5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

▲植村直己さんを思い出すスレッド▲

1 : :01/08/29 20:39 ID:9Ds1H01U
昔の家が板橋だったんで、公子さんの実家も近かったよ。
植村さんの本は、引っ越すたびに紛失しちゃったけど
そのたび何度も購入して、今では保存版として楽しんでます。
何度読んでも感動と憧れと夢を書き立ててくれますよね。
6500円もする写真集も買っちゃった。

植村さんの思い出をみんなで綴ろうよ。

2 : :01/08/29 21:03 ID:OOKgJTHs
なんだよ!誰も書いてくれないのかよ!
山好きじゃなくても子供には是非読ませたい本だと思うぞ!
読んだことのない人は注文してでも読んでみてよ!!

3 :底名無し沼さん:01/08/29 21:08 ID:/W31nTnI
>>2
うぜえ。氏ね。

4 :底名無し沼さん:01/08/29 23:36 ID:bOyHg6ss
過去スレ探せや。
2chが大変な時期に無駄スレ立てるな。
馬鹿。

5 :パイレーツ:01/08/29 23:40 ID:UIXm41cU
無駄スレとは思わんが・・・植村さん、知ってるのか?
「思い出」って何なんだ!!!???
知らない人の思い出なんて語れないっちゅうの!

6 :底名無し沼さん:01/08/30 00:18 ID:Ck8ISHsM
ここで語って下さい。
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=watch&key=995457024&ls=100
板は違えどもオッケーです。

7 :サウスコルで:01/08/31 00:50 ID:d3.bmBJM
オナーニしたってほんとなの?

8 :低くとも味ある山:01/09/29 18:51
 嬉しかったこと、ブックOFFで青春を山に賭けてを100円でゲットして
家に帰って見たら、サイン本であった事。
 悲しかったこと、こんな本手放す人がいること、
すなわち忘れ去られ過去の人になって行くこと、
 悔しかったこと、死んでしまったら、あんなに褒め称えていた本カツが批判本なんか出して
金儲けをしたこと

9 :底名無し沼さん:01/10/02 05:45
日本人で最初にエベレスト登った人だっけ?

10 :安楽椅子登山家:01/10/02 09:49
>>8
私も BOOKOFFで 100円でゲットしたある人の本が
サイン本だったんだけど
植村さんと比べると はずかしいから言わない(w

でも本多さんの批判本ってどれのこと ?
『植村直己の冒険』のこと ?

11 :底名無し沼しゃん:01/10/05 04:18
>>8
ほめてもいたけど、
結構きついこともいってたぞ。

12 :底名無し沼さん:01/10/05 04:28
  植村直己ってある意味社会不適応者だったんではないんだろうか?結果として偉業を成し遂げたわけだけど、本人も本の中で
「自分はサラリーマンをできる人間じゃない」みたいなこと言ってるしさ。外見とか体の小ささにコンプレックスもってたみたいだし。
登山と出会えてなかったら、今で言うところのヒキーになってたかもしれんし。偉業もほとんど単独行きなのがそれを物語ってるよ。

13 :底名無し沼さん:01/10/12 17:57
てゆーか有名な冒険家や探検家、登山家ってのは全体的に単独派だろ。

14 :底名無し沼さん:01/12/12 16:23
たしかに冒険家って社会に適応できない人が多いと思う。
でもそれでヒッキーになってるんじゃなくて、
冒険で社会に認めらてたんだからすばらしいと思うよ。

15 :ひこじい:01/12/13 00:01
マッキンリーに行くのを奥さんが笑顔で見送るのを見ると
悼たまれない。罪な男だ。
「むすめさん、よく聞ーけよ、山男にゃ惚れるなよ〜♪」

16 :Xスナー:01/12/13 00:43
生植村と遊んでた人に会って話聞いたことあるけど、どんくさい人だって
言ってたな。ゲームやって罰ゲームやるのはいつも植村さんだって。
体力だけはめちゃくちゃあったみたいだけどね。モンブランとかは
シャモニから交通機関は全く使わず余裕で日帰りだってさ。
標高差4000m近いんじゃないかな。モンブラン4808m、シャモニ1000m位。

17 :底名無し沼さん:01/12/13 00:51
この人の遺伝子は残ってるの?

18 :底名無し沼さん :01/12/20 19:58
age

19 :底名無し沼さん:01/12/20 21:47
アフリカに遺伝子残ってたら最強のクライマーが生まれてそうだけど・・

20 :底名無し沼さん :01/12/21 02:07
>>19
余談だけど昔、TVの取材で「いかりや長介」がアフリカのある部族を
訪ねたとき、村長からマジで遺伝子を残して行ってくれと頼まれていた。

21 :底名無し沼さん :02/01/24 01:31
そのとき結局、長さんは村長のたっての頼みを
受諾しなかったんだよね。
血を混ぜたピンク色の牛乳も飲まされていたね。

22 :底名無し沼さん :02/01/25 01:11
いかりや長介が、訪ねたというその部族は
くちびるに穴をあけ皿状の円盤をはめこむ
あの部族か?

23 :底名無し沼さん:02/01/25 01:13
正井族

24 :底名無し沼さん:02/01/25 03:23
みんなちゃんと本読んでるのか?
知らなすぎるぞ・・本じゃぁ何も分からないが


25 :_:02/02/03 05:02
本しか読んでないけど
偉業を成し遂げた日本人として
すごい人だと思います。
でも若いひとたちにはもう過去の
全く知らない人になっているのですね


26 :底名無し沼さん:02/02/03 18:35
植村氏を批判していた本かつはリクルートの接待を受けていたのに
岩瀬氏に暴かれたら逆上して泥沼の訴訟劇を演じて、
グーの根も出ない領収書が出て来たってうわさの真相の今月号に載っていた。
どうもその領収書の存在を本かつ側が隠していたらしい。
偉そうに植村氏を批判して老醜を晒しながら生き長らえている奴こそ逝ってよし。

27 :底名無し沼さん:02/02/12 00:54
植村直己生誕記念あげ。
マッキンリーで消息絶ったのが明日でしたっけね?

28 :中台:02/02/12 02:35
植村氏って国民栄誉賞を貰ってるんでしたっけ?
彼の認知度は世界ではどのくらいなんだろう。
まさか野口健や石川直樹より低いとか。

29 :底名無し沼さん:02/02/12 02:43
>>28
1979年2月にイギリスの「バラー・イン・スポーツ賞」を受賞。
1984年の国民栄誉賞は後付。
世界的な冒険家として圧倒的に認知度高いです。
野口健なんかは、まだ国際的には誰も知らない・・・。


30 :中台:02/02/12 03:43
>>29
ありがとうございました。
貰ってましたか。
やっぱり認知度は高いんですね。
生きていたら、まだ冒険はしていただろうか。
だとしたら遅かれ早かれ、冒険中に死んでただろうと思う。
畳の上では死ぬことはないタイプだと思う。
ましてや老衰というのもなかったろう。

31 :底名無し沼さん:02/02/17 11:48
本多勝一は、別に植村直己を全否定はしていないと思うけど。たしかにきついことも言っているけど(本人との対談でも言っているので、別に陰でコソコソ言っているわけではない)、「植村直己の冒険を考える」だって、基本線は肯定的だと私は思う。
ところで、人づてに聞いたのでどこまで本当か分からないけど、デナリで遭難した後、雪洞で発見された装備一式から逆算していくと、植村直己はどうやらほとんどパンツ一丁に近い状態で雪洞を飛び出したらしいね。

32 :底名無し沼さん:02/02/17 21:21
植村直己式冒険の「これまで」と「これから」−植村直己氏との対談−
本多勝一 告白いたしますと、こんどお会いするまで植村さんの本を読んでい
なかったのですよ。それでこの4〜5日の間に一気に全部読んだ次第なんです。
植村 あ、そうですか。
本多 最初はですね、一種偏見を持っておりまして(笑)。特にグリーンランド
縦断のとき前段階でやった北極点到達の方ですね。これをまあ批判的に見てい
たのです。(中略)読むうちに私の偏見は変化しましたね。いや、北極点行きに
ついての批判そのものは変わりませんが、植村さんという「人間」についての
見方が変わった。非常に感心しました。やはりこれは大変な人物だと。
植村 いいえ、とんでもない。
本多 とくに「青春を山にかけて」がすごい。こんな面白い本は近頃読んだ中
では珍しいことです。(以下略)

5人の冒険者を考える(「植村直己の冒険を考える」所蔵)
まず5人の冒険者の名を50音順にあげよう
石川文洋 植村直己 斉藤実 堀江健一 三浦雄一郎
この5人は、だいたい40代から50代はじめの日本人で、私自身が直接会って
知っているか、あるいは古い友人たちである。(ただし三浦氏には本書の編集に
際してインタビューしたのが直接話す最初であった。)(中略)いずれも各分野で
文字通り命を賭けて仕事をしてきた人々である。
(中略)植村の冒険の新鮮さは、「冬期としては初めて」とか「単独では初め
て」といった「より厳しい条件下での行動」にある。社会的意味をそこに求め
るとすれば、人類史上の記録的意味ではなくて、個人としての人間がどこまで
困難にうちかつことができるか限界を試みた点にある。
(中略)
植村の名を子供たちにまで有名にしたのは、北極点への犬ぞりによる単独到達
であった。しかしながらこの冒険は、実は過去の植村の冒険の中で、その意味
の最も低い、ダメな行為であった。なぜか(中略)
植村は、確かに単独で到達した。だが、飛行機で4回も補給され、それも食糧だ
けならまだしも犬やテントや、はては犬ぞりまでも空からとどけられる。つい
には後半の帰路を犬ぞりさえ使わず飛行機でさっさと引き上げた。これはもう、
試験ならカンニングであり、映画のためにロケをやっただけのようなものだ。
(中略)
植村直己は、誰からも悪くいわれない人柄のよさで定評があった。謙虚で、お
ごらず、いつも先人をたて、恩を忘れず、せわになった分は必ず返した。一方、
北極点単独到達のような計画は、1人で準備するには金がかかりすぎる。とうと
う「電通」が中心になって募金した。(中略)
このように無数の個人や会社から恩義を受けると、その「社会的責任」の圧力
に耐えきれず、たとえ不可能な壁にぶつかっても引き返せなくなる。あくまで
個人の力の範囲でやっていれば無理しなくてもすむのに、とくに人柄の素直な
植村には、とても「失敗しました」では帰れない。となると、無理して遭難か、
でなければカンニングかという苦しい立場に追い込まれる。
(中略)
植村の冒険を評価するとき、北極のようなカンニングの部分にだまされてはな
らない。それより以前の、人類史上は無意味でも個人への困難への挑戦として
の冒険をこそ高く評価しよう。(中略)
しかし(冒険を巡る日本の社会的反応が)「多少」とも進化したとすれば、それ
は植村などこの5人の冒険者たちをはじめ、勇気ある「無名だった冒険者たち」
が大きく貢献した結果に違いない。

33 :_:02/02/18 08:11
>>31
遭難後の展示会で遺品を見かけたけど
そうは思わんかったが・・

34 :31=33:02/02/18 22:31
>33
そうなのか。私は人づての人づてに話を聞いたので、伝言ゲーム状態の可能性
もあると思われ

私、本多勝一の植村評がとてもよく分かるのは、中学生時代に植村直己の本を
次々と読んで、「青春を山に賭けて」と「北極圏12000キロ」「極北にかける」
はとっても面白かったんだけど、「北極点グリーンランド単独行」は、読んで
いてそんなに面白くなかったことは覚えているんだよね。
一つには、植村さんの本はいろんな人との関わりの話(特に「北極圏12000キロ」
でのエスキモーとの様々な交流)がすごく魅力的だったんだけど、「北極点グ
リーンランド単独行」は何せ舞台が人里ではないから、そういう交流があまり
出てこなかったことが大きな理由だとは思うんだけど・・・・・

35 :31=32:02/02/18 22:32
31=33ではない、31=32でした

36 :底名無し沼さん:02/05/07 17:12
age

37 :底名無し沼さん:02/05/07 18:36
>>1
俺が幼少の頃に氏んだ人なんて思い出せません。

38 :底名無し沼さん:02/05/07 19:12
別に容量の小さい頭から無理して思い出さなくてもいいんだヨ。(藁


39 :底名無し沼さん:02/05/07 19:33
嫁サンが植村氏と同郷(兵庫県日高町)、植村氏の実家から歩いて5分ぐらいのとこ。
植村氏の実家にはグリーンランドから連れてきた犬の子孫が今も飼われている。
たまたま5日、6日に帰郷した際、植村直巳冒険館に逝ってきた。
ここは植村氏の遺品が数百点も展示してあり、なかなか興味深かった。
本は色々読んでたけど、実際の装備や、映像を色々見て感慨も新ただった。
結婚後10年以上立つし、以前は嫁サンの叔父さんが 冒険館の館長もやってたのに
なぜか今回初めてでした。
神鍋スキー場の近くなので、関西の方、スキーのついででもぜひ一度どうぞ。


40 :底名無し沼さん:02/05/08 09:39
去年冒険館行ってきたけど結構狭かったな。飲食場が無いから途中腹減り過ぎてダウン。
来年春には改築されてカフェスペースや展示場、展示物がもっと増えるらしいから楽しみ。
そういえば植村家に白い犬が繋がれてたけどあれが子孫だったのかな?
墓石も見てきたけど生家近くにも資料館があるのは気づかなかった。

41 :底名無し沼さん:02/05/08 11:51
植村氏のお墓・・・日本一周の途中で寄ったっけな。彼の著書ににじみ出る氏の人柄が大好きです。
私の亡き父が遠洋漁船の通信長で、南極付近を航行中に植村氏が無線で何度もコールしてるのに、誰も出ないから気の毒になって応答してしばらく談笑したと話してくれた時からのファンです。

42 :底名無し沼さん:02/05/08 14:58
>>41
日本一周!? いいなぁ。
俺も機会さえあれば徒歩一周とか是非やってみたいんだけど
去年は単位取得、今年は卒研&就職活動と時間が全然取れないや。

植村さんにはやっぱり惹かれるなぁ。日本人として一番魅力的で尊敬できる存在。
そういや植村さんの存在を知りたての高校時代に「絶対一度は会ってみせるぞ!」と意気込んでて
実は既に亡くなってると知ってかなり落ち込んだことがあったっけ。

43 :底名無し沼さん:02/05/08 18:29
>>41
日本一周裏山しい。俺も嫁さん子供捨てて旅に出たくなること有るよ。
植村さんは南極横断3000キロを実感するために
ふと思いついて日本縦断3000キロ歩いたそうだ。
ふと思いついて3000キロ歩くなよ〜

44 :◆S4SJARMY :02/05/08 18:34
>>39
子供の頃よく行ったよ。
かまきりの卵十数個をポリ袋に入れて持ち帰った。

45 :底名無し沼さん:02/05/08 20:07
植村直己さんが、毎日新聞のTVCMに出てたのを思い出す。
犬ゾリに乗ったイラスト、最後のほうで数秒間笑顔の本人が出てくる。
何て言ってたっけかな。


46 :41:02/05/08 20:20
>>41
今年の夏、妻も子もさておいて1週間強の旅に出ます。私、個人事業者ですし、この不況で暇だから可能なのですがね。
かつて完遂した「日本一周」は原チャリですが、忘れがたい思い出です。今、酒に酔ってるから言っちゃいますが、何年か前のバイク雑誌に「ツーレポ」として4ページにわたって掲載されました。
その道中で読んだ植村氏の著書「冒険」は生涯想い続ける心の書となりました。あんな男になりたい!て、いつも思ってます。

47 :41:02/05/08 20:25
↑間違えました、>>43でした。

48 :41:02/05/08 20:31
>>42
私も、学生時代に東京のホームレスをやっておきたかった・・・と後悔してるよ。

49 :底名無し沼さん:02/05/08 20:42
俺が幼少の頃に植村さんは亡くなってるからリアルタイムで植村さんを見てきた人達が羨ましい。
初めて「冒険」を読んでからここ数年で10数冊は植村さんの本読んできたけど
どうしても「小説や物語上の登場人物」感が拭い切れてない。実感がないというか何というか。
だから冒険館の映像で初めて動いたりしゃべったりしてる植村さんを見た時はすごく感激したよ。
でもやっぱり生で見たりしてみたかったなぁ。

50 :41:02/05/08 20:47
ニュースステーションで生中継映像を見たのが最後だったなぁ。その後は訃報のニュース速報だった。

51 :底名無し沼さん:02/05/08 20:57
合奏曲「風をきって」ってすごく良いね。小学校の演奏曲目の中で一番好きだった。
昔は何も知らずに聴き惚れてたけどまさか植村さんをイメージして作曲されたものだったとは。

52 :底名無し沼さん:02/05/09 07:31
本勝が植村さんの冒険を企業囲いで、謙虚さを忘れたカンニングの冒険だと批判するけど、
そのような批判は、自ら、カンニングしない人格であってこそ成り立つ。
ジャーナリストとして世間に著作で警鐘を鳴らすべき者が、総会屋かごろつき宜しく、
問題企業から便宜を受けることは、カンニングなんてものでないよ。
当時の朝日のリクルートタタキはそういう潔癖性の上で成り立っていたんだろう。
別に未公開株を買うこと自体は合法的だ。
公開後ほとんど必ず上がることが利益供与であって、
リクルートという会社が意味無く他人に利益を与えるはずがないという理屈の上に成り立っている疑惑。
安比接待事件だって、他人が訳もなく飯をおごってくれるはずがないことぐらいいい年したおっさんが判らないはずがない。
まして、ジャーナリストとして自負を持つ男だ。
社会に警鐘を鳴らして飯食っている男だ。
本カツは老醜をさらしただけでなく、今までの批判著作自体を裏切ったのだ。
こういう奴にはこう云っておく。
オマエモナ。


53 :底名無し沼さん:02/05/09 15:00
>>49
高校の頃山岳部でしたが、飛行機のサポートを受け
新聞社や出版社とタイアップの冒険なんか… と
少しナナメに見ておりました。
その頃の漏れのヒーローはXスナーや長谷川など
バリバリのクライマーたち。
その後ずいぶん立ってから「青春を山に賭けて」を読み
彼の純粋さと想いの強さ、そして大きさに頭がクラクラした。
それにしても身長162cm、体重57kgか。。。

54 :底名無し沼さん:02/05/09 23:42
内外共に典型的な日本人だった

55 :底名無し沼さん:02/05/10 04:31
>>41
植村氏の墓ってどこにあるのですか?ヒントだけでも教えて下さい。
私も昔バイクで日本1周しました。完全ではないけど。
>>53
私の体格に近いです。164cm60kg


56 ::02/05/10 05:08
>>50
ニュースステーションはじまったのは1985年だから
ニューススクランブルじゃないか?

