く含まれているから
源泉かけ流しを提供する温泉旅館は健康被害を起こす可能性がある
と言いこの機械を無理矢理買わせようとしています
温泉旅館は規制されますが公共の自治体がやってる温泉日帰り施設は規制対象外とのことです
理由は厨房施設が無いからという馬鹿げた理由です
勿論 零細の温泉旅館が数千万もするこんな機械を買えるわけありません
買わないためにこれらの旅館がすることは
水で温泉全てを薄めて希釈せねばならないと言う事です
この機械を製造してるメーカーには環境省のOBが天下っている模様
天下りの為に源泉かけ流しがなくなってしまうかもしれません



2 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:20:04 ID:AS7SKQF9
関連記事

http://allabout.co.jp/travel/yado/closeup/CU20061123A/index.htm


3 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:28:16 ID:I2+RWDUo
これって本当?まあ温泉がなくなる事はないと思うけど。。
公共の自治体がやってる温泉日帰り施設は健康被害を起こす可能性がないの?ホウ素やフッ素はどうしたの?って感じですね。
草津なんか全部源泉かけ流しなのにどうするんだろう?恋の病以外に効く素晴らしい効能が健康被害だと言うんだろか?
私利私欲に生きる政治家イラネ。

4 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:30:20 ID:l41u4OFu
かけ流した後に濾過すればいいんじゃない?

5 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:32:00 ID:AS7SKQF9
環境省 利権官庁化へ

http://www005.upp.so-net.ne.jp/boso/takagi01.htm


6 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/26(日) 23:34:24 ID:AS7SKQF9
>>4
濾過装置が一台3000万から4000万
昔から温泉権もってるかけ流しの民宿は導入できないよ
でも自治体の日帰り施設は導入しなくても良いんだってさ

7 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 00:49:53 ID:I3UUdrtZ
この問題は既に3年程前に週刊誌で報道され当時大騒ぎになった。
その時は2004年に法適用開始の予定だったが
結局環境省が譲歩して2007年まで延期されてる。だから

>この問題は、ほとんど広報されず、誰も知らないまま、突如、
>日経MJ(06年11月22日号)に掲載されることで、
>世間に知れ渡りました。

ってのはネタ元の記事を書いてる人の誤認。
まあ今回も2010年に延期でケリが付くと思うよ。
また創価さんにでもお願いしてね。
ttp://www.komei.or.jp/news/daily/2004/0601_03.html

8 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 07:29:41 ID:VSMcrBRP
天下りは早く消えて欲しいね。
地上デジタルチューナー押し付けや、
中古家電問題の時や、
駐車禁止厳罰化、
果ては郵便番号が7桁になったのも全て天下りが新たな就職先を見つける為だったろ。
あいつら無能公務員をこのまま放置しておくと日本は北朝鮮みたいになるよ。



9 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 18:46:58 ID:HLaByqUj
法律ができてしまっても
温泉宿業界が団結して完全無視でいいんじゃない?
問題がこじれれば世間の目も集まる
そうなれば当然環境省と天下り起業が民意の血祭りに
それでいいんじゃない?

10 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/27(月) 23:54:37 ID:T9wvrknk
>>9
それじゃだめだよ
きちっと廃案まで持っていかなきゃ
いつまでもいたちごっこだよ

11 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 00:30:35 ID:Jt3bD4Gd
・・・環境省、数少ないマトモな官庁だと思ってたのに・・

12 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 06:32:42 ID:HFadGDBA
利権…。

13 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 06:51:25 ID:eZPFK6Bb
>>1-4
>>7の言うとおり、温泉旅館には暫定排水基準が平成19年まで適用されている。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46F03101000035.html
この省令の中に、公共施設の適用を除外すると読める文言は存在しない。
嘘だと思うならリンク先の「附則別表」を読め。

それから、水で薄めなくても、公共下水道に排出するという手段もある。
下水道にも暫定排水基準が適用されるが、こちらは公共のお金で処理施設を改良できる。

>>9-10
今回改正されたのは法律ではなく省令。水質汚濁防止法は昭和45年からある。
違反した場合は水質汚濁防止法第十二条第一項違反となり、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金が行為者、その法人又は人に科せられる。

>>1-6 >>8-12
おまいらが心配する前に、平成12年のパブコメで既に意見のやり取りもあった。
http://www.env.go.jp/press/file_view.php3?serial=958&hou_id=1438
[意見の概要]
> 温泉排水中のほう素の除去技術が確立されていないなど、温泉排水について、
> 低廉かつ維持管理が容易な除去施設の実用化に向けた研究が推進されるよう、
> 国として支援をお願いする。

[意見に対する考え方]
>  ふっ素・ほう素の排水処理技術については、引き続き、環境庁をはじめと
> する国として、新しい技術の開発・実用化に向けた研究が一層推進されるこ
> ととなるよう技術的支援を行うとともに、それらの技術の評価付けを行い、
> それらの普及を促進するなどの措置を講じる必要があると考えています。
>  なお、温泉水を排出する旅館業については、経過措置としてふっ素・ほう
> 素の暫定排水基準を設定することとしています。

何でもかんでも天下りや利権に結び付けて騒ぐのは能無しに見えるからやめたほうがいいよ。

ということで、この問題は終了だな。

14 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 12:28:52 ID:fclTNKRV
ん?>1は、たぶんそのくだりでは、温泉日帰り施設は規制対象外、
ってことを言いたいんじゃないのかな(旅館業のみフッ素、ホウ素の規制あり)

公共の自治体がやってる、って何故か限定して付けたのは馬鹿っぽく見えるし、
そこに確としたソースも無しに、それは天下りの利権のせいだ、と言ってるのも
馬鹿っぽく見えるのは非常に同意だけど、確かに、なぜ旅館業に限定するのか、
なぜ日帰り施設であったら、水質汚濁防止法の対象外になるのかは、
まったくもって意味不明ではあるなあw

しかし、この省令の問題を考える場合、実際にどのくらいの温泉が引っかかるのかねえ。
フッ素にしてもホウ素にしても、他業種より甘めな設定になってる事もあって、
話題に出てた草津の源泉の一つを見ても、暫定制限基準域には達してないようだけど。

また、この基準を超える値を示す温泉があったとして考えると、
その場所が上下水道の完備された地域であったらまだしも、
温泉はそんな所ばっかりとは限らないどころか、電気すら来てない所もあるし。

まあ、ど田舎だから環境を汚染していいかと言えばそうではないけど、
今挙げたような地区があったら、この省令を遵守して温泉旅館は続けられないねえ。

ぶっちゃけ、個人的にはそんな秘湯に近い所は立ち寄り湯で済ませた事しかないけど、
普通の温泉街で、川から湯気が立つのを見られなくなるのは寂しいなあ、と思うぞw

15 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 17:46:48 ID:2DJgUkrh
そもそもフッ素やホウ素なんかよりはるかに毒性の強い塩素入れさせてる時点で、論理的に破綻しとる。

16 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/28(火) 18:11:50 ID:YIDocYvy
理論的には酸素も発ガン物質だよ

17 :13:2006/11/30(木) 03:02:34 ID:3/PAn5qc
>>14
> なぜ日帰り施設であったら、水質汚濁防止法の対象外になるのかは、
だから、そんな規定はどこにもないと言っているんだ。

公共施設や日帰り施設が外れていると言う法的根拠はどこにもない。
むしろ、旅館業に対して、特別に緩い基準を課すと規定されている。

「附則別表」は限定列挙であって、ここに載っていなければ本体の厳しい規制が適用される。
日帰り施設でも、排水口があって、排水基準のある物質を出していたら規制対象になる。