57 :50:02/05/10 06:17
そうだったかも・・・スマソ
久米宏氏の顔が頭をよぎったので・・・

58 :41:02/05/10 07:11
>>55
兵庫県日高町の氏の生家近くにあるよ。東京都板橋区の乗運寺にもあるらしい。

59 :古田亜未 ◆HIROPINk :02/05/10 07:29
まるに十字

60 :55:02/05/10 20:10
>>58
有難うございます。板橋は家から近いけど、兵庫は遠いので頭の片隅にでも
記憶させときます。

61 :底名無し沼さん:02/05/12 09:35
冒険館に5年位前に行ったんだけど、植村さんが背負ったのと同じ重量の
ザックがおいてあった。来館者も試せるようになっている。
さっそく背負ってみたら無茶苦茶に重い。確か40kgくらいだったと思うけど、
ザックがちゃちで荷重が全部肩にかかるから重いというより背中が痛い。

植村さんは本当にあんなもの背負ってたんだろうか。
同じ重量にしてももうちょっとマシなザックだったんだろうか。


62 :底名無し沼さん:02/05/17 10:15
>>61
俺も試したことある。
身長185cm70kgで結構体格良い方だけどかなりキツかった。
自分が貧弱なだけかもしれないけどなかなか重心がとれずにちょっと動くとフラフラ。
それを162pの植村さんが、しかも明大時代は60kgも背負ってたというのだから凄い。

63 :底名無し沼さん:02/05/17 10:37
>>61
山屋の先輩なんかに聞くと、一昔前はキスリングで40kgというのは当たり前だったらしい。
今ほど軽量で優れた道具や衣類なんかないし、食料も今ほどフリーズドライが発達してなかったし。
ホエーブスにポリタン燃料、ペミカンと生米、テントもクソ重たい帆布製とか。
ザックも、アタックが発達したのって、ここ20年ぐらいのことらしい。

64 :底名無し沼さん:02/05/17 19:18
 まあ普通の体力の奴じゃ40キロのキスリング背負って山道1時間もあるけないんじゃない?
60キロなんていったらまず無理(というかまともに歩けない)。
鍋割山荘の主人なんて小屋まで一回70〜80キロは担ぎあげるっていうじゃない。
最高で110キロくらい担ぎ上げたらしいし。化け物だよ。
そこらへんの体力自慢のスポーツ選手連れてきたってそんなことできないよ。

 

65 :底名無し沼さん:02/05/18 05:15
植村さんも、加藤文太郎と同じ兵庫県だったのか。
六甲山で鍛えたりしたのですか?

66 :底名無し沼さん:02/05/18 06:08
>>65
植村さんは、山を始めたのは大学に入ってからじゃなかったかね。
何冊かの本と何本かの映画を見たけどうろ覚えで詳しいことは忘れた。
子供の頃、子供向けの本で英雄として書いてあったのを読んだから
英雄のイメージが残ってるんだけど、その後映像や本を読んで、
英雄というよりは人間として味わいがある人だと思うようになった。
北極横断は記録としては正直いかさまだと思うけど、それでも面白い。
でも、登山や冒険でいかさまか本物かをどのラインで区切るかは
わからないね。無酸素じゃなけりゃいかさま、とか言ってチョモランマ
上った人もいるけど、酸素以外はよくできた装備を使ってるんだし。

67 :底名無し沼さん:02/05/18 10:46
でも世界放浪してる時は全て自分の稼ぎで冒険決行ってわけじゃなかったんだな。
何度も日本の実家から送金してもらってたらしい。まぁそうでなきゃあれだけ行動できないけど。

68 :底名無し沼さん:02/05/18 10:53
>>66
もう植村さんの冒険の後半は殆ど探検みたいなものだったな。
エベレスト行く時も学術班を連れたり北極圏行く時も氷の状態や気温測定の記録をつけたり。

69 :底名無し沼さん:02/05/22 13:13
age

70 :底名無し沼さん:02/07/02 00:00
a

71 :底名無し沼さん:02/07/02 00:09
「冬山講習会」で初めて12月の冨士に行った時、夜になり寒い寒いと言っていると、
佐藤小屋の佐○木さんにこんな話しをされた。
植村さんが以前、小屋の料金を払って、結局中では泊まらず、外のベンチにシュラフ1枚で寝たと。
何でも、実験主義の人だったんだな〜と、感心しました。

72 :底名無し沼さん:02/07/02 23:09
下赤塚(板橋区)の氏のお墓行ったけど小さかったなあ。
名刺がいっぱい刺してあった。

氏の生前に講演会があり本にサインして頂きました。
「私の本なんか買って頂いてすいませんねぇ」
みたいなこと言われた。なんて謙虚な方なんだろうと思いました。

73 :71:02/07/03 07:52
>>71
シュラフ無しでした。
植村さんは、外のベンチでウェアのみで寝たのです。

74 :古田亜未 ◆HIROPINk :02/07/03 07:57
金だしてもらって、遊んでたヒトでしょう
羨ましいな!!

75 :底名無し沼さん:02/07/05 11:04
植村さんは漏れの最終目標れす。

76 :底名無し沼さん:02/07/05 11:20
植村は宗教なのか?

77 :底名無し沼さん:02/07/05 13:03
植村さんは五大陸最高峰の土を持ち帰り、
それを粘土と合わせてぐい呑みを作って
お世話になった方々にお配りしていました。



78 :底名無し沼さん:02/07/06 21:53
「消息を絶った」という事ですけど、具体的にはどういう事なんですか?それっきり行方不明って事ですか?20年も。身体はどうなってしまったんでしょう?

79 :古田亜未  ◆HIROPINk :02/07/06 22:00
凍結してるんじゃないでしょうか

80 :ルナパパ:02/07/14 06:07
氷河のなかで、木乃伊になってる罠。

81 :底名無し沼さん:02/07/25 12:09
            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  ヘヽ
         i   _,ァ---‐一  リ}
          |   /   -‐   '''ー . {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' ! 
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\


82 :底名無し沼さん:02/08/04 00:40
a

83 :底名無し沼さん:02/08/08 01:44
>>65
植村さんは兵庫でも北部の出身だから六甲山とは縁がない。
ちなみに加藤文太郎さんも北部の出身で、2人は但馬(兵庫県北部)を代表する英雄として尊敬されてるよ。

84 :底名無し沼さん:02/08/08 12:20
小学生の頃だったからかれこれ20年とちょっと前、学校へ講演に来てくれた
ことがある。握手してもらった時の手の柔らかさが意外だったのが忘れられない。

南極探検隊の永田さんもおいでになったことがある。お二人のサイン(のコピー)は
今でも部屋に飾ってます。
ブエノスアイレス日本人学校。同窓は居ないかな?

85 :底名無し沼さん:02/08/16 01:36
植村直己さんの著書でお勧めはありますか?
「どうもすみません、植村です」を読んで興味を持ちました。

86 :底名無し沼さん:02/08/16 01:38
ブックoff10軒ぐらい梯子すれば、植村関係は10冊はゲットできるよ。
バイクがあるなら即実行だね。

87 :ガンバと仲間たち:02/08/16 04:08
>>85
文春文庫の「青春を山に賭けて」は読んどかないとね。
背表紙は水色。すぐ本屋に走ろう。

88 :底名無し沼さん:02/08/16 15:08
>>1
 植ファンの皆様、よかったら一度パンパカスレに遊びにお越しください。
貴スレは、パンパカスレとの統合のほど、いかがですか?
 植、パンパカパーん

89 :85:02/08/17 01:16
>>86-87
ありがとうございますた。
とりあえず「青春を山に賭けて」を借りてみようと思います。
今は「植村直己の冒険を考える」を読んでいるんですけど、
世界のウエムラでも、賛否両論なんですね。


90 :底名無し沼さん:02/08/17 01:18
>>81
”歯並びがいい”感じをAAで表すのって、難しいですね・・・

91 :アナ・マリア:02/08/19 09:09
 板橋区の冒険館行ってきたよ。図書類は充実してたけど、植村さんの使用していた
装備品とか、もっと展示してほしい。悲しくなったよ。

92 :底名無し沼さん:02/08/19 09:14
>>91
日高町の冒険館なら装備品がいっぱい展示されてるよ。

93 :アナ・マリア:02/08/19 13:01
>92
 らしいですね。ちょっと、遠いですけど、今度是非行ってみたいと思います。


94 :アナ・マリア:02/08/20 16:50
植村さんが、マッキンリーで、凍ったカリブーの肉を食べていたのを、
自称元グリンベレーの柘植某が、批判してたね。
 柘植ごときに批判されたら、植村さんも浮かばれないよな。

95 :底名無し沼さん:02/08/20 17:19
墓を立てるのも一苦労だったみたいですね。
地元の寺の役員(住職?)からは、良く思われていなかったみたい。
傑出した人の周りには、賛否両論喧々囂々ですね。

96 :底名無し沼さん:02/08/20 23:10
>>95
植村修著「弟・植村直己」読みますたね?
この本読むまで「修」を「しゅう」だと思ってますた。

97 :1:02/08/20 23:13
「マッキンリーに死す」ってこの人の著書?
小学生の頃、親父に買ってもっらた本なんだ。
だけど、もらったのは兄貴だった・・・・涙

98 :97:02/08/20 23:25
ごめん>>97は1じゃない。
>>1さん怒らんといてや。
よく考えたらマッキンリーに死すはこの人の著書じゃないね。
だって死んだら本かけないジャン。ただの関連本だったのかな・・?
ちなみにこの人のビデオってある?
小学の頃なんとなく見た記憶が・・・・
釣り馬鹿の人が主人公だった???
ウロオボエダヨ

99 :安楽椅子登山家:02/08/20 23:31
「マッキンリーに死す」は長尾三郎氏のノンフィクションです
長尾氏は他に「エベレストに死す」「サハラに死す」を書いていて
〜死す三部作なの
でも 今は絶版でサハラ〜しか手に入りません
長尾氏は他の山岳ノンフィクションも面白いよ
お勧めの作家です

100 :底名無し沼さん:02/08/20 23:37
アンラクイストザンカさんありがとー。
今度兄貴から奪い取って読んでみるよ。

101 :底名無し沼さん:02/08/20 23:55
板橋の冒険館行って来ました。企画展は9月1日までです。
http://www.uemura-museum-tokyo.jp/
おもしろかったです。こんな所にあるなんて知らなかった。

102 :85:02/08/21 00:05
>>96
はい、読みますた(w
今は「青春を山に賭けて」読んでます。
おもろいです。

103 :底名無し沼さん:02/08/21 02:35
登山を始めて間もない頃、記念館に立ち寄ってから
一人で蘇武岳(植村直己が始めて登った山)に登った。
地形図に書いてあった林道を下っていったら、途中から廃道になってて
遭難するかと思った。

104 :底名無し沼さん:02/08/21 17:09
↑↑国土地理院の陰謀に(略

105 :底名無し沼さん:02/08/21 21:10
「植村直己と山で一泊」がマターリしてて結構好き。

106 :底名無し沼さん:02/08/22 08:26
漏れは植村直己の冒険の中では
「アマゾン川イカダ下り」が一番好きだな。

107 :底名無し沼さん:02/08/22 13:38
私は最初のマッキンレー単独登頂の話が好きです。
お尻で滑り降りたり、楽しんでいた感じが伝わってきます。

108 :アナ・マリア:02/08/22 16:14
マッキンリー(2回目)に登った頃の、植村さんの山の実力ってどうだったんだろう。
山のカンみたいなものは、鈍ってなかったのかな。
 当時、遭難の原因(遠因?)みたいに言われた、軍用ブーツってどうですか?
マッキンリーのベテランから推薦されたようだけど、日本の山にも使えるのかな。

109 :底名無し沼さん:02/08/22 16:26
その頃の軍用ブーツというとどんなやつかな?

110 :底名無し沼さん:02/08/23 22:00
植村直己冒険館って今改築中だっけ?
来春あたり完成したらまた行こうかな。

111 :底名無し沼さん:02/08/23 22:07
>>110
板橋区のやつなら、今、普通に開いていまつよ。
先日、行ってきました。
夏休みのお子さま向けに、館内スタンプラリーみたいなこともやってませた。

入館無料で、やっていけているのでつかねえ・・・。
自分はごくわずかしか募金できませんでせたが(藁

112 :底名無し沼さん:02/08/23 23:29
エベレスト登ったあと、急に「南極へ!」ってのはどうして思いついたのかな。
そのあとのメスナーにも影響を与えた冒険の考え方ですよね。
ただ、あくまでも極地=犬ゾリという考えからは脱却できなかったみたいだが。

113 :底名無し沼さん:02/08/24 08:36
>>111
板橋区のやつは遠すぎて行けないのれす・・・。
兵庫県のやつは何でもカフェテラスも作られるとかで
今から楽しみなのれす。
前回行った時は空腹と渇きに堪えかねて一時間でギブアップしますた。

114 :底名無し沼さん:02/08/26 17:30
a

115 :底名無し沼さん:02/09/01 04:43
アザラシの生肉って美味しいんでしょうか。

116 :底名無し沼さん:02/09/01 04:45
たまちゃんは食べさせません

117 :底名無し沼さん:02/09/01 04:48
星野ミチヲの「アラスカ・光と風」を読む限りでは
おいしそう。

118 :サウスナイルウイルス:02/09/01 07:25
臭いがすごいらしいよ。アザラシの肉。

119 :底名無し沼さん:02/09/01 11:59
俺はアザラシよりもマッタをご馳走になりたい。
キビヤックも結構うまそう。

120 :底名無し沼さん:02/09/01 12:13
利尻島(礼文だったかな?)行けば、食えるYO!

121 :底名無し沼さん:02/09/01 13:55
うじが湧いてる鮭の頭は強烈そうだな。

122 :底名無し沼さん:02/09/01 14:03
キビヤ・・・・食ってみてぇな。

123 :底名無し沼さん:02/09/01 23:30
山菜の天ぷらでビール。

124 :底名無し沼さん:02/09/02 16:44
植村直巳物語って見たことあるヤシいますか?
なんか激しく釣りバカのイメージが強くて植村直巳に見えないのですが。

125 :底名無し沼さん:02/09/02 16:47
漏れは西郷隆盛のイメージが強くて、釣り馬鹿がなじめん。

126 :底名無し沼さん:02/09/02 22:03
ま、西田敏行は明らかにミスキャストだな。
ホンモノはあんなにごつくないだろう。
何で西田を起用したんだか?

127 :底無し沼さん:02/09/02 22:05
高倉健にやってもらいたかったな。

128 : :02/09/02 23:03
西田、頼むから逝ってくれ。探偵ナイトスクープも西田のおかげで
糞番組になった。
 西田のどこがいいんや。

129 :底名無し沼さん:02/09/03 01:34
植村直巳物語、どうせなら実際の冒険の画像も交えて欲しかったと思わん?
途中途中実際に植村直巳が冒険してる映像を写せばもっと見応えあったろうに。
西田は釣りバカだけで結構だよ。釣りバカで既にイメージ固まりすぎてる。

130 :底名無し沼さん:02/09/03 01:51
寅さん

131 :底名無し沼さん:02/09/03 02:21
でも、釣りバカシリーズより植村物語の方が古いのでは?


132 :底名無し沼さん:02/09/03 06:18
                  __,,,,_
                /´      ̄`ヽ,
               / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
               i  /´       リ}
               |   〉.   -‐   '''ー {!
               |   |   ‐ー  くー | 
               ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
               /^^^^\.ト‐=‐ァ' !
             /      ;、 \`二´' 丿
         ⌒⌒/^^^^^^^^^^^^\-‐f´
      ⌒⌒⌒/ ,            、 \⌒⌒
        /           、     \
    ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
                    '⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
    キタ〜♪
ヽ((`Д´)ノ    ヽ( `∋´)ノ  ヽ( `ー´)ノ ヽ( `Д´)ノ
 。( (∇)      [()  )    [()  )   [()  )
  / ヽ       / ヽ     / ヽ    / \
' ̄''' ̄’'' ̄/"^^" ̄"^^ ̄ ̄'^' ̄''' ̄’'' ̄/"^^" ̄"


133 :底名無し沼さん:02/09/12 14:50
11月に北海道旅行します。
網走の北方民族博物館みてこよう。
エスキモー気分だい。

134 ::02/09/12 18:01
一年前に立てたスレッドがまだ残ってる!
植村さんがすごいのか、登山キャンプ板の進みが遅いのか。
たぶん後者だろうけど、うれしいね。

135 :底名無し沼さん:02/09/12 23:22
「極北に賭ける」が好きだなあ。
日本人からエスキモーに変身する過程が見えるようで。

136 :底名無し沼さん:02/09/12 23:41
確かに「極北に駆ける」は名著っすね。
ヤマケイ・クラシックにも、「青春を山にかけて」ではなく、「極北〜」
が入ってるのも、頷けます。

137 :底名無し沼さん :02/09/13 13:16
「極北に駆ける」の白熊に襲われるシーンが
昔、中学校の教科書にも載ってたよ。


138 :底名無し沼さん:02/09/17 15:15
板橋区の植村冒険館は9月14日から展示が新しくなっていまつね。

『直己からの手紙』
世界の果てから、日本のみなさんへ

139 :底名無し沼さん:02/09/19 13:16
植村さん・・・のぐけんを守りたまへ

140 :底名無し沼さん:02/09/23 21:05
植村関連の本って今出てたっけ?
植村修の「弟・植村直己」以来もう出てないのかな?

141 :底名無し沼さん:02/09/24 08:59
「冒険とは生きて帰る事」(本人談)
 「 ↑ なんていってたのに…、ちょっと情け無いんじゃない」
みたいな事を、マッキンリー遭難時の会見で夫人が言っていた。

深い愛情を感じたのは俺だけ?

142 :底名無し沼さん:02/09/24 13:58
著書で黒人女性やエスキモーの娘たちと交わったことが仄めかされているけれど、
もしかしたら世界のどこかに植村さんの子孫が生きているのかも知れないな。
間宮林蔵の子孫も最近見つかったようだし・・・。

>>141
公子夫人と植村さんの関係って理想だな〜。

143 :底名無し沼さん:02/09/24 20:03
「徹子の部屋」に植村直己さんが出演したときのビデオを観た方いますか?
買おうか買うまいか考え中・・・。

144 :底名無し沼さん:02/09/24 22:49
>143
その様なモノがあるんですか?

145 :143:02/09/24 23:05
ありまつよ。
相変わらず笑顔の素敵なお方でつ・・・。
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/vtrad.html

146 :底名無し沼さん:02/09/24 23:37
>145
サンクスコ!
購入汁!(w

147 :底名無し沼さん:02/09/25 00:44
>>145 DVDにならないかな(w

148 :底名無し沼さん:02/09/25 20:05
>>142
関係ないけど、翌日アタックっていうエベレスト8000mの夜、酸素マスクしたままオナーニした記述が印象的ですた。
強すぎ!!

149 :冒険家は実に「筆まめ」でした:02/09/27 02:27
板橋の植村冒険館行って来ました(8回目)
冒険先で書いた手紙(と一部の装備)が展示されてます。
手紙はびっしりと書き込んであってマメな方だと思った。

字は年代をかなり経ているせいか読みにくい。
隣に活字で書いた紙がなければ全部は読めそうにない。
公子夫人への手紙が印象に残ってる。

なお今の展示は2003年1月19日までだそうです。

150 :底名無し沼さん:02/10/03 21:16
植村冒険館行こうかなあ・・・

151 :底名無し沼さん:02/10/06 21:14
昨日日高町でグレートジャーニーの特別講演会やってたね。
行ってみたけどめちゃ良かった! ナマ関野さんすごいっす。
関野さんって意外と身体がガッシリしてて大きく見えたよ。

152 :底名無し沼さん:02/10/06 21:48
日高町といえば、今井雅之。
直己ちゃんと同様、微妙な知名度だな。

153 :サウスナイルウイルス:02/10/07 02:13
今井ちゃんも、たしか歩いて日本縦断してるよ。
自衛隊辞めた後だと思うけど。冬の北海道で気を
失ったりしたらしいよ。
同郷の植村さんに感化されて実行したんだと思う。

154 :底名無し沼さん:02/10/07 12:04
山野井泰史さんも、野口健さんも、生い立ちを読んでみると植村直己さんの名前が出てくる。

155 :底名無し沼さん:02/10/09 22:54
>>149さん、自分も植村冒険館行ってきました。
公子夫人への手紙(・∀・)イイ!! です。

植村さんがデンマーク(だったかな??)の人からセーターを貰ったため、
日本の公子さんにその人へお礼状を送ってくれるようにお願いする書簡には、
お礼の文面(主人がお世話になりまして・・・とか)まで詳細に指定してあって、ちょっと笑ってしまった。
外国人に不慣れな公子夫人を思いやってのことだろうなあ。

156 :底名無し沼さん:02/10/13 17:59
この前植村修さんを見た。

157 :底名無し沼さん:02/10/13 18:58
>>156
メイクアップアーティストですか?

158 :底名無し沼さん:02/10/18 00:17
ナオミ・・・オヒョー、アゲショ

・・・ウラヤマスィ

159 :底名無し沼さん:02/10/18 14:58
↑↑意味わかっちゃう自分が悲すぃ(←♀)

160 :底名無し沼さん:02/10/22 09:32
俺のオヒョーはカナヨ・・・。

161 :底名無し沼さん:02/10/22 16:56
誘惑されたって話とか、
小屋でカップルが夜中にみんなの横で夫婦がしてたって話は覚えてるけど
実際にやっちゃったって記述はあったかなあ?

162 :底名無し沼さん:02/10/22 21:29
>>161
まぁナンユキの黒人娘は確実かな。
でも犬橇旅の途中に立ち寄った家で「娘たちに誘われて楽しく過ごせた」とか
「今度こそエスキモー娘達の誘いに抵抗無く入っていくことが出来た」ってのは
多分やっちゃったんじゃないかと。

163 :安楽椅子登山家:02/10/22 23:03
最近 植村さんをイメージして作曲された『風をきって』を聞きました
ブリザードの中を 犬橇で突っ走って行くイメージなのかな?
なかなかいい曲で 感動しました



164 :底名無し沼さん :02/10/23 16:04
おなじみ文春文庫から植村さんの本が出ますよ。
植村さんから公子さんに宛てた手紙についての本らしいです。

165 :底名無し沼さん:02/10/25 16:33
>>164
さっそく本日買って帰りますた。

166 :底名無し沼さん:02/10/25 16:39
映画の西田敏行がやった植村直巳役の話、最初、椎名誠に来ていたそうだ。
椎名の古いエッセイ集を読んでいたら、断った話が書いてあった。

167 :底名無し沼さん:02/10/25 18:09
椎名誠のほうが見た目も物腰もしっくりくるような気がする。
どうして断ったのだろうか。

168 :底名無し沼さん:02/10/25 18:23
>>167
監督から話があって、乗り気だったがシベリア取材旅行と日程が見事に重なって、
残念ながら断ったそうだ。(文春文庫「モンパの木の下で」を参照)
もし引き受けていたら、今ごろ、肩書きは作家兼俳優となっていたんだろうね。

169 :底名無し沼さん:02/10/25 18:45
植村さんの墓のそばに落ちてる黒い石を拾って帰ってきますた。

170 :底名無し沼さん:02/10/25 18:51
植村さんの墓の上の名前の掘ってある大きな石を拾って帰ってきますた。

171 :底名無し沼さん:02/10/25 22:20
植村さんの墓を掘り上げて背中に担いで帰ってきますた。

172 :植村直巳:02/10/25 22:41
>>169-171さんの家に拾われていきますた

173 :底名無し沼さん:02/10/26 07:01
↑あんたはまだデナリにいるんだろ

174 :底名無し沼さん:02/10/26 08:07
植村冒険館で「植村直己物語」のビデオ観ようと思ったら、オサーンに先越されてた。
小さいソファにオサーンと肩寄せ合って座るのもためらわれたので、そのまま帰った。
今度TUTAYAで借りてみようっと。

175 :底名無し沼さん:02/10/29 21:18
あげ

176 :底名無し沼さん:02/10/30 13:04
徹子の部屋よかったですよ。
やさしい方だったんだろうなぁと。

177 :ちびオヒョー1:02/10/31 21:37
さあ、今日も植村さんを思い出そう。

>164
さっき入手しました。
文春「新書」です。文庫本売り場でお探しの方、新書コーナーにどうぞ。

植村直己 妻への手紙
定価750円+税

「俺のかってな遊びを許してくれ」
ビマラヤの山奥から、酷寒の北極圏から、そして世界各国から、
世紀の冒険家が生涯を誓った相手に書き送った生々しい肉声

(帯に書いてある文句です)

中身はまだ読んでいません。

178 :底名無し沼さん:02/11/01 00:52
植村さんの新刊、地元の大きな書店(2軒)で探したけど
なかったよ。文春文庫なら背表紙は水色だよね。
ああ早く読みてえ〜。

179 :底名無し沼さん:02/11/01 05:56
>>176
喋ってるときと、自分の著書と、他人が書いたこの人の印象が全〜部違う人だとオモタ。
徹子の部屋はまだ観てないけど。

180 :底名無し沼さん:02/11/01 15:55
178さんはいつまで探し続ける事になるんだろう・・・

181 :177:02/11/01 21:43
>178
いや、だから文春「文庫」じゃないって。
背表紙も白いし。

・・・・・・・・・・・・・ もしかして、ネタ?

182 :底名無し沼さん:02/11/02 04:05
文春「新書」ね。「新書」「新書」「新書」
ハイ、もう大丈夫です(w
ありがとうございました。

183 :底名無し沼さん:02/11/08 22:21
オホーツク流氷館行ってきまつ
植村さんの寒さを体感するんだい

184 :底名無し沼さん:02/11/09 00:59
>>183
流氷館行くだけじゃダメだよ。
流氷の上を歩かなきゃ(w

185 :底名無し沼さん:02/11/09 08:11
浮氷に乗って海に落ちなきゃ

186 :底名無し沼さん:02/11/09 15:07
竹の棒を腰に付けとかなきゃ

187 :底名無し沼さん:02/11/16 13:04
ベーリング海峡を歩いて横断したらギネスに載るかな?

188 :底名無し沼さん:02/11/24 12:16
植村冒険館あげ

189 :底名無し沼さん:02/11/26 09:24
職場では植村直己さんを知らない人のほうが多い。
話が通じなくてかなしいよ。

190 :底名無し沼さん:02/11/26 13:18
>>176
山岳部では誰にでも(後輩にも!)気を遣う人だったらしいですね。
こういう先輩に会ってみたかった.......

191 :底名無し沼さん:02/12/08 00:05
植村直己と山で一泊読んだので保守

192 :底名無し沼さん:02/12/11 00:45
くさスレに植村さんネタを書いたのに、誰もレス入れてくれない・・・
もう皆知らない過去の人なのかと思うとカナシ  つ_T)

193 :底名無し沼さん:02/12/11 08:07
あそこは糞スレで終わりそうな予感

194 :底名無し沼さん:02/12/16 02:39
「波乱万丈」で野口健さんが植村さんのことちょこっとだけ語ってた
マッキンリーの最後の日記も紹介されてた
肉筆じゃなかったのが残念

195 :底名無し沼さん:02/12/17 06:43
パンツの中に手を突っ込めばあったかいことを教えてくれた人

196 :底名無し沼さん:02/12/18 18:34
ウエムラ味噌食べたひ・・・

197 :177:02/12/18 22:17
わぁい、あがってる。
今、植村直己の冒険学校を読んでいます。
これ、面白いです。おすすめ。
でも、「今度たとえば冬のマッキンリーに行けるとしますね。」
などのくだりを読むとしんみりしちゃいます。

198 :底名無し沼さん :02/12/19 11:39
>>196

自分で作れるぞ。

199 :底名無し沼さん:02/12/20 10:45
>>197
冒険学校のグランドジョラス北壁の写真が神秘的でカナーリ好き。
あと74ページの北極海氷上や110ページのグリーンランド氷床上とか。
一度でいいからこういう神秘の世界の中に身をおいてみたひ・・・。

200 :底名無し沼さん:02/12/20 20:28
植村さんの写真集は高いけど(\6500)絶対に買ったほうがいいよ。
本のサイズも大きいし、極地や高地のスケールの大きさが感じられたりして
他の本の写真とはぜんぜん違うよ。

植村さんって、ライターとしてもカメラマンとしても非凡な才能の持ち主だよね。


201 :底名無し沼さん:02/12/20 20:33
奥さんはまだ習字の先生しているのかな?

202 :底774沼:02/12/21 01:14
遭難したとのニュースは、当時速報で流れたでしょうか?
1984年当時、まだ1歳…全く覚えていません。
ご存知の方、宜しくお願いします。

203 :底名無し沼さん:02/12/21 10:30
番組中にテロップが流れたというようなことは無かったと思うな
行方不明であって死んだわけじゃなかったからね
「冒険家の植村直己氏がマッキンリーに登頂したあと、連絡が途絶えています。
 東京の明治大学山岳部関係者を中心とした捜索隊が現地に向かいます」
ぐらいのことをニュース番組で伝えたと思うけど、人々の心には「植村だから・・」
「どこかにいるだろう・・」という安閑としたものがあったね
でも現地で雪洞に戻った気配がない、明治大隊が同じルートをたどっても姿を
発見できなかったと連絡してきて初めて「植村も死ぬんだ・・」とみんな思った
消息不明から現地での遭難死確定まで時間があったので、人々の植村への思いも
ゆっくりと流れていった
生前もいろいろと冒険で話題を提供していたけど、遭難してから急に国民栄誉賞
なんて与えられて、より人の心にその名が刻まれたんじゃないのかな

横に並べるのはどうかと言われるだろうが、風船おじさんと同じような感じだ
死んだのは確実だけど、日本を離れた場所で好きな冒険をして姿を消していった
あまり悲しくないんだよね 冒険家らしい最期だなぁって
間違っても遺体は見たくない 消えたままでいて欲しい そう思っている

204 :底名無し沼さん:02/12/21 13:37
前述の写真集「植村直己記念館」(文藝春秋)\7000には
マッキンリーの雪洞で発見されたフィルムも載っていますよ。
改めてみてみると、なんか他の旅での写真とは雰囲気が違うんだよね
北極でも楽しそうな植村さんが、マッキンリーでは焦燥しきった表情なんだよ。
相当大変だったんだなぁ、と感じられます。


205 :底名無し沼さん:02/12/21 15:07
もしかして初めから死ぬつもりで入山していたとか

206 :177:02/12/24 22:43
>199
僕の本(単行本)には写真無いです。(TT)
文春文庫ビジュアル版 とかいうのにはあるのかな。
本屋で探したけれど見つからなかったので今度図書
館行ってみよっと。

>200
早速アマゾンで購入しました。 ぅゎぁぃ!
500円値上がりしている模様です。
ま、いいか。これからじっくり見ます。

楽しみが増えました。ありがとさんです。

207 :底名無し沼さん:02/12/24 23:26
今号のメンズノンノで石川直樹が植村さんの冒険と著作について書いています


208 :底名無し沼さん:02/12/25 00:28
ハイキュラス

209 :底名無し沼さん:03/01/07 19:09
age

210 :雁太郎:03/01/07 19:39
ブックオフで植村さんの本を買ったらサインが入っていた!!

211 :円山川:03/01/07 20:15
実家の記念館がおすすめです。
お兄さんが案内して下さいます。
たぶん。

212 :177:03/01/07 21:05
>210
うらやますぃ。

きっと、檀那の留守中に奥さんが勝手に処分したんだよ。
当人が自ら手放すはずが無い。

夫「あれ、お前、俺の大事な本、何処やった??」
妻「あなた、またあんなに散らかして。今朝全部捨てたわよ。」
夫「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜ん」

今頃公園のブランコで一人泣いていることでしょう。
本、大事にしてね。

213 :底名無し沼さん:03/01/07 21:07
’94文芸春秋臨時増刊「植村直巳・夢と冒険」と言うのを見ている。
マッキンリーの雪洞(5200m)には、広げた銀マットとシュラフ、その上に手袋と帽子、ヤッケ上下、スパッツ、
脇にカリブー肉の入ったコッヘル、MSRストーブ、プラスコップ、スノーソー、テントシューズ、登攀用具、
フレームザック、食料の箱が整然と残されていたと言う。
彼は、そのアタックキャンプに戻って来なかったらしい。


214 :底名無し沼さん:03/01/07 21:09
↑ ’94改め’84

215 :底名無し沼さん:03/01/07 21:14
日高町にも板橋にも行きました。
日高町で放映されていた友人が語る回顧談がよかった。


216 :底名無し沼さん:03/01/07 22:10
あの人は、極地ではカリブー肉をスタンダードにしてたらしいな。
セイウチの肉とか脂身なども。

217 :底名無し沼さん:03/01/07 23:09
>>213
漏れは1978年の文芸春秋デラックス「植村直己 冒険のすべて」と
いうのを持ってるよ
もちろんまだ遭難しておらず、「植村君、これからも頑張りたまえ」という
スタンスで構成されている

218 :雁太郎:03/01/08 08:33
>>212
実は植村さんのサイン本.2冊も手に入れたのです。
一つには為書きがあります

219 :底名無し沼さん:03/01/08 08:51
>>216
南極大陸横断とか、極地での冒険のノウハウを身に付けるために
イヌイットの家に居候して一緒に生活してたんだよね。

たしか「極北に駆ける」に書かれていたと思う。

220 :山崎渉:03/01/08 20:51
(^^)

221 :177:03/01/08 23:00
>218
裁判所に行って為書きの名前に改名しるにだ。 (w

222 :底名無し沼さん:03/01/14 18:44
キビヤック食べてみたい。


223 :仙崎渉:03/01/19 12:37
今日は板橋の冒険館の企画展示「直己からの手紙」の最終日だそうな。
これから行こっと。

224 :山崎渉:03/01/22 16:15
(^^;

225 :底名無し沼さん:03/01/24 13:13
【重要】

本日(24日)夜九時から、テレビ朝日「運命のダダダダーン!」で
植村さんの特集やるよ!北極圏1万2000`の旅での犬の戦いをクローズアップした番組らしいです。
「千と千尋」なんか見ないで、植村さんを見ましょうね。


226 :底名無し沼さん:03/01/24 18:54
あげ

227 :底名無し沼さん:03/01/24 19:00
千尋みて、植村とチャプリンINスイスを録音。
チャプリンはマッカーシズムもろひっかぶり、結構辛い目に遭っている。
妻にクンニングスしたことまで非難され
アメリカの集団ヒステリーと狂気を知ることが出来るぞ。

誰か植村直己が徹子の部屋に出たときの録音テープ買いませんか?