>>15
フッ素やホウ素はWHOの基準で有害な物質として指定されている。
塩素は殺菌効果があるので、むしろ最低減これだけは入れろという基準がある。

日本で被害は出ていないはずだが、外国では被害が出ている。
牛やエイズだったら「外国で被害が出たのに規制しないのはおかしい」と言う香具師が必ず出るのに、どうして水に対しては甘いんだろうか。

18 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 03:51:43 ID:IcCWWuhf
関係者乙

19 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 09:21:14 ID:l1BuY/8O
どれ、ざっと読み込んでみた。

とりあえず>13の記述>「附則別表」を読め だと、
そこにあるのは業種指定のみで、そこに指定されていないものは
除外であるとか以前に無関係、と思われても仕方なくないかねえ。
そこから備考→別表第一→第一条 で、ようやく日帰り施設も
無関係でないかもなあ、と思えるくらい。

とすると、>2のリンク先で述べられている
>さらに、「日帰り温泉は排水規制の対象としない」そうです。
つうのは嘘なのかよ、と思って、改めてもう少し調べてみた。

すると、この省令で出てくる「排出水」の定義を水質汚濁防止法二-5に求めると、
「特定施設」から公共用水域に排出される水、とあって、今度は
その「特定施設」の定義を同2により導き出すと、それは政令で定めるものをいう、とある。
で、その特定施設を定めた政令をみると、
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46SE188.html
六十六の二に旅館業の入浴施設は含まれているし、ついでに病院の入浴施設も
含まれているけど、公衆浴場や日帰り温泉施設の入浴施設は*含まれてない*ですなあ。

純粋に法益から考えると、13氏の記述は至極もっともではあるけれど、
条文を素直に読むと、やっぱ日帰り温泉施設は対象外、どころか無関係っぽいなあ。
どっかに見逃した一文とかがあるのかなあ。

20 :13:2006/11/30(木) 09:51:47 ID:pLoRH+2h
>>19
スマソ。貴方のおっしゃるとおり。
施行令別表第一を確認したが、日帰り施設が対象になると判断できる条文はなかった。

>>17のカキコのうち、ここは取り消す。明らかに俺の誤認だった。ごめんなさい。
> 公共施設や日帰り施設が外れていると言う法的根拠はどこにもない。
> 日帰り施設でも、排水口があって、排水基準のある物質を出していたら規制対象になる。

日帰り施設は公衆浴場法に規定されていて、最初から施行令に入っておらず、水質汚濁防止法の規制対象から外れている。
だが、都道府県知事の許可が取れれば誰でもできるので、>>1はやっぱり間違ってる。
> 公共の自治体がやってる温泉日帰り施設
とあるけど、自治体が運営するものに限定されていないので。

本来ならば、公衆浴場法に定める施設も対象に加えるべきなんだろうけど。
ふっ素、ほう素でなくたって、汚水は出ているわけだし。

21 :名無しさん@いい湯だな:2006/11/30(木) 11:23:35 ID:flEtQ9Qh
日帰り施設に広げないのは、
反対が多いからじゃないの?
温泉旅館だけを狙い撃ちした方が通りやすいからとか
あと環境省の役人が書込みしてるようだけど

22 :13:2006/12/02(土) 02:15:25 ID:T6RrbCP3
温泉旅館は施行令別表に元から入っているので「狙い撃ち」ではないと思われる。
「通りやすい」も何も、今回、新たに加わったのは規制対象「物質」で、「施設」の範囲は変わってない。

だから、温泉旅館から出る排水は、ふっ素、ほう素が加わる前から規制されていた。

他の規定を見ると、調理場を持っている施設は最初から入っているようだ。
調理場に比べて、浴場からの排水って、生活排水という意味では大したことなかったのかな。

23 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/04(月) 09:08:46 ID:p6aPkI5N
終了?

24 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/04(月) 14:59:41 ID:McECTZXZ
この法律の施行で古びた温泉宿がなくなるといやだね


25 :13:2006/12/05(火) 01:59:45 ID:y3eyFHGm
だから、法律でなくて「省令」だとw

「規制をやる」といってから5年たったし、何もしてないと言うことはないでしょう、お互いに。
ま、排水基準の省令で二度、三度と暫定基準(ゆるい基準)が適用され続けた前例はあるけどね。

26 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/11(月) 14:04:57 ID:F2dLlPQr
ともかく環境省がこれ以上利権を追及する官庁になられると困る。
っていうか環境省は公務員じゃなくて、環境NGOなんかに実質任せちゃって良いでしょ
元々能無しで天下りする事しか眼中にない公務員なんだから、
実務はNGOに権限を持たせて任せてそれをチェックするだけで良いと思う。

今の試験偏重公務員よりよっぽど役に立つと思うよ。

後他の官庁も中卒で雇えば良いと思う。
実生活で役にも立たない試験ばかりが得意な連中が、
幅を利かせてるから今の公務員制度が腐ってしまったんだと思う。


27 :13:2006/12/12(火) 00:47:12 ID:2fkp6Men
日本の環境NGOのキャパシティを知っていれば、とてもそんな無責任なことはいえない。
外国には、一国の制度運用を全部任せられるくらいの専門家集団がいるけれど。
そういうところは、自分で仕事を取ってきて、既存の法制度も踏まえて、整合性のある仕組みを作ってしまえる。

日本の環境NGOは殆ど片手間集団で、理想が先走っている感があり、とても制度の運用はムリ。

そもそも、今回の件は利権とは関係ないだろ。法令上の整理の問題だ。
誰かさんが勘違いしているだけだ。

28 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/20(水) 00:28:52 ID:faMyOKJJ
スレ主を筆頭にして、まさに自分たちの温泉に関する既得権益を振りかざして反対するんだろうけど
さりげなく規制強化になっていくだけなんだろうと思う

29 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/20(水) 09:06:49 ID:pxyoOEIy
国民が選んだ政府が決定したので…諦めましょう!

30 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/23(土) 21:14:42 ID:2PDm5zCs
日帰り温泉は環境省の管轄ではなく、厚生労働省管轄のため水質汚濁防止法
は適用されず、公衆浴場法適用なので今回の問題はOK。

温泉旅館が浄化装置入れた場合、ランニングコストも莫大な額がかかると下記
の社)長野市開発公社宿泊温泉課長も言っている。

これは一温泉旅館の経営問題ではなく、全国の温泉場の集落の存続自体が危ぶ
まれる悪法である。

消費者も生き残った温泉旅館で相当高い相当金額を払わされるのではないかな。

みんな旅館廃業で、日帰り温泉施設だな。

ttp://antoi.at.webry.info/200611/article_20.html

ttp://www.miki55.com/onsengakkai/htm/kenkyu2/rondai-tokunaga.htm

31 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/24(日) 10:15:08 ID:zPMRg+Ot
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
残念だが(裏金で県民を無差別に殺す)事実上の
殺人テロリスト犯罪カルト教育集団は実在する。