228 :底名無し沼さん:03/01/24 19:09
>>225
見たいけど見れない・・・もう泣きたくなるYo。
これじゃ蛇の生殺しだあ。植村さんの映像がせっかく流れるのに。
あーもうなんでフジで「運命のダダダダーン!」やってくれないんだよ。
フジで放送してくれれば録画して繰り返し見れたのに・・・鬱過ぎる。
もうこうなったら「青春を山に賭けて」読みながら自棄酒飲んでフテ寝しまふ

229 :底名無し沼さん:03/01/24 19:24
どうしてみれないのか不明?
ビデオ持ってないの?
フジしかうつらないの?

230 :底名無し沼さん:03/01/24 19:29
>>229
唯一見れるテレビは家族に占領されまふ。
録画できるビデオデッキもありませぬ。
残りの部屋にあるテレビデオはフジ含めて2局しか入りませぬ。

231 :底名無し沼さん:03/01/24 21:39
それなりな番組でした・・・。
今度NHKで2時間番組作ってくれないかな。
国民栄誉賞もらった人シリーズてな感じで、「シリーズD植村直己」とか。


232 :底名無し沼さん:03/01/24 22:01
あんなに犬に愛情持ってらしたのか。でも
飢えで犬を食べたって聞いてたんだけど。

233 :底名無し沼さん:03/01/24 22:13
漏れ乗馬も趣味だけど、馬刺しも大好物。
犬好きが犬食っても不思議はないと思う。

234 :底名無し沼さん:03/01/24 23:15
世界不思議発見系のクイズ番組だったねぇ。
漏れは途中で千と千尋に負けて千尋観ちゃったよ。
でも植村さんの言動が観れてそれなりに良かったかなと。
こんどマジで植村さん特集みたいなのをNHKでやって欲しいね。

235 :あほりん:03/01/24 23:22
今仕事から帰ってきました。
225見てがぁ〜ん。

頼まれていた千尋のビデオの録画見て更にぐわぁ〜ん。
3チャンネル(教育テレビ)録画していた!!

鬱だ(以下略)

236 :底名無し沼さん:03/01/24 23:52
千尋なんかビデオ屋逝けばいつでもみれる。
チャプリンやだだだーーーんはなかなか再放送しないぞ。
だだだーーーんは土曜日にやることあるね。
だから録画の選択は誤らないことだ。
ワイドショーなんか実に貴重な映像だ(w

237 :底名無し沼さん:03/01/24 23:55
彼が隊長として冬季エベレスト登山隊でネパールに来たとき会った。
彼らはベースキャンプの手前まであと少しという場所で、
高所順応の為キャンプを張っていた。
そこに我々が登山を終えて降りてきた。
植村さんは同じ日本人と言う事で暖かく迎えてくれ、夕飯をご馳走してくれたんだ。
貧乏登山隊だった我々には、
彼らの出してくれた食事がとっても温かく旨くて、体と心に滲みたよ。

食事の後彼自らコーヒーを入れてくれ、これからやりたい山の事とかを話し合った。
その時、他人を気遣うやさしさに触れて、凄い人だなと思った記憶がある。

残念ながらその冬季エベレスト登山では、その隊に参加していた俺の知り合いが、
ローツエフェースで滑落し亡くなった。
その彼は後発隊だったので、結局会えずじまいだった。

そんな苦い思い出と一緒に、植村さんの記憶が残ってる。

238 :235:03/01/25 02:01
>236
テレビのチェックはしていなかったっす。
今日帰ってきてはじめて「そんな番組があったのかぁ・・・」と。
千尋が録画出来なかった以上に、4チャンネルを録画じゃなくて3チャ
ンネルを録画していた自分のアホさが・・・ もうバカ、シネと・・・

>237
竹中さんのお知り合いの方でしたか。今「エベレストを越えて」を読み返
しました。彼は酸素ボンベの手配の関係で遅れてやって来たとあります。
滑落したのはほんの少しの距離。でも頭を打ってしまったみたいですね。
最期を見取った植村さんの悲しさは如何ほどだったのでしょう。
最期を看取った植村さんの悲しみは

239 :235:03/01/25 02:03
>237
おや、最後のところなんか乱れた。ま、いいか。深夜だし。

240 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

241 :底名無し沼さん:03/02/07 15:05
植村冒険館に行って来ました
http://www.uemura-museum-tokyo.jp/

思ったより(かなり)狭い展示場でしたが
最期のマッキンリー山頂の日の丸を見ることが出来、不覚にも感動してしまいました。

あと、お土産で売っているビデオ
「一人ぼっちの英雄 植村直己」
「これが北極圏の旅だ」
を買っちゃいました。
どちらも出来の良いビデオで、買って大満足。
通販でも取り扱っているようなので、是非購入してください。

もう少しお金があればロゴ入りのビクトリノックスのアーミーナイフ(w)
買いたかったけど、断念しました。


242 :底名無し沼さん:03/02/07 22:35
NHKでエベレスト登頂の映像流れたね

243 :底名無し沼さん:03/02/11 18:26
また植村さんの誕生日がやって来ますね。
週末、植村さんを偲んで山に行きたいな。
雲取にでもいこかな。

244 :底名無し沼さん:03/02/11 18:29
>>243
植村さんを偲ぶならマッキンリーへどうぞ。

245 :デンパ猿:03/02/12 01:10
今日の「徹子の部屋」
ゲストは植村公子さんです。ビデオ予約するべし。

246 :底名無し沼さん:03/02/12 13:59
あー、いい番組だった。満足満足。



247 :底名無し沼さん:03/02/12 15:21
しまった。朝のチェック怠ってしまった。
あれcsの朝日ニュースターで再放送するかな?

248 :底名無し沼さん:03/02/12 23:23
公子さんはでなくていいんじゃないか。

249 :底名無し沼さん:03/02/14 22:56
>248
俺はそうは思わなかったよ。
植村さんの遭難当時気丈に振る舞っていた公子さんを思い返し、
19年の月日の長さを感じた。
何より昨年文春新書を読んで、植村さんにとって公子さんがいかに
かけがえのない存在だったかが分かったし、その公子さんが今も
元気にしているのが分かって嬉しかった。
25年前の植村さん出演時のビデオも流してくれたし、
いやぁ、246さん、満足でしたな。245さんに感謝。

250 :249:03/02/14 23:14
250げっと

へっへっへ・・・
徹子の部屋の番組SVCDにしちゃった。

251 :底名無し沼さん:03/02/15 01:02
そいつとおいらの25年前の本人出演vcd交換しませんか?


252 :底名無し沼さん:03/02/15 02:47
良かったです。

253 :底名無し沼さん:03/02/15 03:13
植村直己さんと一緒の日高町出身です。
小学生時代はなんでも植村直己の母校と謳う学校に
それしかないのか!!と嫌気がさしていたが、結構すごい人なんですね。
ははは・・・一応植村直己記念館も、生家の近くの墓も記念館も
行ったことはあるけどあまり記憶がない。墓が山のカタチだったような?

ここを読んで少し興味がでてきました。図書館に読みに行きます。ありますよね?

254 :底名無し沼さん:03/02/15 04:05
彼は南極行きたかったんだろうな。
昨日白瀬の南極探検見て植村を思いだしたよ。
南極行く香具師あまり見ないけど、南極は難局なのか?
許可とか必要なのか?

255 :デンパ猿:03/02/15 04:32
植村さんが犬ぞりで南極大陸横断に挑戦したとしたら
楽勝だっただろうね。
かえすがえすもフォークランド紛争がなかったらなあと思うよ。

256 :底名無し沼さん:03/02/15 05:56
極東板最大プロジェクト

党結成準備HP:http://members.tripod.co.jp/WGIP/index.html


257 :249:03/02/15 23:24
>251
後半一部音ズレがあって、ちょっと鬱なのさ。
何度か修正を試みているがうまくいかん。
それで良ければウィニでもエムエクスでもムニャムニャ・・・

>255
フォークランド紛争が無かったら厳冬期のマッキンリー
も無かったかもね・・・

258 :249:03/02/16 22:12
天気が悪かったので音ズレを修正しました。
ウィニで・・・・ごにょごにょ
徹子の部屋-植村公子.zip

259 :249:03/02/16 22:20
お、早速誰かが・・

260 :249:03/02/18 18:23
誰の書き込みも無いし、そろそろ切断します。

261 :249:03/02/18 20:34
終了しました。
誰も何も言わないが。

262 :249:03/02/18 22:33
251さんは見れたのだろうか・・・

263 :底名無し沼さん:03/02/18 22:38
悪いんだが教えてくれ
植村さん死んだとき借金が1500万あったって本当か?

264 :底名無し沼さん:03/02/20 00:27
>>259-261
ギャース、また機会があったらうpしてください
見られなかったよ・・・・゜・(ノД`)・゜・。

265 :底名無し沼さん:03/02/20 02:41
すまん。
文明の利器を習熟していなかった。
ホットメールぐらいで郵送かと思ったけど、
なんかいいソフトがあるんですね。
なんか設定が難しそうで、、、、

266 :249:03/02/21 01:08
ほなまた何か方法考えますわ。

267 :底名無し沼さん:03/02/23 15:16
こないだ植村直己賞もらった夫妻の方って
手の指もほとんどないそうだね。
そこまでして登山にかきたてるのは。

268 :底名無し沼さん:03/02/23 17:00
でも、ガチガチの壁登攀の山野井夫妻が植村賞ってのもなんか変なような・・・
本人はグランドジョラスで壁嫌いになったらしいし。

269 :底名無し沼さん:03/02/23 18:52
同じこと、二番煎じしてるヤシを表彰したってしょうがないんだから
精神として新しいことに挑戦してるってのが重要なんでしょ

270 :底名無し沼さん:03/02/24 12:57
前年に北極で凍死した愛媛県出身の河野兵市氏も
生きてればいずれ植村直己冒険賞を受賞してただろうな。

271 :デンパ猿:03/02/24 23:18
植村さんも河野さんも、それぞれマッキンリー、北極入りしたときは
42歳で現地で43歳の誕生日迎えたとたんアボーン。
やっぱり43歳は厄年だけあるね。

272 :デンパ猿:03/02/24 23:22
写真家の星野道夫氏がカムチャツカで取材中に
熊に襲われ亡くなったのも43歳。

273 :デンパ猿:03/02/24 23:24
登山家の長谷川恒男氏がパキスタンのウルタルU峰を
登攀中、雪崩に遭い亡くなったのも43歳。

274 :底名無し沼さん:03/02/25 18:49
そして漏れも43歳であぼーんするであろうよ。

275 :底名無し沼さん:03/02/25 19:04
俺はその年齢頃肩をスノボでアボーンしたがまだ生きてはいるな。

276 :底名無し沼さん:03/02/28 21:11
平均年齢の高いスレだな

277 :底名無し沼さん:03/03/09 18:42
漏れは22歳でヤンス。
せめて大学入る前に「青春を山に賭けて」を読んでれば
ワンダーフォーゲル部ぐらいになら入ってただろうに。

278 :底名無し沼さん:03/03/09 21:42
40過ぎて前衛登山(古い言葉だが)やっていてばヤラレル。
でも皆、それを乗り越えようとしているわけだ。
俺達も同じ。ジジババをからかっているうちにその年になってしまった。


279 :山崎渉:03/03/13 15:08
(^^)

280 :底名無し沼さん:03/03/18 20:09
平成15年3月8日(土)〜6月22日(日)
◆写真展 たった一人の冒険

http://www.uemura-museum-tokyo.jp/34-hp.htm

281 :底名無し沼さん:03/04/06 23:12
あげ

282 :底名無し沼さん:03/04/06 23:54
植村のクレバス転落防止保険の竹竿、クラカワーの本でも、カーテンレールを使って似たようなことをやってる。
氷河ソロでは結構使われてるのか?

283 :底名無し沼さん:03/04/10 23:15
植村さんファンのMLなどあったら教えてください。
それともあんまり群れたがらない人たちが多いのかな。

284 :底名無し沼さん:03/04/13 11:22
もう忘れられそうになってるんだろか・・・

285 :底名無し沼さん:03/04/13 11:57
・・・MLになる程の情報無いと思います。ここはまぁまったり、
来年の2月に向けて保守していきましょう。

植村冒険館のホームページにあるアドベンチャー講座って何処に
案内出しているのかと思ったら、広報板橋なのね。
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/pdf/index.htm

286 :山崎渉:03/04/17 11:06
(^^)

287 :山崎渉:03/04/20 05:53
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

288 :底名無し沼さん:03/04/23 23:22
そろそろあげておかねば・・・

289 :底名無し沼さん:03/05/09 09:29


290 :なおみ:03/05/21 02:09
雄一郎君ガンガレ!

291 :山崎渉:03/05/22 01:20
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

292 :底名無し沼さん:03/05/25 22:32
三浦さんのニュースを植村さんに重ねてしまう。

293 :底名無し沼さん:03/05/27 10:13
でももうちょっと今でも知名度高いと思ってたんだけどなぁ。登山版でコレかい。
山を志すヤシなら誰もが植村直己の名を知ってると思ってたのに。
これであと10年も経ったら一体どうなってんだろう。

294 :山崎渉:03/05/28 16:18
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

295 :底名無し沼さん:03/06/02 07:13
日高にある植村記念館に行ったけど
あれって銀行の事務処理センターの付属品かよ?

296 :底名無し沼さん:03/06/08 21:43
来館者が少ないから管理を任せてるのかも。
と、行ったことはないけど言ってみる。

297 :底名無し沼さん:03/06/09 22:30
植村さんと、加藤文太郎と、重ね合わせて、いろいろ考えてしまう。
活躍した舞台、単独行に至った心情もことなれど。
スーパーサラリーマンだった加藤文太郎と、ある意味アウトローであった植村直巳と。

厳寒のなかの雪からむっくり起き上がる文太郎。
イヌイットの村に入って、最初にラジオ体操をした植村直巳。

それぞれ奇抜だけど、きっとだからこそ、試練を乗り越えたのだと思う。
すごい、すごすぎる。

298 :底名無し沼さん:03/06/27 20:01
有名な話かは わからないけど、
植村直巳は加藤文太郎にインスパイアされたそうです。

どちらも素晴らしい方だと 思っております。


299 :底名無し沼さん:03/06/28 21:54
植村直巳さんの友人、長先生。
お元気かな。

300 :底名無し沼さん:03/06/30 23:07
>280
写真展行きそびれた〜!!
写真展の前にやってた「マッキンリー特集(?)」、感動した。
最後の雪洞に残ってた装備が展示してた。
直筆の記録ノートもあったなあ。

板橋区植村冒険館、次の企画展は
平成15年7月5日(土)〜9月28日(日)
◆エベレスト・日本人初登頂 1970年日本エベレスト登山隊


301 :底名無し沼さん:03/07/03 16:28
植村直己・・・。う〜ん懐かしい。
もう亡くなって、今年で20年目なんですね。
亡くなる前の年(1983年)に、植村さんを隊長として
どっかの南の島で遺跡を発掘する(何かの財宝だったかも知んない)
という、今から考えたらわけのわかんない(TV局が企画したもの
なんだろうけれど)番組がやっていて、遺跡らしき物がなかなか見つからず
苦渋にみちた表情で、虫に刺されてかゆそうにぼりぼり身体を掻きながら
隊長としてのコメントを言っていた植村さんを見たのが、私にとって生前の
最初で最後の姿でした。
あのころ中学生になりたてで、名前が同じものだったもんだから本読んで
感化されてしまって、俺も冒険家になりてえ!とか思って、大学で探検部に
入ったりして・・・。今から考えるとハズカシイ思い出です。


302 :底名無し沼さん:03/07/03 17:02
冒険家になりたいと思っても探検部に入らない人もいるので
あなたは恥ずかしくないと思います。
行動するってすごいことでしょう。偉い!

303 :@@@@@:03/07/03 20:28
★★完全無修正のエロエロサイト★★
http://upbbs.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

 ↑ 
このサイトマジやばいです。早く見ないと消されちゃうかも・・・


304 :301:03/07/03 22:54
>302
恐縮です。

305 :底名無し沼さん:03/07/03 23:27
以前、登山系のMLで知り合ったメル友(30代男性)に、
私が植村直己さんのファンであることを伝えたら、
「俺も植村さんの登山教室に入会してます。
昔は海外を歩き回っていたようだが、
最近は彼も低山の魅力に気づいたみたいね。」
と返信がきますた。

現在進行形なのはなんでだろう・・・
どこの植村さんだろう・・・
(登山教室は確かに今もあるけれど)

306 :底名無し沼さん:03/07/03 23:33
>>305
なんかコワイヨ

307 :ちよ:03/07/03 23:33
はろ〜♪
http://kotarou.free-city.net/page002.html

308 :底名無し沼さん:03/07/04 02:32
>305
もしかして霊界系なんじゃ・・・。

309 :あなたはlo;NQD&lro;:03/07/12 04:18
それはきっと植村吾彦こ事じゃねーの?

310 :_:03/07/12 04:52
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

311 :305:03/07/12 10:38
霊界系なのかな(w
単なる知ったかぶりかと思ってた。
他の点でも気が合わなかったのでそれ以降メールはしていないけど、
「最近の植村さん」の状況を事細かに問い詰めたかった。
霊界系ならそれでいいから、イタコとなって植村さんとお話させてくだちぃ(w

植村直己さんと聞いてピンと来る人って、
うちの周りでは1人もいない・・・(20代後半)
板橋の植村冒険館はほとんど児童館と化してるし。

312 :@@@@@:03/07/12 15:15

◆◇◆◇ 海外サイトだから安心無修正 ◇◆◇◆
http://upbbs.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

 ↑ 
ココは丸見え! 今ならまだ消されてないよ。たぶん・・・

313 :_:03/07/12 15:25
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

314 :底名無し沼さん:03/07/12 17:49
画像集!
http://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html

315 :山崎 渉:03/07/15 11:33

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

316 :底名無し沼さん:03/07/27 09:53
明日1人で登るage

317 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

318 :底名無し沼さん:03/07/27 14:58
どこに??