近藤啓子(1期生)が殺人テロリストなのは間違いない。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

佐藤了は学生や卒業生を使った殺人テロ企画を多発させている。
安藤氏もこの殺害風土で消された可能性がある。
この県の殺人稼業は警察ぐるみである。
赤ん坊から老人まで年間1000人はこの殺人商売制度で消され換金されている。
殺人業態は造園業、道路工事業、除雪作業、病院などの形態を表面上は取り
集団で人を狩り、人肉や臓器に換金する。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
殺害対象は赤ん坊まで多数含まれ、この県では病院で赤ん坊死体が食通マニアのために販売されている。
警察や病院も当然ぐるであり、赤ん坊殺人に関わっている。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
こういった殺人理論を開発しているのが保全生態学(森林科学)研究室である。
その上で環境教育と称してカルト殺人教育を行い、卒業生の一部は次々と県民を殺害し
死体を解体して生計を立てている。それがこの県の実態の一面である。
近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。年間1000人以上が殺害され自然死偽装されている。
近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。この県の住民は彼女を見かければ殺人業者として
接するべきである。そうしないと騙されて喰われる。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。
県民は全員、気をつけてほしい。年間1000人以上が理不尽に消され喰われている。
造園業者は危険だ。近藤啓子が殺人テロリストなのは間違いない。

他県へ「出稼ぎ」もする


32 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/25(月) 10:00:39 ID:CK+RUZbo
まさに天下り官僚の為のパラダイス 
美しい国 ニッポン!
ですね

ほうっとくと北朝鮮みたいになるかもね

33 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/25(月) 14:12:59 ID:3CxsUHqs
http://www.miki55.com/onsengakkai/htm/kenkyu2/rondai-tokunaga.htm

34 :名無しさん@いい湯だな:2006/12/25(月) 17:26:16 ID:zmdLa3zb
実際の話、フッ素にしてもホウ素にしても、有害、危険、とか
言われても実感わかないもんなあ。
歯磨き粉に入ってる奴とか、うがいの時使う奴だっけ?みたいな印象。
そりゃ、多量に摂取したりすれば危険だろうけど、それを言うなら
塩でも何でも同じことだし。

それに、もしも現状値で有害であったならば、何百年と垂れ流してた筈の
温泉地域下流は、恐るべき健康被害や環境被害が起きてなければ
いけないのに、そんな事は聞いたことがないし、もしもそんな被害が
あるものであったら、そもそもそんな健康、環境被害をもたらす温泉が
良いと思って入る人間なんか居なかったはずだしねえ。

やっぱなかった事に、なんて風になるといいんだろうけどなあ。


35 :名無しさん@いい湯だな :2006/12/26(火) 14:10:08 ID:Z5es0hwm
34

まったく同感です。



36 :13:2007/01/03(水) 15:34:00 ID:gAS2jkoD
>>34
ならないよ。

欧米では被害出ているし。WHOの飲用水基準にも載っているし。

日本だけ規制しなかったらそれこそ薬害エイズかBSEと同じことになる。

牛肉由来のBSEが出てないといっても、牛肉の輸入は止めるでしょ。アレと同じ。

37 :名無しさん@いい湯だな:2007/01/03(水) 16:33:32 ID:OVOAZ4di
まあ、お互い分かってて議論するのもアホらしいといえばアホらしいんだけど。

そもそも勧告や通達、海外での実害報告が出ている以上、有効な反論を
導き出せない限り、規制するしか道が無い官と、今まで実害無かっただろ?という民。

規制しないでこの後万が一、或いは想定し得る実害があった場合、責められるのは
官だし、官の立場としては最大限規制をかけなきゃいけないのは当然の理だしねえ。

第一、そこまで「官」と「民」が対立するのが当然となった社会自体がおかしいというのは
さて置くにしても、純粋に、個人的には実害は国内で見られてない以上、規制値の変更は
必要なし、でいいんじゃないかと思うねえ。
まあ、それでも万が一(ry な訳になるのが困ったもんだねえw

ここで、もし現況の規制値で、突然風土病が発生していた、等の事実が明らかになったとしても、
自分は官の規制の緩さに対して、批判する気は毛頭ないどころか擁護する、と言っても意味ないしw

まあ、実際のところ、既に出ているように規制基準変更を延長に延長を続けるか、或いはPSE法の
ように、一応基準は出しつつも、実質未規制、って方向に行くんじゃないかなあ。
さっぱりしない結末だけど、これも日本らしい結末ではあるわねw

38 :名無しさん@いい湯だな:2007/01/23(火) 23:33:20 ID:WUp5D7QA
自然に湧き出してる温泉はスルーなのに、
旅館を通っただけで規制して負担を強いるところに役人のあこぎさを感じるなあ

39 :名無しさん@いい湯だな:2007/01/26(金) 17:56:12 ID:1ViGK7X9
>>36
欧米の被害例って具体的な報告載ってるHPありますか?


40 :黒幕はゴ―ルドマン・サックス:2007/01/28(日) 05:46:08 ID:WBRrez8G

ゴ―ルドマン・サックスがゴルフ場の次に狙っているのが温泉

経営不振に陥った日本中のゴルフ場を二束三文≠ナ買い漁っていたハゲタカ外資
が、巨額の利益

小泉・竹中コンビが、不良債権処理を強硬に推し進めた結果、この5年間だけで
実に470ものゴルフ場が倒産した。そのゴルフ場を次々に買い占めていったのが、
ハゲタカ外資だ。

「いまや日本で一番ゴルフ場を保有しているのは、、米ゴ―ルドマン・サックスと
米ロ―ンスタ―です。それぞれ92コースずつ持っている。それも、100億円
以上かけて開発したゴルフ場を、たったの2億〜3億円で買収している。
買った後は、会員にプレ―権を約束する代わりに巨額の預託金を放棄させ、収益を
上げるために客を詰め込み、せっせと日銭を稼いでいます。これだけでもボロイ商売
ですが、さらに今度はゴルフ場運営会社を上場させて、巨額の上場利益を得ようと
しているのです

外資が日本でボロ儲けしているのは、ゴルフ場ビジネスに限らない。
日本の「不良債権処理」を利用して、あらゆる業種で日本を食い尽くしている。

ハゲタカ外資は日本の至るところに星条旗≠掲げ、土地、ビル、企業、
レジャ―施設・・・・・・・・・・と日本の富を次々に手に入れています。

一説に、米国にかすめ取られた日本の富は「400兆円」とされる
http://asyura2.com/0510/hasan43/msg/158.html

41 :黒幕はゴ―ルドマン・サックス:2007/01/28(日) 05:49:15 ID:WBRrez8G

ゴールドマン・サックスと星野リゾートよる新たな温泉旅館再生事業

ゴールドマン・サックス・グループと株式会社星野リゾート(代表取締役社長
星野佳路)が昨年来取り組んできた温泉旅館再生事業において、新たに長野県
3 旅館の再生支援に着手することで基本合意が締結されました。松本市の浅間温泉
「貴祥庵」及び「夜まつり長者」、大町市の大町温泉「山と撫子」の3館について
営業を継続して行いながら 4 月以降は星野リゾートが運営を担当する.