319 :316:03/08/02 23:43

単なるじじばば登山レベルの山です。
けど、歩いてるとき植村さんのことが頭に浮かびました。
クレバスっていうの初めて見た。(もちろん氷河ではないけど)
覗き込んでぞっとした・・・。
よく助かったな〜、あんなところに落ちて。

320 :底名無し沼さん:03/08/12 08:03
age

321 :底名無し沼さん:03/08/12 08:39
学生のときに「青春を山にかけて」を読んで感動。
古本屋で50円で買った安さにも感動。

322 :底名無し沼さん:03/08/14 12:51
>>321
以前、古本屋にあったその本を手に取ったら、サイン入りでした。
100円でした。
買いますた。


323 :底名無し沼さん:03/08/14 12:54
俺も100円でサイン入りだったけど、、、
ブックオフで、、
誰か悪戯してるのかな?
お互いアップしてみませんか?
真筆かどうか。

324 :底名無し沼さん:03/08/15 00:36
世は夏休み・・・だけどおいらは毎日休日出勤。

通勤に「植村直己と山で一泊」読む。

植村さんとキャンプしている気分。
おいら幸せ。

325 :底名無し沼さん:03/08/15 08:30
私もブックオフで植村さんのサイン入り本.2冊も見つけました。
冒険の資金稼ぎのためにサイン会や講演を生前たくさんこなしたのでサインが
多く出るのだと思います。北極探検をした女優の和泉雅子のサイン入り本もよく見かけますが同様の理由だと思います

326 :323:03/08/15 15:06
>>322,325

こんなサインでありましたが、同じでしょうか?

ttp://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/q6t30815150301.jpg

327 :底名無し沼さん:03/08/15 16:30
>>326
本物だよ・・・・・・・・・・・たぶん

328 :つんく:03/08/15 18:33
http://elife.fam.cx/a011/

329 :底名無し沼さん:03/08/15 18:36
植村冒険館で見た手紙の筆跡と同じ・・・ような気がする
というか、羨ましいぞ(´・∀・`)

330 :底名無し沼さん:03/08/15 19:15
>>326

325です。私の2冊の筆跡と同じです。多分本物

>>329
いくらなら買う?

331 :底名無し沼さん:03/08/15 19:18
>>330
105円

332 :底名無し沼さん:03/08/15 19:47
お手本、有り難う。
俺の本にもマジックで自分で書いておこう。

333 :山崎 渉:03/08/15 20:37
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

334 : :03/09/08 20:52


335 :底名無し沼さん:03/09/16 22:07
>>325
>多く出るのだと思います。北極探検をした女優の和泉雅子のサイン入り本もよく見かけますが同様の理由だと思います
和泉雅子のはもともとそういう仕様で直筆ではなく印刷だと思われます。

336 :底名無し沼さん:03/09/21 10:17
クレバスよけるため?かなんかで物干し竿を持って登るって
書いてあったようなきがするのですが私の思い違いだったのでしょうか?
それと亡くなった時に公子さんにちゃんと知らせがあったということが
印象てきでした。

337 :底名無し沼さん:03/09/21 20:26
>>336

>物干し竿を持って登る

そうです。正しくは、腰につけて登る。ですね。
昔クレバスに落ち、ザックが隙間に挟まって辛うじて生き延びたという経験からの知恵だそうです。


338 :底名無し沼さん:03/09/22 10:39
青春を山にかけて、を買ってきました。いまから読みます。わくわくします。

339 :底名無し沼さん:03/09/22 12:05
納豆をご飯にかけて、を作ってきました。いまから食べます。わくわくします。


340 :底名無し沼さん:03/09/22 12:30
今すぐ顔にぶっかけて、を買ってきました。今からこきます。わくわくします。

341 :底名無し沼さん:03/09/22 23:18
試験でヤマを賭けて外れました。今から逝きます。

342 :底名無し沼さん:03/10/05 19:35
アマゾンくだりは真似できんな

343 : :03/10/05 19:41
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/ad/1034652865/145

344 :底名無し沼さん:03/10/07 06:07
でもアマゾン川イカダ下りに一番惹かれるんだよなぁ。
流れに身を任せながら月夜の明かりの下を下るなんてロマンだしなぁ。

345 :底名無し沼さん:03/11/07 22:07
私はモンブラン(だったか?)を単独登頂した後、嬉しくて尻セードで降りてきたくだりがすきです、かわいい

346 :底名無し沼さん:03/11/08 22:21
「こころの手紙」って番組みたことありますか?
(放送が無い地域の方、すみません)

先日(11/6)に見かけた回の手紙が植村直己の6通目、
南極探検中の直己から奥さんへの手紙だった。泣けた。
来週も植村直己かなあ??

http://www.hartfordlife.co.jp/tvprogram/
テレビ東京 毎週 木曜 22:54〜23:00
テレビ北海道 毎週 火曜 22:54〜23:00
TVQ九州放送 毎週 火曜 22:54〜23:00
岐阜放送 毎週 月曜 22:54〜23:00


347 :底名無し沼さん:03/11/09 14:19
板橋区蓮根に記念館あるね、前に1℃逝きますた。
愛用してた遺品が展示してあります。

348 :底名無し沼さん:03/11/10 15:52
昔、テレビの番組で植村直己自身が撮影した、北極近くの村での
犬ぞりのシーンがあった。ゲストは植村本人。
対談をしていた女性アナウンサーが「この辺の人達は日本人によく
似ていますね。この人なんか特に、日本人にそっくりですね」
と言ったら、植村直己が「それは僕なんですけど」って。
そのアナウンサー困っていた。


349 :底名無し沼さん:03/11/10 16:06
ワラタ!!!

350 :底名無し沼さん:03/11/10 19:08
ウケタ

351 :底名無し沼さん:03/11/10 20:34
植村さんって日本人と似ていないと思うけどな。

352 :底名無し沼さん:03/11/10 21:20
>>351
典型的なモンゴロイドじゃない。

そう言えばグリーンランドから北極点を目指した本あったね。
サーモスをテルモスと書いてたね。

353 :348:03/11/10 21:42
薄暗くなったとき、飛んでいる鳥を網で捕まえて、
油につけておいて、尻からチュウチュウ吸うと、うまいと
言っていた。チョコレートのような味がするとも。
いつかおいらも吸ってみたいと思った。その時から
20年以上たっていると思うけど、未だに夢は果たせないで
いる。人間で試してみたけど「変態!」と言われるだけで・・。

354 :底名無し沼さん:03/11/10 21:49
>>353
キビヤックね、アパリアスって鳥をアザラシの腹の中に入れて発酵させた物らしい。
尻から内蔵を吸うって、植村さんの好物だったらしい。

355 :底名無し沼さん:03/11/11 10:42
>>353最後の行が笑うところでつか?

356 :底名無し沼さん:03/11/11 10:45
>>353
人間をアザラシの腹の中に入れて発酵させて食っていたら、変態と罵られても仕方ないな。

357 :底名無し沼さん:03/11/11 11:46
椎茸とかが歯形付きで出てきそうで嫌!

358 :底名無し沼さん:03/12/09 00:05
また2月が近付いてきました。
皆さん、命日前後はどうします?
どっか静かな山で植村さんを思い出そうかな。

359 :底名無し沼さん:03/12/17 00:52
>>358
蘇武岳登りまつ

360 :底名無し沼さん:03/12/18 00:59
今月の都営地下鉄の「ぴっく・あっぷ」(壁新聞みたいなもの)に植村冒険館が出てる。
あの北極で使ったテントが展示されているのか。
見に行こうかな。

361 :底名無し沼さん:03/12/18 01:33
今日、日高町の冒険館に行こうとしたら水曜定休だった。


362 :底名無し沼さん:04/01/04 11:26
昨日深夜、関西で植村直己2本立て(ドキュメンタリー、映画)
やってたね。

363 :底名無し沼さん:04/01/04 13:13
夢叶い夢破れだったかな
録画するべきだった
男の生き様を本当に勉強させてもらった気がするよ
今の自分の情けなさをよくよく反省させられる

364 :底名無し沼さん:04/01/04 13:17
番外で星野道男さんもやってほしかったな
アラスカでクマの写真などを撮影し続けた動物写真家
最後はカムチャツカ半島でクマに襲われて亡くなったっていう
本当にその自分の道を歩み続けて殉じていった

365 :底名無し沼さん:04/01/04 14:21
>>364
星野道夫の世界、全4集買ったけど、すごいね。
本当に惜しい写真家をなくしたと思う。

366 :底名無し沼さん:04/01/05 20:17
正月に岩合がシロクマやグリズリーを至近で撮っていたところを放送していた。


367 :底名無し沼さん:04/01/06 20:59
俺、19歳なんだけど、この年齢じゃまわりの友だちに
植村さんのこと知ってる人って全然いないんだよな〜。
自分が生まれた年に亡くなった人だから、
俺は植村さんのこと著書でしか知らないです。
もうすぐ亡くなって20年という区切りの年なので
特集とかやって映像で見られたらいいんですが、、、


368 :底名無し沼さん:04/01/09 17:58
>>367
この間、夜中にやってたよ。何かの再放送だった。
録画すべきだった。ドキュメンタリー
そのあとに映画やってた。

369 :368:04/01/09 17:59
>>362
あ、それそれ


370 :底名無し沼さん:04/01/09 18:14
俺、たまたまちゃんねる変えたらやってたので途中から録画した・・・
はじめから見たかった。


371 :遅レスだけど:04/01/23 09:23
>>370
映画の方はDVD出たから買える。
邦画にしては素晴らしい出来で大好きな映画。
山の映像が素晴らしい。あと音楽も。
奥さんが倍賞智恵子つーのがアレだが。

372 :370:04/01/24 22:47
いや、俺がはじめから見たかったのは、ドキュメンタリーの方なんだ。
映画も見たいとは思うんだけど、主演の俳優のわざとらしい演技術が
好きじゃないもんで見る気がしなかったんだ。でも、君のレスのおかげで
今ちょっと見てみようかと思いだしている。
(映画のほうは一応その時全部録画は出来ているんだ。)
レスありがd

373 :底名無し沼さん:04/01/25 01:36
映画も面白いよ。
西田もいつもの変な笑かし演技じゃ無いし。
ただ、アフリカと南米と小西隊のシーンが無いのが残念。

374 :底名無し沼さん:04/01/25 10:06
>>372

私もそのドキュメンタリー番組は見たことないのですが
植村冒険館(東京都板橋区)で絶品の記録映画を販売してますよ。
通販もしていると思うから調べてみたらいかがでしょう?
HPでは山ヴァージョンだけが紹介されているけど
他にも極北に関してのビデオが数本出されています。
画質も余り良くないし収録時間も短いけど、動く植村さんを見ることが出来ます。
ファンならばきっと満足できることだと思います。

375 :底名無し沼さん:04/01/26 20:28
涼スレあげ


376 :370:04/01/26 21:09
>>371 映画みたよ!といいたいんだけど、
いや、見たのは見たのよ!しかし、ドキュメント「夢叶い夢破れ」
の後に録画してたのだけど、河原でたたずむ上村の姿をみた
賠償が声をかけて「ピラニアっておいしいの?」と
聞いたところでテープが終わってしまった・・・・(涙

明日、TUTAYAで借りて、もう一度見ます。あるだろうか・・・

凄くよさげでしたよ!ここまででも何度も涙してしまった。
西田もふざけた演技してないし、ほんとありがとう!

最近「エベレストを越えて」とか読み直してたので
ちょうどよかったよ。

377 :底名無し沼さん:04/01/26 23:49
>>376
上村の姿をみた

(TT)ナマエマチガッテルヨ

378 :370:04/01/27 00:36
ほんとだ!はずかしい・・・失礼しました(爆)

379 :底名無し沼さん:04/01/29 12:11
涼スレほしゅ

380 :底名無し沼さん:04/01/30 20:32
「夢叶い夢破れ」このドキュメント番組はなかなかのもんだったな〜
当時の装備をみるととりあえず重そう。
アカンコグア、エベレスト、彼の山を見る眼差しが印象的だった。

381 :底名無し沼さん:04/02/08 18:00
あの人の本を何度よんでも、なんて優しい男なんだ!って思う。
多分、俺が女ならこんな人と結婚したい。
山で死んではいけないと言ってたらしいけど、逆にあの人は山に命を捧げる運命だったようにも
思える。でも、生きててほしかった。

382 :底名無し沼さん:04/02/08 18:07
シェルパに対して、大きな敬意を払い、
凍傷などで仕事が出来なくなったシェルパのために
自分のお金を送金したりしていたものな。

当時の登山家のおおくはシャルパを単なる荷揚げの道具のように
扱っていたのにね。

383 :底名無し沼さん:04/02/08 18:09
植村さんの顔もすごくおだやかで温かみがありますよね。


384 :底名無し沼さん:04/02/08 18:12
植村さんのことを思うと、ほっと気持ちがあったまります。


385 :底名無し沼さん:04/02/08 20:17
かつて、自分は目的のない放浪をしていた。この人の本を読んで山登をしたくなった。
でも、山登りを真似たいのでなく植村さんの様な男になりたいと思った。
いろんな旅行記読んでるが、ここまで構成力のある作家もいない。
日記形式でも人を引きずり込む構成はすごい。
グリーンランドの出だし、極地に降り立ったシーンで始まる所なんて
まるで、映画のオープニングを感じる。
そして、文春のどれを読んでもこの人の優しを感じる。
山で絶対死ぬなっていってらしいけど
命を山に捧げるはずだったんではないのでしょうか?



386 :底名無し沼さん:04/02/08 20:18
あれ、書き込み失敗してた思ったらカキコできてた。
くどくてすいません!!


387 :底名無し沼さん:04/02/10 22:54
映画で西田のスタントをした、山田昇のことも思い出しておくれ。
彼もデナリで逝った。


388 :底名無し沼さん:04/02/12 19:48
「日刊スポーツ」に植村さんの「遭難」20年の墓参の様子が書いてあった。
公子さんの白髪姿に20年の歳月を感じた。


389 :底名無し沼さん:04/02/12 20:26
今、「植村直己 妻への手紙」読んでます。
植村さん、絵うまいな。

390 :底名無し沼さん:04/02/12 22:15
83年に南極に行けてればディック・バスよりも先に7大陸最高峰登頂が出来てたんだろうな。

391 :底名無し沼さん:04/02/13 09:43
今日の朝日新聞朝刊37面にて
明治大学山岳部&植村さんの特集記事。

明大山岳部の部員、現在4名。廃部危機だそうです。



392 :底名無し沼さん:04/02/13 13:03
読売新聞にも遭難20年の記事が出てた

393 :底名無し沼さん:04/02/13 18:04
植村直己冒険賞 受賞者決定

http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0213ke13550.html

394 :底名無し沼さん:04/02/14 00:53
>>393
植村直己さんは、ただすごい冒険をしたから有名なのではないと思う。
個人的には、この賞はただ単にすごい旅をした人に送るのではなく
旅を通しての人間としての成長などを評価の基準としてほしい。
すごい旅をしてる人は、腐るほどいると思う。
もちろん、今回賞を取った人を避難する理由もないし今のところ
ただ、旅内容を聞いただけでは興味ない。


395 :底名無し沼さん:04/02/14 00:59
植村直巳のほかに植村直巳はない。
植村直巳と植村直巳冒険賞は別箇の物である。
植村直巳がもし生存していたらな植村直巳賞などというう
くだらないものは存在しなかったであろう。

植村直巳は彼自身の存在と行動によって人々の心を揺さぶった。
彼は、何がしかの賞をとったから人々の心をひきつけたのではない。
賞とはいかなる価値もない。「

396 :底名無し沼さん:04/02/14 01:02
>>395
禿同


397 :底名無し沼さん:04/02/14 02:46
正直、植村直己を知らない人(著書を一つも読んでない人)
植村直己を間違った方向で理解してる人(賞の主催者、町?)
と出会った時、なんか悲しくなると言うか、その人がひどく世間しらずに見えたりする。
そんな時、植村さんがいたら自分を叱るんだろうなって考える。


398 :底名無し沼さん:04/02/14 03:07
死なないと冒険が終わらない人生って

399 :底名無し沼さん:04/02/14 03:09
捕まるまで止めない犯罪者みたいな心の病

400 :底名無し沼さん:04/02/14 11:44
人生というのは、死んで終わるもの。


401 :底名無し沼さん:04/02/14 11:52
植村を崇高化するのは悲しいね

402 :底名無し沼さん:04/02/14 13:10
>>401
誰も崇拝なんてしてないと思うよ。
崇拝してると思ってるあなたが悲しい。
くだらんちゃかしいれるあなたなんかより、みんな冷静に見てると思う。
著書を読んだ人間は、少なくとも崇拝しないでしょう。
そういう問題じゃないんだね。
人間トータルで見たら、誰も尊敬できる人間なんていない。
一人の人間が残した記録としては、貴重なもんだよ。




403 :底名無し沼さん:04/02/14 13:36
正直、ただのバカだと思うが

404 :底名無し沼さん:04/02/14 13:43
>>403
漏れもそう思う。

405 :底名無し沼さん:04/02/14 14:46
南無阿弥陀仏


406 :底名無し沼さん:04/02/14 16:42
>>395
>>397

植村直己冒険賞は植村直己「個人とは」別個のもの。
まぁそうでしょう。
でも、植村直己という名前は単なる個人としてのものではなく
既にみんなのもの(表現おかしいが)になっているんだな。

冒険の先駆者(有名になったという点で)として
そのネームバリューを最大限に活用し
冒険という手段によって夢を追い続ける若者たちを「賞」という形でサポートし
彼らを励まし続けるというのは、素晴らしいことだと思う。

賞の主催者が植村を理解していないという批判もあるけど
(確かに植村さんが存命されていたら、絶対にこんな賞を許さないと思う)
主催者の一人である公子さんも意味もなく植村の名前を利用することを最も嫌うタイプの人だと思う。
その君子さんが、なぜ植村直己の名前を冠した冒険賞を設立し継続し続けているのかと考えれば
それに何らかの意味を感じているからのことだと思うよ。


407 :底名無し沼さん:04/02/14 19:03
>>391
部員になるには、技量を認められて、植村家に赴いて書家である植村未亡人直筆の認定証を有難く頂くんだそうだ。
俺はちょっと引いちゃったよ。権威主義というか、植村カルトというか、とっても違和感があるのよね。部員が減る事の理由をよく考え直したほうがいいんじゃないの。
○●大学山岳部なんであって、植村流登山道に入門したいとは思わないだろうよ。

408 :底名無し沼さん:04/02/14 19:20
>>402
正直になれよ

409 :底名無し沼さん:04/02/14 20:51
>>407
いくらなんでも、ネタか釣りでしょう。
この板も、ハン板、ニューソク板と同レベルになりましたな。


410 :底名無し沼さん:04/02/14 21:18
板間にレベル差があるなんて幻想ですよ。2chは上手に使いましょう。

411 :底名無し沼さん:04/02/14 23:04
>>403
でも凄い「バカ」だと思う。
正直、あそこまでバカになってみたい。

412 :底名無し沼さん:04/02/14 23:06
>>407
山岳部に入って汗臭い生活を送るより
できればスーフリめいた生活がしたいのが
学生の本音ってわけでしょうw

413 :底名無し沼さん:04/02/14 23:12
植村さんのセクースはどうだったんですか
クレバスに入って出られないほど?