ゴールドマン・サックス・グループと星野リゾートは昨年から温泉旅館再生事業に
共同で取り組んでおり、山代温泉「白銀屋」(石川県)、伊東温泉「湯の宿いづみ荘」
(静岡県)、青森県の「古牧温泉グランドホテル」と「奥入瀬渓流グランドホテル」
等の再生に取り組んでおります。
http://www.hoshinoresort.com/sample2/pdf/news/company/20060228.pdf

今年の五月に三角合併が完全解禁されると、この外資買いは雪崩を
打ったように加速されることは明らかである。

 この実態を日本国民はどれくらい意識しているのであろうか。
中曽根政権時代に結ばれた「プラザ合意」以降、顕著になったアメリカの対日利益
誘導システムの構築であるが、この極点として登場したのが小泉政権であったことは
間違いない。植草さんの言うように、小泉政権の本質は米国傀儡政権であり、彼らの行った構造改革は外資に利益誘導をも
たらすためであった。規制緩和や規制撤廃、その他の法令上の改正(改悪)は、
外資が日本での跳梁跋扈をしやすいように行ったことはもはや疑問の余地はない。

バブル崩壊以後、軒並み斜陽化した国内ゴルフ場は相当数がゴールドマンサックス
などの外資に買収され、それは今に続いている。その上、古くから根付いている
我が国固有の伝統文化である「温泉湯治文化」が今、外資の手で根こそぎ破壊
されようとしているのである。

42 :黒幕はゴ―ルドマン・サックス:2007/01/28(日) 05:52:51 ID:WBRrez8G

ついこの間は青森県の古牧という温泉がのっとられまし。広くていい温泉なんです
けど、驚いたことにゴールドマンサックスでした。

世界最大のアメリカの金融投資会社、ハゲタカファンドの代表のようなものです。
これがどうして古牧温泉なのかと思ったのですが、テレビで放送していました。

古牧だけではありません。他に28ケ所、超有名温泉みんな買い占めちゃったのです、
ゴールドマンサックスが。

どうするかというと、従業員みんな首切っちゃって パートにして、腕利きの
マネージャーを送り込み、部屋をヨーロッパ、アメリカ向きに整備しなおして、
欧米からの観光客をワーツと呼ぼうという作戦なんですね。 儲かるようにして
高く売るのです。ゴールドマンサックスが経営するのではありません。
いま赤字の会社を買い取って、儲かるように造り直してすぐに売っちゃうのです。
これが投資銀行のやっていることです。

確かに、いわれてみればそのとおりで、日本の温泉ほどいいものはありません。
知らないだけで、こんないいものは世界中どこにもありません。だから日本の温泉の
良さが分かったら、おそらくヨーロッパ、アメリカからごっそり観光客が来ると
思います。 そこにゴールドマンサックスが目をつけたのですね。

そして近代経営やって外国人が来て楽しめるような設備に変えて、世界中に
ジャパニーズスパーなんていって売り出す気なのですね。ですから、そのうち
皆さんも温泉にいらっしやるとみんな英語で案内され、アメリカのお湯の中に
入ることになってしまいます。

 アッという間に日本はアメリカ資本に乗っ取られようとしています。
http://kyonannet.awa.or.jp/mikuni/siryo/2006/kawabata-kouen060114.htm


43 :黒幕はゴ―ルドマン・サックス:2007/01/28(日) 06:12:34 ID:WBRrez8G

水質汚濁防止法の改正が2001年にあり、温泉の成分にも含まれるホウ素やフッ素が
排出規制の対象となった。暫定期間が来年(2007年)7月に終わり、「新基準」に
移行する。水質汚濁防止法が改正され、古来から自然に湧き出ている温泉そのものに
適用されるらしい。しかもその法律の適用対象となるのは地元の旅館や温泉の
権利を持つ地主である。この法律をクリアーさせるために必要なフッ素除去装置の
値段は、3千万円から4千万円だそうである。当然、それは流出規模の大きい源泉を
有した施設ほど金がかかるだろう。

 そもそも、自然湧出の温泉にこのような法律を被せること自体がまともな発想
ではない。自然現象を罰則対象にする発想自体が狂気と断言してもよい。
もし、これが狂気でないとするならば、考えられることはただ一つである。
それは環境省に外資勢力が圧力をかけて無理やり行わせ、温泉地の利権を安く
買い漁る目的なのである。

 このまま行くと、我々日本人は温泉情緒を楽しめなくなるのである。我々日本人
は、ホワイトカラー・エグゼンプションで成果主義を押し付けられ、過当な
生き残り競争の中で疲れ果て、その血のにじむような労働は、ほとんど外資の
ためであるという構図の中で生きていくことになる。そして疲れた身体を癒すために
遠隔地の温泉に行けば、金ばかり吸い取られてゆっくりできない休日を迎える
ことになる。しかも水着着用で過ごすはめになるかもしれない。目先の利益で
外資に委ねることは日本の切り売りなのである。しかし、これを推進する為政者
とお役所は国賊である。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/01/post_2afd.html

44 :名無しさん@いい湯だな:2007/01/28(日) 21:22:47 ID:WBRrez8G

温泉地の唐突な排水規制はまったく奇妙と言うか、明らかに背後に底意が存在
しますね。

この記事を読みますと、ホウ素とフッ素が健康に悪影響を及ぼすからとありますが、
取り締まり対象が温泉地の旅館、すなわち温泉の権利者ですね。規制を行って、
高価な除去装置を設置しないと営業が出来なくなるのでしょうね。

 弱小の経営者は事実上、経営が出来なくなり廉価で手放すことになるでしょう。
そこを待ち構えていたゴールドマン・サックスのような外資が一気に利権を買い漁る
かもしれませんね。まったく悪質です。
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2007/01/post_2afd.html

この法律は、源泉かけ流しの旅館業者に、一台3〜4千万円程度の設備投資をさせて、
源泉からホウ素やフッ素を取り除け」との命令なのだ。
ただし、各旅館業者が個別にとの但し書きが付いている。今時、4千万円もポンと
出せるか?潰れろと言っているのと変わらない。

 今回指摘を受けている温泉は、玉川温泉、草津温泉、松之山温泉、有馬温泉、
道後温泉、別府温泉と言った、古来から湧いて流れる自然湧出温泉場が対象になっている。

 下手をすると我々日本人が昔から保養、療養に利用してきた「源泉かけ流し」温泉が
一気に消える危機を迎えることになる。

 廃れる→身売り→外資系が買い叩く流れの構図が見え見えだ。

まぁ、日本はアメリカ51番目の州だし、安倍州知事もアメリカ大統領のゴキゲン
とりで奔走している。
http://angel.ap.teacup.com/applet/zzzoo/543/trackback


45 :GSはこういう会社:2007/01/28(日) 22:10:02 ID:WBRrez8G

http://asyura2.com/0610/hasan48/msg/1102.html
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=41506&pg=20070114

http://asyura2.com/0403/hasan35/msg/602.html

http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/1020.html

http://www.asyura2.com/0610/hasan48/msg/1036.html

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1313928
http://asyura2.c om/0601/hasan44/msg/381.html


46 :結論は:2007/01/29(月) 00:16:24 ID:FxY6FB5q

水質汚濁防止法は環境省にゴールドマン・サックスが圧力をかけて無理やり施行させようとしています.

この法律は、源泉かけ流しの旅館業者に、一台3〜4千万円程度の設備投資と
月に数十万円もの維持費をかけて源泉からホウ素やフッ素を取り除け」と言うもの.

1.弱小温泉の経営者は事実上、経営が出来なくなり廉価で手放さざるを得なくなる。

2.そこを待ち構えていたゴールドマン・サックスが二束三文で買い叩く.

3.ゴールドマン・サックスが超有名温泉をみんな買い占め、従業員をみんな首切って
パートにして、腕利きのマネージャーを送り込み、温泉を健康ランドとして再生する.

3.買い漁ったホテルをすべて統合して株式市場に上場して,ぼろ儲けする。


というシナリオなのです. 無理難題をふっかけておいて相手を弱らせ、価値が
下がったところで買い漁るというハゲタカの常套的手口です。そして,最後は

有名温泉では水着着用を義務付けられ、伝統ある古びた温泉地は西洋風に
リニューアルされてしまうだろう。湯の町の情緒性などは根こそぎ破壊され、
集客効率と回転率だけを志向した即物的な施設が乱立するだろう。

 そして最終的には日本人も外国人も無機的な施設の温泉地に興味を失い客足が
途絶えることになる。その時、温泉地は町もろともさびれ果て、打ち捨てられる
可能性が高い。外資には地方文化の興隆などという意識はまったくないから、
儲からないと判断した時点で完全に撤退し、後には無残な観光地のむくろだけが
残ることになる。

という結果になります.


47 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 01:46:27 ID:jtAS7Ny4
>>34
田沢湖と玉川温泉の話も知らないの? 温泉板なのに。

とにかく、この問題については、温泉好きが各論のところで
視野狭窄になっているようにしかみえない。水俣病みたいな
ことが起こったら、国の不作為だ、と声を大にするクセにな。
それも突然の措置じゃなくて、相当前から周知は行っていた。

48 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 03:50:08 ID:459p2DwE
>>47
烈しく同意。

ふっ素による子供の斑状歯だって、もし日本で起こったら大騒ぎになる。
「欧米で知られてたのに日本では・・・」という聞き飽きたフレーズで。

49 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 04:23:31 ID:i24wfK6Y
>47-48
>37

んなこと言ったら、それこそ火山ガスでの死人が出る温泉地もある、
とかの話と一緒じゃないの。
例外的な事例を挙げて、一般的な事例を否定するのは
詭弁のガイドラインに抵触してますよ。

それはそれとして、その論調からして、お二人さんは、規制すべきであり、そもそも
今まで規制されていなかった事自体が過ちであった、って意見でよろしいかな?

それならば、現在問題になっている、濾過装置そのものの金額が現実的でない点、
それと、法律上の都合によって、日帰り温泉施設は対象外である点、
そして、同じく排水として有害であるにも関わらず、そこに人間が漬かる事なら是とする矛盾、
更には、そこまで有害であるものであるにも関わらず、人為的でなく垂れ流されている
場所においては、一切の規制線、有害物質汚染区域の指定等を設けることも無しに、
人を住まわせたりしている点についてどう思うのか、あなた方の明快な回答を聞かせて欲しいねえ。

少なくとも、排水として有害なものに、毎日漬かっている人の健康被害を白日の下に
晒してからじゃないと、排水として有害云々は成り立たないんじゃないかなあ。

50 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 09:03:17 ID:OiJ2hAlK
田沢湖と玉川温泉だって、国による政策の結果だろ。
玉川の強酸性水を田沢湖にぶち込むから、生態系を崩したんだよ。

変化を加えると影響が出るのは当然。

影響度が大きい成分には対策が必要だとは思うが、すべてに源泉かけ流し宿を対象にするっては
おかしいんじゃないか?


51 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 17:37:20 ID:TbxdqTai

中国の重金属まみれの川の水で洗った野菜や中国近海魚を放置したまま,
温泉の規制だけやっても無意味さ.

まず,中国野菜を使っているンビニ弁当,おにぎりやスーパーの惣菜の規制をするのが先だ.

被害のレベルが全然違うからね:

恐怖のコンビニ弁当

中国の7色に輝く河川と食品
http://asyura2.com/index.html





52 :中国の危ない川:2007/02/04(日) 17:55:28 ID:TbxdqTai

中国全土の河川の6割が水銀など危険な重金属や農薬で汚染され、こうした
水質悪化が疾病の8割、さらには病死の3割に関係していたと指摘した中国食品薬品
監督管理局の内部資料が明るみに出た。

また、重金属による汚染面積は2000平方キロメートルにもおよび、汚染地域を含む
経済先進都市周辺での食の安全に内部資料は強い疑問を投げかけている。

日本はすでに野菜の残留農薬規制を強めているが、ほかにも中国から安い食品を
輸入していることから今後、対応を迫られそうだ。

資料は4章に分かれ、問題の汚染実態は第3章に書かれていた。
それによると、産業廃棄物による深刻な汚染は中国全土の河川と湖の6割におよび、
残りの河川もまだ軽度ながら汚染が進んでいる。

さらに農産物に影響のあるかんがい用水の2割が規制基準を大幅に上回る水銀に
汚染されている。水質汚染が関係したとみられる症例は全疾病の8割、病死の
3分の1にのぼり、2004年以降、幼児の頭が巨大化する奇病が汚染地域で次々に
確認されているという。

中国の化学肥料の年間使用量は4100万トンで、その結果、黄河や長江、珠江を経て
流れ込んだ無機窒素が中国近海の赤潮の主な原因になっていると内部資料は
断じている。

毒性の強い農薬使用で汚染された土壌を元に戻すのに最長で33年間が必要という。
http://blog.livedoor.jp/anti_aress/archives/50647903.html


53 :有害なのは食品だけじゃない。:2007/02/04(日) 17:59:43 ID:TbxdqTai

環境問題に関する意識が幼稚な中国では、例えば、人体に有害な水銀、ニッケル、
銅、カドミウム、ヒ素などの重金属で汚染された工業廃水が処理されぬまま河川
へと垂れ流すようなことを平気で行っている。その河川では、重金属を摂取した
プランクトンを小魚が食べ、さらに大きな魚が小魚を食べる。植物連鎖の過程で、
どんどん金属含有量が蓄積される死の食物連鎖が始まっている。これを人間が
食べたときの影響具合は、「重金属や鉛などに汚染された魚はガンを引き起こす。
決して食べてはいけない」と医者が警告するほどである。
 また、土壌も工場からの直接的な汚染に加え、汚染された河川や海洋の蒸発
した水が雨となって戻ってくる間接的な汚染により、深刻化が増している。
そのため、閾値が低い中国の安全基準値でさえも超える田畑は、多数存在する。
このような場所の作物は、根から重金属が含まれた養分を吸って育ったものなので、
洗っても、茹でても、除去し難い。

先日書かせてもらったように、

汚染されたものの中から、より有害なものを選択して日本に輸出してくる

ので、買うなといった方が適切な表現なのだろう。
ちなみに、中国産の危険な食べ物の例は、下記サイトに記されているので、御覧頂きたい。
 ・中国から輸入されてきた野菜や肉、魚から危険物質が次々と検出されています。
http://konn.seesaa.net/article/3986541.html


54 :有害なのは食品だけじゃない。:2007/02/04(日) 18:03:25 ID:TbxdqTai

現在中共が生産する野菜類の47.3%に危険な残留農薬が残存しているという
データがあるが、中共はとりわけこの危険性の高いものを主に日本へ向けて輸出
している。さらに中共ではそのほぼ全ての河や湖が工場から流された鉛や水銀入り
の排水で汚染されており、中共産の野菜は全てこの水で育てられてもいる。

EUなどは残留農薬や有害物質が検出されると即座に全面禁輸措置を取るが、
日本は中共に遠慮してなかなか禁輸に踏み切らないのだ。この残留農薬には、
きわめて発ガン性が高く20年以上前に国際的に使用禁止されたエンドリンや
ディルドリン、そしてシロアリ駆除薬なども検出されており中共産の野菜を
食べることはまさに自殺行為なのだが、中共に媚びたい一心の日本政府が全面禁輸
に踏み切れないことを良いことに、中共は今も大量の汚染野菜や汚染食品を日本に
輸出している。中共では工業化による環境汚染と健康被害の関連性を調査する
ことさえも許可されておらず、英インデペンデント紙は中共でガン発生率が異常に
上昇していることを指摘して、
「(日本に対して)有毒排水で育てた野菜が大量に
輸出されており、日本人のガン発生率も上昇していくであろう」と報じているものだ。


55 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/04(日) 20:34:47 ID:fDgBrhpk
>>1
この先も公衆浴場&安い温泉巡る車中泊者のオレには関係ナッシングだ!