414 :底名無し沼さん:04/02/14 23:13
強姦だって結構汗臭いと思うが。

415 :底名無し沼さん:04/02/15 09:21
>>414
経験者は語る           
                      ですか

416 :底名無し沼さん:04/02/15 11:24
【ミーガン法署名WEB】
http://www12.ocn.ne.jp/~halx/

※ミーガン法とは
1、受刑者の住居周辺住民への通達。
2、インターネットでの受刑者情報の閲覧。
3、公示される性犯罪者情報の頻繁な更新。
4、受刑者への定期的なカウンセリングの実施。

凶悪な性犯罪は殺人と同じです。性犯罪は許されるべきではありません。

コピペお願いします。


417 :底名無し沼さん:04/02/15 11:46
>>406
やさしい意見です。

418 :底名無し沼さん:04/02/15 15:44
>>29
野口健なんかと一緒にしないでくれ。植村さんがうかばれない。

419 :底名無し沼さん:04/02/15 22:37
毎年、受賞者選ぶ必要あんのかな。
特筆すべき冒険なんて数年に1度、あるか無いかだろ。
そのうち、シェルパ斉藤なんかにあげなくちゃならなくなるぞ。

420 :底名無し沼さん:04/02/15 23:51
>>419
別にその賞に限った事ではないよ。
芥川賞をみてみな。


421 :底名無し沼さん:04/02/16 07:15
芥川賞は受賞者なしの年があるがな。
今年の芥川賞が良いかどうかは知らん。
読む気もない。

422 :底名無し沼さん:04/02/16 10:56
>>421
受賞作品より選者の方がry

423 :底名無し沼さん:04/02/16 12:18
単なる無名の冒険者の中の一人だった人が植村冒険賞を受賞することにより
将来大きな冒険をするときのスポンサー集めなどにそれが有利に働くのだろうから
(企業側としてもどこの馬の骨とも知らん無名の若者よりは、有名な植村の名前の賞を受賞した若者の方が援助しやすいでしょうし)
植村さんが間接的にサポートしてくれた、ということになるんだからいいかもね。

冒険や人間性・素晴らしい著書など、植村さんを追い抜くことはできないでしょうけど
その、追い抜けなかった&同等レベルではない、を理由にして
植村冒険賞を受賞した冒険家をけなすことは、逆に植村さんに対しても失礼なことだと思うけどな。

まあ、毎年選ぶ必要があるのかといわれれば疑問もあるけど
冒険の場合、その年の作品(功績)に対して評価を下すというより
その継続性と積み重ねで評価されていくものだから、芥川賞とは毛色が違うのかと・・・
ん?それならば益々毎年選ぶのはおかしいということになっちゃうかな?

でも、植村直己冒険賞に関しては、私は肯定派です。
それには>>406やこのレスで書いたように様々な理由があるけど
それ抜きでも、単純に植村直己の名前をメディアで見かけることができるというだけでもうれしい気分にならない?

424 :底名無し沼さん:04/02/16 12:30
植村直己を後世の人が思い出すきっかけになるだけでも、
賞の存在価値はあるよ。

425 :底名無し沼さん:04/02/16 22:27
今月のヤマケイ、植村直己特集だよ。
立ち読みしれ!

426 :底名無し沼さん:04/02/17 00:24
>>423
まったくいいご意見だと感じました。
植村直己さんが遭難したとき、私はまだ子供でその存在をよく知らなかった。
植村著書に会ったのは、学生を卒業して社会にでてから。
読書量は多い方ですが、植村さんの記録にはひどく感銘をうけました。
素直で美しく人を引きつける文体。
なので。私が知ってる植村さんは偉大な冒険家以上に
偉大な作家でもあるのです。



427 :底名無し沼さん:04/02/17 01:42
子供の頃、植村さんの犬橇旅行、TVで必死でみてたよ。
エスキモーなんかと仲良くしてるのが印象にのこってるよ。
植村さんの話し振りが当時子供だった俺にも楽しくきけたな。

428 :底名無し沼さん:04/02/17 02:05
>>427
うらやましい。ビートルズをリアルタイムで
ストーンズを全盛期に見ていた人以上にうらやましい。


429 :底名無し沼さん:04/02/17 16:30
>>425

立ち読みダメ!買って読もう。
植村さんが特集されていれば売れる部数が大幅アップするとなると
以後、植村直己特集が盛んに企画されるようになる可能性あり。

なんて、大して売り上げ増にならないのが現実だろうけどね。


430 :底名無し沼さん:04/02/17 16:37
植村没後20年。
節目の年だから、テレビでも特集番組組まれないかな?

電通もたくさん投資したんだから、こういうときこそ
植村さんでまだまだ儲けようと言う商売魂を発揮してもらわなきゃ。(ちょっと皮肉)

と、いいつつ、できればNHKでの特番を!!


431 :425:04/02/17 19:49
>>429
すまん・・・買うよ。

立ち読みしたとき、三浦雄一郎が直己の思い出を語ってるあたりで
不覚にも涙腺がゆるんじまってよう。
雑誌を置き足早に書店をあとにしたよ。

写真家/松本紀生氏の「冬のデナリ」っていう写真群にもヤラレます。

432 :底名無し沼さん:04/02/17 22:17
>>431
>不覚にも涙腺がゆるんじまってよう。
同じく。
っていうか、その昔読む本ないから何となく読み始めた「青春〜」でも
泣いてしまった。


433 :底名無し沼さん:04/02/18 19:04
うん、三浦さんの寄稿記事は良かったね。
五目並べのエピソードなんか、初耳だったし興味深いと同時に感動した。

野口健さんもいるいろ批判されるけど、こういう記事やインタビューでは
本当に植村さんを尊敬しているんだなって、微笑ましくなる。

434 :底名無し沼さん:04/03/27 00:40
極北に駆けるage



435 :底名無し沼さん:04/04/11 10:50
あげ

436 :底名無し沼さん:04/05/06 01:20
ほっしゅ

437 :底名無し沼さん:04/05/27 04:56
ヤマケイの3月号の記事もなかなか・・
今読んでる新谷暁生のアリュートヘブンにも書いてあって
その当時も冒険のあり方をガタガタ言った
見てるだけの評論家にいろいろといわれたようで、その時の日本の冒険意識が分かっておもろい。
まぁ今の自己責任ろんのようなモノだけど、
そこにはやっぱり多勢たる役人思考にはまいった感じで・・ほんとに役人風味はかわらん日本。

その本は芯があってなかなか・・出たばっかりらしいがおすすめだよ。

438 :底名無し沼さん:04/07/02 20:39
あげ

439 :底名無し沼さん:04/07/08 00:35
本当は遺体を発見することは容易だったけれど、
周囲の反対によって捜索活動が終了したというのはホント?
なんか、山でねむらせてあげようとかそんな感じの。

今後温暖化進んで溶けた雪の中から遺体が発見された時、
どのような処遇を辿るんだろうか?

440 :底名無し沼さん:04/07/22 14:36
犬ぞりの犬殺して食べたって言ってた。
その犬は言うこと聞かないからって。
他の犬も一緒に食べたらしい。

馬鹿みたい。

441 :底名無し沼さん:04/07/22 21:14
>>440
木を見て森を見ないひとでつねw

442 :底名無し沼さん:04/07/23 00:03
あ、ごめん。

443 : :04/07/23 15:11
えぇっとぉ、、、、ホラ、アレだよあの人、、、エベレストとか難局とか、、
誰だっけかぁ、、、うーん、上、、何とか町、じゃなくて、 
思い出した!! 植村さんだ!! 1 よ 誉めてくれ 植村さんを思い出したぞ

444 :文芸春秋の手の者:04/07/30 12:47
おまえら植村直己の新しい本が出ましたよ、買ってくださいよ
「植村直己、挑戦を語る」(文芸新書)840円
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/6/60/39/4166603906.shtml

板橋の植村冒険館ですか、あそこは今、植村の足のマメの皮とか展示してるそうですよ
マンセーなおまえらは明日にでも逝ってみてくださいよ
http://www.uemura-museum-tokyo.jp/39-HP.htm


445 :底名無し沼さん:04/07/30 22:30
>>444
買いますよ。
情報ありがとう。

446 :底名無し沼さん:04/08/02 21:14
本当は生きてたんだけど既に葬式が終ってるので今更…ってのが真実。

447 :底名無し沼さん:04/08/18 03:06
次はどんな冒険かな

448 :底名無し沼さん:04/08/28 09:21
今日午後2時半から「遥かなるマッキンリー 〜植村直己の足跡を追う〜 」が放送されまつYo。

449 :底名無し沼さん:04/08/28 09:58
>>448
東京では放送されないようです(・へ・、)

450 :底名無し沼さん:04/08/28 11:54
冒険の内容よりも
写真撮影が上手いなという印象
忘れられないエピソードが、指先が凍傷になりそうになったらチンポコで暖めろ!
冬はいつも両手をパンツに入れて暖めています

451 :底名無し沼さん:04/08/28 13:59
嫁さんは、元気になれ〜といって漏れのチンポに冷水シャワーを浴びせかけます

452 :底名無し沼さん:04/09/09 16:12
とりあえずブックオフ3軒まわったけど、植村直己の本は一冊もないぞ。
どこにある?

453 :底名無し沼さん:04/09/09 16:15
>>452
うちの近所のブックオフ

454 :底名無し沼さん:04/09/09 16:24
>>452
せめて文春文庫の数冊分はアマゾンなんかで定価で買ってちょうだいよ。

455 :底名無し沼さん:04/09/09 17:20
>452
どこだよ! 高田馬場 成城 向ヶ丘遊園のブックオフにはないぞい。

>453
もう新品でいいやと思ったけど近所の本屋には一冊もなし。紀伊国屋ですかね。
このスレを読んですごい読んでみたくなったのに・・・。

とりあえずお薦めは何でしょう?

456 :底名無し沼さん:04/09/09 17:22
しまった、レス番間違えました。453さんと454さんへのレスです。
自分につっこんだ。

457 :底名無し沼さん:04/09/09 17:22
>>452
楽天ブックでも良いよ。

458 :底名無し沼さん:04/09/09 17:25
>>455
エベレストを越えて
青春を山にかけて

459 :底名無し沼さん:04/09/09 17:56
>>455
やはり最初は「青春を山に賭けて」からでしょう。
それから順番に追っていくのがいいと思う。

私はどちらかというと>>458さんとは違い極北関係の方が好きだけど。

460 :458:04/09/09 18:06
>>459
了解です どれもいいですよね。
普通の山の本というとごく個人的な、メンバーとの関係と頂上に上って下りで誰か死んで〜〜〜
なんて感じが多いけど(省略しすぎ)
植村さんの本はどちらかというと旅としての趣が強く、その土地の紹介や人の考え方を深く体験から書いてらっしゃるところに、
惹かれます。
エベレストを越えて を読んで、ペンパテンジンさんに会ってきましたよ。
クムジュンでは植村さんはさすがに知っている方多くてペンパさんも懐かしそうに話をしてくれました。

461 :底名無し沼さん:04/09/09 18:23
>458 >459
お返事どうもです。私も「青春を山に賭けて」を探してました。
いかにもな感じがして。明日は紀伊国屋へGO!

462 :底名無し沼さん:04/09/10 09:11
NHKの「映像の世紀」ってご存知でしょうか?
あの番組のオープニングの最後で、
旗を持って山頂に立っている人が出るんですが、あれは植村直己ですか?

463 :底名無し沼さん:04/09/14 13:56:58
キビヤック食べたいのでage

464 :452:04/09/17 22:23:22
「青春を山に賭けて」と「エベレストを越えて」読みました。
大変おもしろかった。魅力的な人だね。
自分が生まれる10年も前にこんな事をしている人がいるとは・・・。
心も体もタフですわ、ほんと。
海外への渡航手段が船というのに時代を感じるというか、新鮮でしたよ。

植村さぁ〜ん、帰って来てくれよぉ〜。

465 :底名無し沼さん:04/09/17 22:29:41
>>464
ただいま 今帰ったよ

466 :452:04/09/17 22:49:18
>465
わはは、冗談で書いてくれたけど、なんかちょっとグッときたぞ。

次回の海外旅行先を検討していて、ひょんな事からこの人に辿り着いた。
来年の旅行先は決まった。そう、ネパール!
先立つものがあると、旅がより一層楽しくなるのでありがたい。

明日は「極北に駆ける」を読む。

467 :底名無し沼さん:04/09/17 23:01:11
>>466
おっと!楽しんでいってらっしゃい。今年はちょっと治安悪いみたいだったけど
。。
私も植村さんの影響で、まったく興味なかった外国に行った口です。
土産話よろしくです

468 :底名無し沼さん:04/09/18 13:35:02
「極北に駆ける」を読んだら
今度はネパールでなくグリーンランドに行きたくなるかもw
キビヤック食べたい。


469 :底名無し沼さん:04/09/18 13:40:10
マッキンレーの雪の中ですっぽんポンになった人でつね。

470 :底名無し沼さん:04/09/19 02:04:11
エベレストのサウスコルでオナヌーした人でつ。
おそらく、人類の最高所自慰記録では。

471 :底名無し沼さん:04/09/24 13:19:05
先月、特別展示されている安東浩正さんの自転車と装備が目当てで、冒険館に行きました。
自分は自転車しかやっていないけど、あらゆる冒険の基礎は登山技術にあり、と悟りました。
つまり、自分には基礎が出来ていない、と。

472 :底名無し沼さん:04/09/24 14:39:44
「植村直己、挑戦を語る」(文芸新書)840円
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/6/60/39/4166603906.shtml

買ったぞー!
文庫ででてる対談集のとかぶっているのもあったけど
未見の対談もあって楽しく読みました。

473 :底名無し沼さん:04/09/25 10:25:25
植村さんが御存命だとしたら、今頃はどんな冒険をしてるんだろう

474 :1980年?:04/09/26 17:40:00
そういえばうちの高校に講演に来たことがあったなぁ。
大柄というイメージがあったけどそうではなかったので印象に残ってる。

475 :底名無し沼さん:04/09/26 21:29:29
フー、「極北に駆ける」と「北極点グリーンランド単独行」を読んだ。
「北極圏一万二千キロ」が見つからない。気長に古本巡りかな。
明後日、没後二十周年本が出るみたいですね。買ってみよう。

476 :底名無し沼さん:04/09/26 23:35:32
>明後日、没後二十周年本が出るみたいですね

本のタイトルを教えてください!

477 :底名無し沼さん:04/09/26 23:47:07
>476

http://www.kawade.co.jp/soon/index.htm
上から5番目にあるでしょ。ムックだからカラー写真も多いよね。
7500円の写真集を買おうか迷ってたから、個人的にナイスタイミング。

478 :底名無し沼さん:04/09/27 02:53:36
テスト

479 :底名無し沼さん:04/09/27 13:39:02
>>477
ありがとう。買うぞ!
7500円の写真集もいいよ。
横長大判で、写真がでかくて上質の紙だから臨場感が素晴らしい。
値段は高いけど一冊持っていても損はないですよ。
家においておいてたまに引っ張り出して読み(見)返すとその度に新たな感動が得られるし。

480 :底名無し沼さん:04/09/27 18:11:58
スポーツ選手が国民栄誉賞をもらっているけど、植村さんに比べれば大したことない、って
気がする。競争に勝つのは大変かもしれないが、必ず勝者はいるからね。
植村さんは、誰もやらなかったことを次々実現したんだから。

481 :底名無し沼さん:04/09/27 18:27:05
そうかな。オレは皆、それぞれの分野ですごい事をしでかしたと思うけど。

482 :底名無し沼さん:04/09/29 15:43:52
河出書房から新しい本出ましたね。
イヌイットの養父母と写ってる写真、違和感なくてめちゃワロタw

わたしは父親から「日本にもこんなすごい冒険家がいたんだぞ!」とか
言われて本をもらったのが始まりですが、社会人になってあらためて
読み返すと、植村さんが「自分は社会不適合者なんです」とか謙虚に
言ってるのが感慨深いです。絶対に天狗にならなかった人みたいですね。

ああ、絶対無理だけど、植村さんに会いたいよ〜〜〜。

483 :底名無し沼さん:04/09/29 21:20:38
没後20周年。
まず本は出た!
次はテレビで特集番組を希望!!
NHKあたりで内容の濃い2時間番組作ってくれないかなぁ。
BSでもいいから。

484 :底名無し沼さん:04/09/29 22:18:28
河出書房新社の『植村直己』、文章ばっかで写真チョトしかないよ
CDが付いてたから、これに写真やビデオが入ってるのかと思いきや
音声データしかなかった。 (((´・ω・`)カックン…

485 :底名無し沼さん:04/09/29 23:12:15
山野井妙子って植村直己に似てない?