56 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/05(月) 09:21:12 ID:zXMJcQP0
>>49
> 例外的な事例を挙げて、一般的な事例を否定するのは
ふっ素の班状歯はふっ素という有害物質による特異的な疾患で、例外的な話でもなんでもない。
むしろ、この「詭弁」なるものは、お前さんの言う、

> んなこと言ったら、それこそ火山ガスでの死人が出る温泉地もある、
> とかの話と一緒じゃないの。
にモロに当てはまるな。ガイドラインに抵触しておる。正に自己撞着w

> それならば、現在問題になっている、濾過装置そのものの金額が現実的でない点、
平成12年の環境省のパブコメ回答を読んだか?
より低廉な方法の研究開発を進めると言っている。
また、下水処理場に流せば無問題。何をそんなにムキになっているのやら。

> それと、法律上の都合によって、日帰り温泉施設は対象外である点、
本来なら対象にすべき。
所管は厚生労働省だが、現行の通達を改めて同等の規制を課すべきだな。

> そして、同じく排水として有害であるにも関わらず、そこに人間が漬かる事なら是とする矛盾、
毒性学の常識中の常識だが、物質の有害性は暴露経路に大きく左右される。
ふっ素は飲用すれば班状歯が出るが、浴用の基準を定める公衆浴場法にも基準値はない。
従って何ら矛盾はない。

> 更には、そこまで有害であるものであるにも関わらず、人為的でなく垂れ流されている
法律で取り締まるのは人為的行為だろうが。
人為的でなく垂れ流すって、何よw

> 場所においては、一切の規制線、有害物質汚染区域の指定等を設けることも無しに、
水道法に基づく水道水質基準でふっ素・ほう素の基準値があり、基準超過地点の水は水道には使えない。
飲用すれば有害な物質による被害を防ぐには十分な手立てだと思うがね。

57 :1/2:2007/02/05(月) 16:07:23 ID:v3RJwY2Z
>56
>> 例外的な事例 の部分は>47の玉川温泉にかかってるんだけどなあ。
そこまでこちらに論理的判断能力が欠如してると思ってるんじゃ、
話してもつまんなくないかな?それとも、そちらの方が文脈を読み解く力がないのかな?

>より低廉な方法の研究開発を進めると言っている。
進んで、それが現実的な価格帯での処理法になってからなら、
その意見はもっともなんだけど、現状何にも進んでるようには見えないねえ。
それとも、実は現在濾過装置が数十分の一くらいの価格になる、
画期的な開発が終わったと言うソースでもお持ちかしら?

>また、下水処理場に流せば無問題。
そもそも、温泉水の処理施設が下水路含め存在していない、
という点に疑問は感じないんだあ。
山奥で、世帯数も少なかったり、一軒宿しかないような箇所だったら、
その為に下水処理場を作るのは現実的でない、なんかにも疑問は感じないんだあ。

>何をそんなにムキになっているのやら。
煽るのがお好きなようだねえwせっかくなので、返しとこうw
感情的にしか見えない文なら流せばいいのに、長文でのレス付けるなんて、
>56氏はどんだけ必死なんだろうね。
自説が否定される事はそんなにお嫌いですか?
反論は受け付けない人間なんですか?
それだったら自ホームページなりブログで延々自説をたれ流して下さいね^^

>本来なら対象にすべき。
であるならば、そちら側の論の整合性は取れるので問題ないね。

58 :2/2:2007/02/05(月) 16:09:08 ID:v3RJwY2Z
>従って何ら矛盾はない。
まあ、飲泉許可と温泉の許可は別物だし、その部分には問題ないけど、
排水されて河川の水と一体になった河川水、実際に飲用してる例は?
それがあったら、既に環境汚染の例が出ているはずなんだけど、
出ていないと言う事は、そもそも川の水を常態として飲用に使用している
地域での汚染は確認されていないか、現況での規制値での問題が発生しないか、
あるいはそもそも河川水を飲用に使っている場所が無いか、じゃないかなあ。

実際の話、生活廃水が混ざっている事が分かっている川の水、飲む人居るの?
もしかしたら>56氏は、東京のど真ん中を流れるような川でも、
鮎が泳ぐレベルじゃなくて、泳ぐことは当然、飲んでも平気な世界を
夢見ているのかもしれないけどw

>法律で取り締まるのは人為的行為だろうが。
あくまで法律論で語りたいの?
なら、本省令に現実的に対処することは困難を極め、憲法22条を侵害する、
とかそう言った方面の展開のほうが好きなのかねぇw
たぶん、そこまで法のみに拘って話したいなら法律系の板だね。温泉板じゃ板違いw

立入禁止区域の指定は、人為的行為による区域指定だけではないですよ。
人為的行為を未然に防ぐために制限することもあれば、危険がある為に
制限する事もある訳だけれど、前者だと国立公園なんかでの自然保護の為の
立入禁止区域が該当するし、後者だと、それこそ話題に出した火山ガスの
危険や、崩落の危険etc.があって、立入禁止になる事があるでしょ。
こういった物に、法的根拠が無いというんだw

>人為的でなく垂れ流すって、何よw
分かってて言ってるでしょ。自然に流れ出してる分よw

>飲用すれば有害な物質による被害を防ぐには十分な手立てだ
ちょwwそんな事言うと、規制値の厳格化いらなくなるじゃんww
その辺りが引っかかってる人も多いと思うんだけどなあw

59 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/05(月) 19:34:29 ID:dwJmCkg9
排水の影響というのは、

排水先の河川水をそのまま飲用して問題になる、ってことじゃなくって、
排水先の河川・湖沼・港湾等の生態系を狂わせたり、あるいは食物連鎖で
毒素が増殖されて、人体に変えることが問題なんだと思うが。

論点のすり替えだね。



浴用による身体への影響、と、排水の毒性の関係性については、
>>56にある
 >物質の有害性は暴露経路に大きく左右される。
のとおりであるし。

あと、現状の被害状況については、起こっているか起こっていないかは
知らないけど(田沢湖みたいな例を出してもそれは例外、って否定しちゃうしね)
 >ここで、もし現況の規制値で、突然風土病が発生していた、等の事実が明らかになったとしても、
 >自分は官の規制の緩さに対して、批判する気は毛頭ないどころか擁護する、
みたいな方ばかりならいいけど、むしろ被害が顕在化してからでは遅いわけで。。。



60 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/05(月) 22:36:28 ID:y4YXAhx/
飲用とそれ以外について矛盾が無いとか言うから、その方向の返しになるさw
それを論点のすり替えと言われてもなあ。
そんな方向の解答書いた方を恨んでくれw

で、それであれば、食物連鎖に因る毒物、この場合はフッ素とホウ素の蓄積性に
よって、規制基準を引き上げるべきである、という論点でよろしいかな。

まず、マグロの水銀汚染については、国内でも注意喚起が行われているけど、
同じようにフッ素の蓄積性をもって注意喚起の出ている食物、場所って国内である?
食物連鎖での危険性が、現況フッ素を高濃度で含む汚水に存在するならば、
注意喚起くらいは出ててもおかしくないよね。
それなくしてフッ素が高蓄積性のものであり、現状の排水基準では危険である、
との論に結びつかないでしょ。
しかも、この場合は、該当した温泉宿は現在の所、現実的な対処のしようが無い、
という問題まで付いてるんだから、規制値を上げるには、もっとちゃんとした論拠が
無いといけなかったんじゃないかなあ。