486 :底名無し沼さん:04/09/30 20:51:22
新刊、せめて映像が付いてれば貴重なのになぁ・・・

487 :底名無し沼さん:04/09/30 20:59:06
映像は植村記念館でビデオ買うしかないね。
2本買ったけどかなり良い映像だったよ。
DVD化されたらまた買うんだけどなぁ。

写真いっぱいのムックなんかは
もしかすると文藝春秋あたりから出るかもよ。没後20周年だし。
というか、出してよね。という願望が強いだけだけどさ。


488 :底名無し沼さん:04/10/07 14:56:48
ヤーヤー、アッチョ、ハクハクハク。

489 :底名無し沼さん:04/10/16 06:34:49
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-041015-0022.html

女性で初の豪大陸を徒歩で1周

 徒歩によるオーストラリア大陸1周(約1万6700キロ)に挑戦していた女性、デボラ・デウィリアムズさん(36=オーストラリア)が15日、ゴール地点となる南東部のメルボルンに到着したと、AAP通信などが伝えた。

 徒歩での同大陸1周は1994年にオーストラリア人男性が初めて成功したとされるが、女性では初めてという。

 昨年10月17日に自宅のあるメルボルンを出発。1日平均45キロを歩き、365日かけて大陸を1周した。北部地域では暑さを避けるため、午前2時から昼前まで歩くようにしたという。

[2004/10/15/22:22]

490 :底名無し沼さん:04/10/16 09:25:00
>>479
その写真集はセイコーの腕時計にも付いてたね。
地球にはこんな所があるのかと、見るたびに新鮮な気持ちになれます。
腕時計の方はギンギラギンでとても植村さんが着けるとは思えない派手さですが(^^;

491 :底名無し沼さん:04/10/22 23:56:23
東京限定だけどテレビで放送しますよ!

東京MXテレビ
10/23 21:00〜
東京の窓から 東京上空?8000メートルから見えたモノ
▽植村直己マッキンリー挑戦への真実

492 :底名無し沼さん:04/10/23 08:22:44
根性の別れ

気合いだー!

493 :底名無し沼さん:04/10/30 09:35:51
植村なおみさんが新潟県からリポートしてましたよ。

494 :底名無し沼さん:04/10/31 22:06:42
豪華写真集を注文してみた。楽しみ。
MXテレビのは野口健が喋ってるだけでしたね。
あの人すごいお喋りだ。

495 :底名無し沼さん:04/11/01 17:04:03
野口嫌から口数をとったらカスにもならない。

496 :底名無し沼さん:04/11/01 17:54:30
と、どうあがいても野口健に並ぶことすらできない人が申しております。

497 :底名無し沼さん:04/11/01 19:18:54
並ぶの嫌だろ、普通は

498 :底名無し沼さん:04/11/01 20:45:47
今日(正確には明日2:12から30分)、植村さんの番組やるぞー。
「テレメンタリー2004」って名前で副題に「植村氏遭難は…マッキンリーの風と闘い15年」
ってなってる。テレ朝でやります。

499 :次元がちがうよ:04/11/02 01:21:43
>>496
だいたいエベレストに三回目にしてやっと昇ったヤシだよね。今のやり方ではジジ、ババ、
山も登ったこともないおばさんも登れるれるわけだな。

天気が良くて酸素があれば、GWの涸沢から奥穂と変わらないと、
エベレストも含めて3座8000を登ってる人が言ってたよ。
彼とはたまに一緒に行くから、エベレストノーマルルートのレベルはわかるよ。

野口嫌と比較されたら、まともな山屋ならいやがるでしょう。





500 :底名無し沼さん:04/11/02 01:32:04
植村さんと野口健を比較するのは植村さんに失礼です。

501 :底名無し沼さん:04/11/02 02:01:18
>>499も何かみっともないな。
3座8000を登った本人ならともかく、その知りあいに過ぎんわけだからな。

502 :底名無し沼さん:04/11/02 10:01:54
自分、最近植村さんの詳細を知った人間なので、
>498の番組で初めて動いてる植村さん見たよ。声も初めて聞いた。
ニコニコしながら歩いてたなぁ〜。早く戻ってきてよ。

503 :底名無し沼さん:04/11/02 22:32:04
>>499
3座8000を登った人は普通の人でNo口健はそれより、かなり落ちるということをいいたいのか?

関係ないけど、空へを読むとそこそこ出来ない人が遭難や凍傷になったみたいね。
アメリカのお金持ちの有閑マダムが話のネタに登に来るのがすごい。まさに大名旅行。

504 :底名無し沼さん:04/11/03 00:12:28
エベレストに行きたいと友達に話したら、野口さんみたいになるのと言われて、(T_T)

505 :504:04/11/03 01:14:55
涙が出るほど感激しました。

506 :底名無し沼さん:04/11/03 01:31:16
505は高所登山で脳みそのしわが消えたか。

507 :底名無し沼さん:04/11/03 01:32:47
http://www.pocketstreet.jp/free.php?id=54552&c=83085

508 :底名無し沼さん:04/11/04 10:14:41
植村にカブれた連中のマンセースレなのに
どうして野口健がけなされてんの?
奴がなんか悪さでもしたんか?
なんか嫉妬心ミエミエで、読んでる方が恥ずかしくなるぞ。

509 :底名無し沼さん:04/11/04 11:19:23
>>508
中途半端な山屋にはめめしいヤツが多い。
これ定説です。

510 :底名無し沼さん:04/11/04 11:25:33
植村さんのスレで野愚痴の名前なんか出すなよ。
次元が違うんだからさ。

511 :底名無し沼さん:04/11/04 17:13:53
明日帯広動物園行く

512 :底名無し沼さん:04/11/04 22:33:16
>>508
野口が7サミットとか植村さんマネをしてるからじゃないか。

513 :底名無し沼さん:04/11/05 00:24:58
野口健を叩きたいなら野口健スレに行ってくれ。

514 :底名無し沼さん:04/11/05 15:16:09
植村直己、挑戦を語る 文春新書
文芸春秋 (編集), 文春= (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603906

借りてきた。(買わなくてすまん)
週末に山への電車のなかで読みます。


515 :底名無し沼さん:04/11/05 21:35:07
山に図書館の本を持っていったら変形しちゃうじょ よくないじょ

516 :底名無し沼さん:04/11/10 23:12:57
植村記念館の写真集届いた。値段が気になって躊躇してたけどいいね、これ。
大学卒業してからの放浪生活、青春してますなぁ〜。この頃はほんといい顔してるよ。
俺も来年は、エベレスト・・・は登れないので、カラ・パタールまで行くぞ〜!

517 :底名無し沼さん:04/11/11 15:39:59
>>516
写真集購入おめれと〜っ!
私は今も年に何度かはひっぱりだしてはのんびり眺めてますよ。


518 :底名無し沼さん:04/11/15 16:28:38
20周年記念番組やらんなー

519 :底名無し沼さん:04/11/18 19:55:31
今日ミリオネアに出てた冒険家も植村さんにあこがれてたんだな。

520 :底名無し沼さん:04/11/19 14:56:03
>518

寂しいが・・・
なさそう・・・・( ´-ω-)

521 :底名無し沼さん:04/11/19 15:01:58
「植村直己、挑戦を語る」を読んだ。

開高健さんと井上靖さんとのインタビューがよかった。

522 :底名無し沼さん:04/11/19 16:53:31
>>521
開高健は自分ばかり喋っていてなんだかなぁ〜と思っていたが
対談の最後に植村さんが「今日は酒飲みます。」なんていっているのを読んで
一気に印象が良くなったw


523 :底名無し沼さん:04/11/19 17:09:22
>>521
インタビューじゃなくて対談ですね。

524 :底名無し沼さん:04/11/21 09:24:19
ミリオネアに出てた植村直己冒険賞受賞者って誰?

525 :底名無し沼さん:04/12/15 03:03:15
安東ナントカって人でしょ。
自転車で厳冬期シベリア横断したサイクリスト。
その他にも厳冬期のチベット横断とかアラスカとか走ってる。
今後の目標は、マウンテンバイクでの南極点到達らしい。

526 :底名無し沼さん:04/12/15 06:10:17
植村様の功績も遙か昔だな。
加藤文太郎みたいな歴史上の人物になるんだろうな。


527 :底名無し沼さん:04/12/19 08:22:39
歴史上ってか探検史上には残ってるが・・・

528 :底名無し沼さん:04/12/19 11:24:06
グリーンランドの山に名前がついてるから世界地図にも残ってるな。


529 :底名無し沼さん:04/12/20 16:57:20
みんなの心に残ってますw

530 :底名無し沼さん:04/12/29 20:47:43
http://abcdane.net/blog/archives/200412/mountain_camp_nosex.html

大学教授、エベレスト登山中にエッチするなと反対運動始める


531 :底名無し沼さん:04/12/30 23:41:57
植村さんは黙ってコッソリとオナヌーをしたわけではなくて、
パートナーの松浦に「あの、ティッシュありませんか?」と聞いたらしい。

532 :底名無し沼さん:05/01/01 00:02:14
植村さん、あけましておめでとうございます。

533 :底名無し沼さん:05/01/01 00:07:59
植村さん、あけましておめでとうございます。

534 :omikuji:05/01/01 15:02:35
山での無事を祈って・・・。

535 :底名無し沼さん:05/01/01 15:03:47
あれでないじゃん・・・。

536 :底名無し沼さん:05/01/06 15:03:20
探検家クラブから「旗」貸与/秋田市の高橋さん、邦人で2人目
http://www.sakigake.jp/servlet/SKNEWS.News.kiji?InputKIJICODE=20050105e

537 :底名無し沼さん:05/01/06 15:05:02
http://blog.excite.co.jp/dt/

538 :底名無し沼さん:05/02/04 00:50:29
そうですか、20年ですか

539 :底名無し沼さん:05/02/09 09:51:25
英会話NOVAの宣伝に出演中!!

540 :底名無し沼さん:05/02/10 06:49:33
植村さんが、食べた「アザラシのなかに鳥をいれて発酵させたやつ」って
なんて言う食べ物ですか?

541 :底名無し沼さん:05/02/10 12:09:00
>>540

「るいべ」です。















本当は、キビヤックです。

542 :底名無し沼さん:05/02/10 14:51:12
>>541






























ありがとう

543 :底名無し沼さん:05/02/11 08:57:25
冒険館でDVD販売なんだってね。
通販もしてくれればいいのに・・・。

544 :底名無し沼さん:05/02/11 14:51:30
東京の記念館には行った事無いけど
日高町のは何回かあります
エントランスがいい感じです。
展示品もたくさんあります。

545 :底名無し沼さん:05/02/11 17:30:31
 日高の冒険館はいいね。
 ハチ北へバイクで行く俺にも冒険賞おくれ。

546 :底名無し沼さん:05/02/12 10:41:41
俺も卒論ほっぽり出して日高に何度か行ったことあるよ。
植村さんの生家に犬が繋いであったけど北極圏の子孫か何かかな?
毎回墓のある小高い丘に上って日の出を眺めてた。いつも江原駅で夜を明かしてたもんで・・・。
「せっかく植村直己の故郷に来たんだ」ってなもんでバスにも乗らず
毎回歩き通しで足を痛めてたよ。駅付近にあるスーパー傍のたこ焼きうまかった。

547 :底名無し沼さん:05/02/12 15:34:16
今日は誕生日ですね。板橋の冒険館に行って来ました。
最後のマッキンリーの装備も日高の記念館に展示すればいいと思うんだけど、
何か事情があるのかな・・・。
女の60分ライターがちょっと笑えた。

548 :底名無し沼さん:05/02/13 18:37:35
植村さんって何カ国語しゃべれたの?
英語、フランス語、スペイン語、エスキモー語?

549 :底名無し沼さん:05/02/15 00:35:34
こんばんわ植村さん
きのうか今日は蘇武岳に登りたかったのですが寝坊してやめました
ごめんなさい
        ごめんなさい

550 :底名無し沼さん:05/02/15 00:43:48
植村さんは私にとって

【ネ申】 そ の も の で す

551 :底名無し沼さん:05/02/15 12:46:22
の(を!)しい人をなくしたもんだ
年齢のせいか、慣れからくるゆるみか,
年には勝てないしな

アイゼンのはずれるエアーなんとか靴、凍って無線アボンのアルカリ電池
(スポンサーがあほでリチウヌ支給されなかった噂が)クレバスだらけの氷山に
青竹の単独行じゃ、.....................、...........ナムナム..........................



552 :底名無し沼さん:05/02/15 15:00:25
植村さんおはようございます
今日もニートで終わりそうです
ごめんなさい
        ごめんなさい

553 :底名無し沼さん:05/02/15 18:50:01
>>552
バイトぐらいしようぜ?

554 :底名無し沼さん:05/02/16 21:36:14
http://www.sankei.co.jp/news/050216/sha075.htm

555 :底名無し沼さん:05/02/17 00:31:28
いつの時代になっても「植村さんに憧れて・・・」っていう人が現れるんだろうね。
植村さんもみんなに愛されて幸せだね。

556 :底名無し沼さん:05/03/07 22:53:21
報道ステーションにキター(*゜∀)(∀゜*)ー!!

557 :底名無し沼さん:05/03/09 23:19:27
今日やってたたけしの番組でキビヤックが出てきたね。
ちょうど植村さんの本でキビヤックの話を読んだところだったので興味深く見ました。
味は生の鰹節みたいだとか?あと臭いは相当みたいでした。

558 :底名無し沼さん:05/03/11 13:58:15
犬ぞり1200キロ完走 日本人初出場、新潟の本多さん
http://www.asahi.com/sports/update/0311/078.html


559 :底名無し沼さん:05/03/12 19:49:19
>>557
見ました。
「キビヤ」で紹介されてたね。
ケツ穴から内臓吸うテクニックが流れていなかったのが残念。
ビートたけしは「植村直己さんの好きな食べ物だ」って知ってたね。



560 :生の緊張、雪山で実感・田中幹也さん:05/03/17 00:17:20
[街でこの人]

 冬のカナダに通い始めて10年。「集大成」と位置づける今年は、酷寒のカナディアン・ロッキー山脈の
北部地域約1200キロを3カ月かけて山スキーで踏破する「世界初の冒険」に挑む。
 
  きっかけは「挫折」だ。
  
  居住地の横須賀市にある鷹取山で岩登りを始め、20歳で気鋭のアルパイン・クライマーが所属する
「登攀(とうはん)クラブ蒼氷(そうひょう)」に入会。20代前半で谷川岳や黒部渓谷など国内の主な大
岩壁160ルートを登り、米国・ヨセミテ渓谷や欧州アルプスなどの難ルート登頂も果たした。
 
  「クラブの先輩も含め、見込みがあると言われたクライマーの多くが20代で死んだ。自分がそのレベ
ルに達するのは無理だと思った」
 
  山から遠ざかり、アジアを放浪した。だが、「秘境」とされる地域には、すでに人が住みつき、おんぼ
ろトラックも走っていた。
 
  「垂直」から「水平」の世界への転向は10年前。体感温度がマイナス80度となる冬の北部カナダを
自転車で走り、鼻がとれそうになるひどい顔面凍傷を負った。それでも、人気のない雪山で、雪崩やクマの
恐怖におびえながら山スキーで歩くうちに、忘れていた生き物としての緊張感がよみがえった。
 
  「悪天候で計画通り進めないことも多い。仕方なくテントを張って、ふと外を見ると、美しい夕焼けが
広がっていたりする。そんなとき、わけもなく満たされた気持ちになる」
 
  独身を貫く。
 
  「保守的でない旅人」であり続けたい、と思っている。
 
(田井中雅人)(2/21)
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news01.asp?c=5&kiji=1031

561 :底名無し沼さん:2005/04/13(水) 13:03:37
Numberの遭難時の特集号の表紙コピー「植村さん、帰ってこい!!」が印象に残ってるな。

562 :底名無し沼さん:2005/04/13(水) 23:40:45
板橋の植村記念館で特設展やってるね

563 :466:2005/04/16(土) 15:23:41
いよいよ、来週末から念願のネパール旅行。待った待った。
最後の装備の点検してたら気分が高揚してきた。
丹沢トレーニングでちょっぴり逞しくなったこの足で、
ヒマラヤをそして植村さんの世界を堪能してきたいと思います。

564 :底名無し沼さん:2005/05/10(火) 12:19:02
行ってきたよーん。って、ここにはもう誰もいないのか・・・。
ペンパの奥さん、とてもいい人だった。
植村さんの思い出話が聞けて涙。

565 :底名無し沼さん:2005/05/13(金) 16:17:54
>>564
詳しく。

566 :底名無し沼さん:2005/05/19(木) 15:29:08
ナムチェ滞在2日目、クムジュンを訪問。
ペンパの家だけでも見れればいいなぁ、と思いガイドに相談。
村人達にペンパの家を尋ねてまもなく到着。2階の窓からパンパの奥さん登場、
ペンパはビューホテルに行ってていないけど、中に入って休んでいけという事でお言葉に甘えてお邪魔する。

植村さん同様、主人がいない間に上がりこむガイドと私。
ネパリティーを頂きながら部屋に貼られた沢山の写真を眺めてると、「お、ゴジュンバカンUの登頂証明書!」
証明書にはMeijiのバッジが。植村さんの写真はないかなぁと思い、見渡すが見つからず。