しかし、玉川温泉なんて例外としか言いようがないじゃないw
君んちの近所の温泉に、違った方向でもそんなハードな温泉、ある?
せいぜい入りすぎると湯当たり起こすから入りすぎに注意、位じゃないかい?
後は、長年温泉水が川の水に混ざったおかげで、河川が鉄色になってたり
白色になってたりとか。実際に、温水のせいで、近くでは見られない魚類なんかが
住んでたりすることもあるけど、それは今回の規制値問題とは関係ないし。

まあ、結局は>37に尽きるわけで。

自分も、もしこれで今、何らかの害が発生したり、している事が明らかになったら、
各ニュースのキャスターや解説者が、規制の遅れがこの悲劇を引き起こした訳で、
官には猛省を促したい、とかそんなコメントを言うだろう点には力一杯同意するよw

61 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/06(火) 09:47:42 ID:lGCSavGk
>>57-58
> 話してもつまんなくないかな?
あ〜ホントつまんないからさ、逝って。

> その意見はもっともなんだけど、現状何にも進んでるようには見えないねえ。
対策ができない間は有害物質の垂れ流しを認めることになるが?
責任取るのは誰よ。おまいか?温泉ファンが結束して保障するのか?

> そもそも、温泉水の処理施設が下水路含め存在していない、
温泉水を下水に流すことは下水道法で認められているし、現にそういうところもあるんだけど。
詭弁の天才だね、あんた。それこそ「例外的な事例を・・・・」云々しているだけ。

> 反論は受け付けない人間なんですか?
それは>>57-58。何その長文駄文レス。中身ないのにわざわざ二つに分けたりw
反論を受け付けないなら最初からレスしない。レスするのは俺の優しさだと思ってくれたまえ。

> 実際の話、生活廃水が混ざっている事が分かっている川の水、飲む人居るの?
ちょっと大きめの日本の川なら、どこでも上流の生活廃水が流れ込んでいる。
それを水道法の水質基準に抵触しないか検査し、蛇口を出る時点で基準を満たすように調整するのが上水道。
ただし、事故で農薬が漏れたら取水停止になることがあるように、上水道の施設では有害物質の除去まではできない。

> 自然に流れ出してる分よw
だから何よ。あんたはそれを止めるまでは人為的な排出は放置しろと言ったんだぞ。

> こういった物に、法的根拠が無いというんだw
土砂が落ちれば被害が出るよね。有害なガスを吸ったらやばいよね。
すべて「危機につながる経路を遮断する」観点で法律で規制されているんだよ。ふっ素、ほう素であれば「飲用」の経路を断つ。
ま、君の脳内河川には硫酸みたいな劇物が流れてるみたいだから、立入り制限でも何でもやったら?

> ちょwwそんな事言うと、規制値の厳格化いらなくなるじゃんww
人為的な法律に違反したおかげで水が汚れた場合に、飲用規制をずっと続けるわけ?
温泉のためなら法律違反も見逃す。あんたの脳内日本は立派な「放置」国家だよ。

62 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/06(火) 10:00:47 ID:lGCSavGk
ちなみに、これが日本水道協会のまとめたフッ素の毒性と海外の被害状況のレポート。
日本でも1970年代に班状歯が発生しており、通常の浄水設備に特別な装置をつけて凌いだ例がある。
当時はフッ素の環境基準も規制基準もなかった。

水道水へのフッ素添加問題について
http://www.jwwa.or.jp/topics/topics_20060615025.html

63 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/06(火) 17:23:00 ID:iGNwyqYy
でもさ〜、結局大きな環境問題なわけだからその負担を旅館業者だけに負担させるのは如何なものかな〜

どう考えたって半分以上を国か地方自治体に負担させるべきじゃないか?まあそうなったらこんな規制法案立ち消えするだろうね。

64 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/06(火) 19:16:56 ID:alfD7ekv
環境問題を地方自治体に押しつけた結果が夕張市の破綻なワケだが

65 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/06(火) 21:35:17 ID:i+aplErR
どんどん煽りまじりになるなあ。
答えやすそうな箇所だけ答えたり、曲解したり、
相手を論破する事だけがしたくてやってるんだねえ。

ま、このスレ自体、ソース探しもしないで天下りが、とか言い出す電波さんの
建てたスレだから仕方ないかね。

真面目にレス付けるかとも思ったけど、もういいやw

はいはい、フッ素はやホウ素超有害だから、垂れ流してたらえらい事になりますねー。
なぜか日帰り施設だと気にしないけど、旅館を営んでるところは垂れ流しいけませんよー。
人為的行為を取り締まるのが法だと言いつつ、転地風水害他の規制は法でもおかしくないですよー。

馬鹿らしい。

66 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/07(水) 02:35:17 ID:VQp0vknK
      ,.イ´| ̄`ヽr<´ ̄  ̄`ヾ´ ̄ `ヽx''´ ̄「`丶、
     / _|ノ   ├〈,.-―     ;. _  ,ゞ--'、:\___lヽ
     ,':∨::\  /´ ̄  ̄`ヽ ヽ/´  `ヽ、-.、 \::::::::::',
      |、_;/ /  /´   ,.     、  、  \. \ \―|
      ’、  /  /  ,.  / / ,ハ ',.  ヽヽヽヽ  \ヾ/
      \_/:/:/:./ , / .,' / // | l | , l: | ', ',. ! l  :',!|
          |/:/::/:/:/:! l | { /|:!  l l } !ノ|::,!l | :| |::|:::::::|ノ
         |:/l/:/:::,|::|:{イ⌒lヾゝ ノノイ⌒lヽ|:::!::}:;!::l::::::/
        |::/|/l::/l';:{ヾlー''!     lー''!/リノノ/::/:l::/
          || |:/リ、|::l;ゞ ̄´´  ,.  ` ̄" ハ:lリノノノ'
          リ |' __,⊥!、 " " r===、 " " /ノノ  ||   私のオッパオすってろタコオヤジ
        '/´    \   ヽーノ  /`ーー-、 ヾ、
       _ /         `ヽ、 _ ,.イ       ヽ \____
.    /'/       ` ー- ,,_       _,,、     |、 /  /
      \l    、 ,      `  '´ ̄        | |\ ̄
        |     Y              ヾ,/  | \|
       |    ノ                 丶、 .|
      |     ,'   ...                   ', ! 
.       |   |  ::r.,::     i  ,     ....  | .| 
        |   '、  ゙"     /  |      ::' ィ: ,' ! 
       ',.    ,>、_  ___/  丶     ~ , ' ,'
       ':、 r'へ`\_       ` ―ァ‐ く  /
        \ヽ;::.:>_ 二ヽ  γ'''" ̄''シノ/
.           `/,'ー  =ヽヽ/ /r―=〈/
          ∧ヽ   \  ゙=':...    ∧





67 :名無しさん@いい湯だな:2007/02/07(水) 02:58:24 ID:VQp0vknK
おばちゃんたちに大サービス!!
                        ., , メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″



68 :水質汚濁防止法は北米の法律のコピー:2007/02/10(土) 09:00:17 ID:GGAKeJu7

カナダの温泉施設はプール法に従う

日本の温泉と比較してカナダの温泉に温泉情緒ないのは、残念ながら、カナダで
入浴料を徴収し温泉施設を営業する場合は、必ずこのプールの法律に従って、企画、
設計、建築、運営しなければなりませんので、法律通りにすると温水プールに
なってしまうからです。

カナダの温泉ではあまり成分分析をする習慣はありません。どちらかと言うと
単純泉が好まれます。カナダの温泉の特徴は 泉質は飲料水の法律「Drinking
Water Act」、管理や建設はスイミングプールの法律「Swimming Pool ,Spray
Pool and Wading Pool Regulation BC REG289/72」によって運営されている
ことです。この法律は州法ですが他州もほとんど同じで、アメリカも同様です。

これによるとプールに供給できる温水は、飲料水に準ずるのが基準ですので、
ある温泉リゾートなどはわざわざ硫黄臭や鉄分を濾過しているのが実情です。
何故ならばプール法では、使用できる水の条件として、水の透明度(Water
Clarity)が要求されるからです。

BCやワシントン州ではプールの一番深い底に5cmの黒いデスクを置いて、それが
見えないような透明度なら、プールの使用を禁止しなければなりません。
そうするときれいな単純泉のほうが好都合なのです。たぶん草津温泉や有馬温泉の
泉質では、カナダでは営業許可は下りないでしょう。アメリカでは2〜3の州で
この条件が必要ないところもあります。
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/special/mike_sato_canada/canadian_hotspring1.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/bbs/special/mike_sato_canada/canadian_hotspring2.htm

ゴールドマンサックスは劣った日本の原住民に文明人の温泉文化を教えようとしている訳だ.


69 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2007/03/12(月) 14:13:16 ID:FqaTh0vX
 国家公務員の天下り規制をめぐって、渡辺行政改革担当大臣が打ち出した
厳しい案に反発して、一部の省庁の幹部が、省庁があっせんに関与する余地を
残した独自の案を作成していたことが明らかになりました。
 「各省の幹部の言っていることと自民党の発言はほとんど同じじゃないですか。
ということは、どこかで談合しているんじゃないですか」(渡辺喜美 行革相、9日)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    ほらほら、与野党が陰で口裏合わせてるんじゃ
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /    ないかって行革大臣がいってるぞ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ♪ ヨトウト ヤトウモ オトモダチ 〜
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   ワッハー ワッハー ワッハッハ 〜 (・∀・ )

07.3.12 TBS「天下り規制、大臣に反発の官僚が独自案」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3513888.html

70 :名無しさん@いい湯だな:2007/03/12(月) 22:57:36 ID:KkzwGiIc
自分の娘を議員にしたがる汚職大臣の尾身財務大臣は、
天下りを廃止すると公務員のやる気がなくなるだとさ

これ以上公務員がやる気になってこういう馬鹿な規制が出てくるならば、
何もしなくて良いからずっと家で引きこもってくれと言いたくなるね。

71 :名無しさん@いい湯だな:2007/04/01(日) 04:45:53 ID:9ZNrLpMb
乱立したスレでまだ生きてるのはここだけか?
結論が出たぞ、また2年先送りだ
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000145-mai-pol

何か必死で外資陰謀説唱えてるアレな人もいたけどまあ予想通りな結果だ。
せいぜい創価さんにでも感謝するんですな。

72 :名無しさん@いい湯だな:2007/04/01(日) 11:13:15 ID:3RXFBozC

ゴールドマン・サックスの名前が出たから延期せざるを得なくなっただけさ.

73 :タミフルの被害は:2007/04/01(日) 11:25:25 ID:3RXFBozC
誰もラムズフェルドの名前を出さなかったからだ:

世界の7割のタミフルを消費する日本

厚労省は、タミフルの効用を大いに認めて、薬の認可と保健薬の指定をわずか
数カ月で出すなどという異例の対応をとってきた。タミフルによる異常行動死の問題は、2年前の05年11月から学会では報告されていた。
その頃から、一部の医療関係者からその因果関係を強く疑う意見が公にされていたのに、
厚労省はその因果関係をずっと否定しつづけてきた。

日本政府とラムズフェルド元国防長官のタミフル利権疑惑

カリフォルニア州に本拠を構えるバイオテック企業ギリアド社は、インフルエンザ
治療薬として現在世界中から注目されている『タミフル』の特許を所有している。

 1997年からブッシュ政権入閣までの2001年の間、ラムズフェルド国防長官は
ギリアド社の会長を務めており、現在でも同社の株を保有しているが、その評価額
は500万ドルから2,500万ドルの間であることが、ラムズフェルド氏自身による
連邦資産公開申告書で明らかになった。

 申告書ではラムズフェルド氏が所有する株数の詳細は明らかになっていないが、
過去6ヶ月間における鳥インフルエンザ大流行の懸念とタミフル争奪戦の予測により、
ギリアド社の株価は35ドルから47ドルに急騰。これにより、すでにブッシュ政権内
で最高額の資産を持つ国防長官は、少なくとも100万ドル以上資産を増やしたことになる。

 スイスの医薬品大手ロシェ社が製造販売しているタミフル(ギリアド社は販売額
の10%のロイヤリティーを受け取っている)で利益を得た政界有力者は
ラムズフェルドだけではない。 ジョージ・シュルツ元国務長官はギリアド社役員
として、2005年度に入ってから同社の株700万ドル分を売却している。
http://www.asyura2.com/0601/health12/msg/527.html
http://www.asyura2.com/0601/health12/msg/588.html

74 :タミフルの被害は:2007/04/01(日) 11:39:31 ID:3RXFBozC
タミフルはスイスのロシュ社が製造・販売しているが、開発したのは米ギリアド・
サイエンシズ社で、多額の特許料を得ている。そしてCNNテレビが05年10月、
こう報じているだ。「ラムズフェルド(前)国防長官はギリアド社の元会長で
大株主。インフルエンザ流行によるタミフル争奪戦で同社の株価が上昇し、
少なくとも100万ドル以上の資産を増やしたことになる」

 タミフルが日本で承認されたのは2000年。ラムズフェルド前長官がギリアド社
の会長をやめていたのは1997年から2001年。時期もピタリと符合する。

 「それでなくても、米、奥は毎年日本に突きつけてくる『年次改革要望省』で、
医療市場の開放を迫り続けてきました。米国の製薬業界と共和党は深く結びついてきたのです」
日本政府はタミフル備蓄のために多額の税金を投入。日本のシェアは8割だ。

総合すると、以下の仮説、推論が成り立つ可能性が高いのではないか。

・日本政府はブッシュ政権からタミフルの備蓄を要請されたこと、

・その背景に鳥インフルエンザなど、新型インフルエンザの恐怖をことさら米国や
日本政府が煽ったこと、

・それらを背景に政府主要の指示を受け厚生労働省がタミフル備蓄の先兵となって
税金を使い巨額のタミフル備蓄に走ったこと、


いずれにしても、結果的に日本政府(厚生労働省)は米国からの要請にそって備蓄
は行ったが、タミフルが有する各種副作用、とりわけ服用後の異常行動について
まともな情報を有していないという、信じられないお粗末な実態が明らかになった。

巨大な備蓄をしている国(厚生労働省)が、50数件に及ぶタミフル服用による
死亡の原因、とくに異常行動との関連性について知らぬ存ぜぬはありえない。

75 :名無しさん@いい湯だな:2007/04/02(月) 09:50:59 ID:vrFzMrlo
ともかく天下りは獄門磔の罪に値するな

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)