植村さんの事を尋ね様と思い、ザックから「エベレストを越えて」を取り出すと、
ペンパの奥さん表紙を指差して「植村さん!植村さん!」  非常に感動する。
植村さんは毎日走っていた、イモが大好きだったなどの話をしながら
興味深そうに中の写真に見入るペンパの奥さん。

ペンパが東京に行った時の写真を見せてくれたり、
息子が現在チョーオユー登山に行ってる等の話をしてくれて記念撮影。

たいした情報でなく申し訳ないですが、リアルで植村さんと接した人と会ったのはペンパの奥さんが
初めてだったので大変感動しました。
エベレストやゴジュンバカンUの勇姿より、クムジュンでのこの件が一番思い出に残っています。
これにすっかり満足し、結局シャンボチャのビューホテルには戻らずペンパには会わずじまいの私であった。

長文すまん。


567 :底名無し沼さん:2005/05/20(金) 18:39:37
いいなぁ。ペンバたち生きてたんだ。
漏れも一度でいいから植村さんの知人に会って植村さん話で盛り上がってみたいなぁ・・。

568 :底名無し沼さん:2005/05/22(日) 20:06:50
>>566

レポート乙!
非常に興味深く読ませていただきました!
うらやましー


569 :底名無し沼さん:2005/05/23(月) 14:59:23
>567,568
ぜひ、いつの日か訪問してください。
ペンパはビューホテルで働いてますので、
ホテルに行けば会えるのではないでしょうか。

クムジュンは思ったより大きな村でしたが、
ナムチェの様に騒々しくなく静かで綺麗な村でした。

ペンパの家は登山隊と食卓を囲む事が多いの、
やたら大きな鍋が沢山あって、食器の数が多かったのが印象的でした。

本の表紙を指差して「ウエムラサン、ウエムラサン」って言った時には
こみあげてくるものがありましたよ。ほんと。

ゴンパに行ってみたら?ってことで途中までペンパの奥さんと
ぶらぶらと歩きさよならしました。

今までの観光旅行とは趣を異にする、大変印象深い旅でした。
多分、私はアラスカとかグリーンランドも行きそうだなぁ〜。いつの日か。

570 :底名無し沼さん:2005/06/19(日) 23:33:15
今、スカパーで植村直巳物語を見た
何回見てもいい!
西田敏行の迫真の演技がいい。
古尾谷正人もいる!
久しぶりに見て、久しぶりに涙した。
もろくなったものだ。

571 :底名無し沼さん:2005/06/20(月) 19:25:04
植村?登山家だか冒険家だか知らんが、人に迷惑かけるなよ。
遭難したからって捜索隊も大変なんだから。
美談に酔うのは勝手だが美化されすぎている気がする。

572 ::2005/06/20(月) 19:31:28
明治の学生ですか?

573 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 10:04:18
すまん、初心者質問させてくれい。
モンブランでいきなりクレバスに落ちるシーンはどうやって撮ったのだろう?
ピアノ線で釣るといったって、じゃあそれを雪原のどこに支柱を立てて固定するとか
よくわからないままになってます。
分かる人、すまんが。

んでも、親の話を聞くと、撮影終了後の記者会見では当時、西田さんは
本当に怖かった、辛かったと泣いていたそうな。

574 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 14:11:17
偽善者の仁志田が上村を演じることがそもそもの間違い。

575 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 14:48:44
軽率軽薄キャラの西田が植村さんを演じるのは無理がある。植村さんのイメージに合わない。



576 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 14:49:54
偽善者の西田が、偽善者の植村を演じているんだから、絶妙な配役と
いえよう。

577 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 21:00:56
世のなか偽善で成り立っとるんじゃああああああ

578 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 23:31:57
じやあ、野口はどおよ。

579 :底名無し沼さん:2005/06/21(火) 23:52:01
>>578
あれは偽善は偽善でも本気な偽善
偽善をビジネスレベルにまで高めて
偽善を商品にしているわけだから
それはそれでたいへんな苦労
よって無罪

580 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 01:04:13
>>579
それって誉めてるの?貶してるの?

581 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 04:41:30
>>580
え?どうして?

582 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 07:51:57
上村一人で冒険できたわけじゃないんだから偉人ぶるな。
人に迷惑かけるな。

583 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 08:29:58
犬がいればこそだよな

584 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 10:00:25
>>583
え?なんで?

585 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 10:37:56
宇絵村名御身はもう過去の人。忘れ去られている。

586 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 10:45:57
>>585
そうか?なんで?

587 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 12:50:26
忘れるのに理由なんかないだろ。

588 :底名無し沼さん:2005/06/22(水) 23:42:24
>>587
そうなの?忘れたいの?

589 :底名無し沼さん:2005/07/02(土) 23:56:57
冒険とは何だ

590 :底名無し沼さん:2005/07/08(金) 10:03:32
冒険とは、生きて帰ること

591 :底名無し沼さん:2005/07/09(土) 23:32:43
下世話な興味だが、
公子さんは植村とケコンしたとき
処女だったのだろうか????

592 :パーマン七号:2005/07/10(日) 00:26:18
それよりさあ!チャンネルNECOで今観たんだが
@植村直巳さん、今生きてたら何歳?
Aまた、生存の可能性(氷付けで生きてたとか、記憶喪失で生きてるとか)はある?
B映画の中でエベレスト(?)に古尾谷正人に誘われた時、大学の仲間に何で責められたの?金出さなかったから?
C山登りが好きなくせに何でアマゾン下りしたのかな?
Dマッキンリーに最後何で登ったんだろう?単なる暇潰しだったんかな?
Eホイホイ海外行ってたけど、お金持ちだったのかな実家?若しくは電通頼み?
F公子さん今何してるんだろうね?
G植村直巳に匹敵する日本人冒険家って他に誰がいる?
H何しに大学卒業後アメリカ渡って、しかも牢屋入れられたんだろう?その後何で又ヨーロッパ行ったんだ?
I植村直巳は学生時代から有名人だったの?
J植村直巳の著書って売れたのかな?
何か気になるな。

593 :底名無し沼さん:2005/07/10(日) 00:59:22
植村の書いた文庫本を買って読めば幾つかの答えはすぐ分かるよ

594 :底名無し沼さん:2005/07/10(日) 01:58:48
私も、さっきCSで『植村直己物語』観たよ!
なんか気になる存在…

595 :底名無し沼さん:2005/07/10(日) 02:04:52
西田じゃなかったら良かったのに〜。

596 :底名無し沼さん:2005/07/20(水) 20:42:12
板橋の記念館、また何だか特別展やってるね
新聞に出てた
どんな特別展か忘れたけど

597 :底名無し沼さん:2005/07/28(木) 23:52:34
ホームページ見ろよ・・・

平成17年7月〜9月 植村冒険館・企画展示
 
極北に駆ける
〜植村直己・グリーンランド最北の村で暮らす〜

植村直己さんが南極大陸横断を夢見て極北の村で暮らし、
どのように冒険の技を身につけていったかを紹介する企画展です

http://www.uemura-museum-tokyo.jp/43-hp.htm

598 :底名無し沼さん:2005/08/27(土) 23:39:21
やっぱり、生きていて欲しかったなぁ・・・、とふと思ってしまう。

599 :底名無し沼さん:2005/09/05(月) 12:17:50
age

600 :底名無し沼さん:2005/09/05(月) 12:26:12
598 同感。

601 :底名無し沼さん:2005/09/06(火) 06:10:20
もぅ20年以上前になるのかな。
植村さんが亡くなって、遺品展に行ったんだ。
北極点目指してた時の犬ゾリが会場にあって、意外に小さかった事、
講演に来てらしたヨットの多田雄幸さんに、失礼にならないかと気兼ねしながら
グリーンランドの話を聞いた事、若輩者の私にもきちんと丁寧語で接して頂いたこと、
その時の多田さんの暖かい笑顔・・・いろんな事を思い出してしまいました。
素敵な人には、やはり素敵な人が集まってくるんですね。


602 :底名無し沼さん:2005/09/07(水) 23:10:48
ツタヤに植村直己物語がありません

603 :底名無し沼さん:2005/09/21(水) 22:44:38
いつの間にか遺体が見つかっている件

604 :底名無し沼さん:2005/09/23(金) 08:07:10
>>603
みつかったの?

605 :底名無し沼さん:2005/09/29(木) 01:19:10
植村さんは、御徒町で買った3000円のテントで登山してたって書いてありました。
なんか知らないけれどすごくうれしくなりました

606 :底名無し沼さん:2005/09/29(木) 06:11:54
檄文
今、法政大学学生会館の存在が窮地に立たされています。
国家権力と法政大学当局の学生自治への不当な弾圧により法政大学学友4名が公安警察により逮捕されています。
その中には学生会館を運営している理事長と事務局長が含まれており、このままもし起訴されるようなことがあれば
学生会館を運営している法政大学学生連盟は混乱状態になるとして、学生単独管理という今の状況を法政大学
当局が不当に認めないこととなることが予想されます。
この事件の不当性は、理事長の逮捕容疑が威力業務妨害と建造物不法侵入とされているが、その事件の時間帯には
理事長はカレー屋でカレーを売っていたという証言が多数あることからも判断できるのである。この事件を利用して法政大学
当局が公安警察を介して学生自治を弾圧しようとしていることは明白である。大学当局による弾圧行為は1977年5月27日の308人
学友逮捕以来25年ぶりの不当行為である。この事実を法政大学学友及び関東学生探検連盟関係者諸氏は断固として認める
わけにはいかない。明日1月26日午後7時より、1・26法政大学当局追及学生集会が行われ、法政大学学生部長に対して公安警察を通じた
不当捜査の取りやめと大学当局が出した被害届の取り下げによる4人の学友の奪還釈放を要求する。不当逮捕は基本的人権の侵害
にあたる。それに抗議するため明日学友及び関東学生探検連盟関係諸氏に集会の参加を求める。関東学生探検連盟はその創設以来
法政大学学生会館を総会の会場として利用してきた。その恩義に報いるため、また我々の権利を守るため、関東学生探検連盟関係者
諸氏に集会の参加を呼びかけるものである。

1998年度関東学生探検連盟副会長  戸田聡 ・ 林剛
http://www.karin.sakura.ne.jp/~tanken/renmei/

後期探検報告会の講演者は 【本多勝一氏】(予定)
http://www.karin.sakura.ne.jp/~tanken/renmei/soukai/00/zenki-houkokukai-houkoku.htm

イラク侵略戦争断固阻止!ムスリム人民と連帯を!
http://www.surfline.ne.jp/ibn-stoda/saddamposter01.htm

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/4673/buinnsyoukai.htm
8回生 林剛 通信教育学部経済学部商業学科4年
部友 戸田聡 明治大学大学院文学研究科史学専攻博士前期過程3年


607 :底名無し沼さん:2005/09/29(木) 23:13:12
>>605
40年ぐらい前の3000円じゃないの

608 :底名無し沼さん:2005/09/30(金) 23:44:01
そんな昔じゃないんじゃないの?

609 :底名無し沼さん:2005/10/01(土) 09:05:15
>>608
植村が明大山岳部に入ったのは1960年のこと
43歳で死んだから若いイメージがあるが
生きてれば64歳になる

610 :底名無し沼さん:2005/10/01(土) 15:16:30
>>604
wikiに

611 :底名無し沼さん:2005/10/01(土) 15:29:37
>>610
ほんとだ書いてあった!


612 :底名無し沼さん:2005/10/01(土) 15:37:39
植村直己の遺体発見の関連記事キボンヌ

613 :底名無し沼さん:2005/10/02(日) 14:38:32
さあ盛り上がって参りました。
この調子で2スレ目いくべ

614 :底名無し沼さん:2005/10/02(日) 18:53:42
掲示板にはこのように書いてあるが・・

[135] Re:[131] 無題 投稿者:冒険館スタッフF 投稿日:2005/10/02(Sun) 17:53 [返信]
植村直己さんの遺体発見の噂の件ですが、申し訳ございませんが、当館としては、
発見されたという事実は承知しておりません。
情報があればお知らせくだされば幸いです。
http://www.chobits.info/uemurabbs/aska.cgi


615 :底名無し沼さん:2005/10/02(日) 18:57:45
ソースは下記のデタラメ予言では?

http://easttown.s6.x-beat.com/


616 :底名無し沼さん:2005/11/05(土) 13:01:50
来年は、アラスカにお墓参りに行こうかと思います。
一度は見たい、マッキンリー。

617 :底名無し沼さん:2005/11/05(土) 15:42:42
う、歌丸っ??

618 :底名無し沼さん:2005/11/06(日) 09:35:01
最近になって植村氏の本を3冊読みました。
極北に駆ける
北極圏12000キロ
北極点グリーンランド単独行
彼の生前の姿は見たことないけど、人間性に惹かれます。
最近山に登ってないな〜。



619 :底名無し沼さん:2005/11/06(日) 09:57:31
『極北』はエスキモーとの生活なんかも書いてるから面白かったが、
『北極点』は日大隊との競争のせいか、単調な記録に終始してしまった
ような感じだった。本人は一番乗りにはこだわらないと言っていた様だが・・・・
ただ、本田勝一ごときに酷評されるほどひどくは無かったと思うが。


620 :底名無し沼さん:2005/11/06(日) 21:55:52
今日のジャンクスポーツで、野口健がクレバス落下防止の竹竿を
自分のアイディアのように話していたが、ちょっとなぁ・・・・

621 :底名無し沼さん:2005/11/06(日) 23:15:33
オレも観た。
ちょっとね・・・

622 :底名無し沼さん:2005/11/08(火) 09:27:33
ぱくりと大口。

623 :底名無し沼さん:2006/01/09(月) 10:52:13
∩゚∀゚∩age

624 :底名無し沼さん:2006/01/09(月) 12:33:43
ハインリヒ・ハラー氏が亡くなったそうです。ブラピの映画でしか知らなかったけど
とっくに亡くなってるかと思ってた。

625 :底名無し沼さん:2006/01/22(日) 12:58:53
最近、初めて「星のクライマー」という歌を聞いた。
泣けるね。

626 :大口嫌:2006/01/22(日) 13:29:26

同姓同名はイヤだw

627 :底名無し沼さん:2006/01/23(月) 00:19:23
ウエムラ大好き。
なんだかとても、むきだしなひとだから。
ウエムラがラサに行った時、どんなことを思ったのかな?
ハラー氏って何歳だったんだろう?
そうとう年寄りだよね?

628 :底名無し沼さん:2006/01/23(月) 00:36:08
http://indo.to/log/archives/200601/12ogata.html

629 :底名無し沼さん:2006/02/01(水) 11:25:25


630 :底名無し沼さん:2006/02/16(木) 21:43:42
リヤカー引いて地球一周 大阪の永瀬さんに植村冒険賞

http://www.asahi.com/national/update/0216/TKY200602160310.html

631 :底名無し沼さん:2006/02/22(水) 04:59:35
リヤカー引いて大陸横断だね
4万キロ歩いたからって地球一周っていう比喩は変だ

632 :底名無し沼さん:2006/03/11(土) 21:20:29
この世はでっかい宝島!

633 :底名無し沼さん:2006/03/14(火) 14:36:30
     _____
    ///////////ヽ,,
   f メー-----ー弋メヽ
   ト| ___ ____ ____ .|ミミ|     
   ト|_,,,,,,__メ __,,,,,,_ |ミミ|  
   f|.-=・=H-=・=~iー6}リ 
    'ヒ______ノハ、_____ノ !!|   
    f  _, ,ム、、_   ./    
    ヽ ィ-==ー-i, ,ノ 人     
     \,____// /~丶_
      人,_____/ /   \
     /|_/又 \ /


634 :底名無し沼さん:2006/03/21(火) 23:12:22
植村直己の手記読みたい。特に死ぬ直前のやつ。
どっかに落ちてないかな・・?
それからなんで死んじゃったの??
一回成功してる山なのに・・・。

635 :底名無し沼さん:2006/03/23(木) 00:40:57
誰か答えてくれよ・・・。
植村直己はどのように死んだんだ・・?

636 :底名無し沼さん:2006/03/23(木) 00:50:05
誰も見てないって・・・

637 :底名無し沼さん:2006/03/24(金) 04:18:08
誰も見てないのか・・・。

638 :底名無し沼さん:2006/03/24(金) 07:50:17
マッキンリーだけが見てた・・・

639 :底名無し沼さん:2006/03/24(金) 20:10:30
なんで洞窟からでたんだ・・・。

640 :底名無し沼さん:2006/03/24(金) 20:32:37
山登りに行ったんじゃないのか・・・。

641 :底名無し沼さん:2006/03/27(月) 23:26:25
彼の何が羨ましいって、
こんなにも夢中になれるものを見つけて、
ひたすらそれにぞっこんな所。

何の張り合いも目標もない生活を送っていた自分には、
もう眩しすぎて、何だか泣けたな・・・。

たまに写真集を見ると泣けてしまう。
奥さんも言ってるが、決して長くはない人生だったが、
ホントきっぱりと生きたのだろう。

642 :底名無し沼さん:2006/03/32(土) 21:10:36
植村直己冒険館のリンク消えてるんだが・・・

643 :底名無し沼さん:2006/03/32(土) 22:32:38
冬のマッキンリーは、体が吹き飛ばされるくらいの強風が吹くそうだ。故山田昇さん達も、この強風にやられて落下遭難したと推測されているから、植村さんもあるいは…

644 :底名無し沼さん:2006/04/08(土) 21:06:04
今日の「世界不思議発見」でクムジュンが出るみたいよ。

645 :底名無し沼さん:2006/04/08(土) 22:46:15
>>643
バニーブーツが原因か?と当時、TV遭難特番で某登山家が話していたyo

646 :底名無し沼さん:2006/04/09(日) 16:05:35
え、ハラー氏って亡くなったんだ。
ナチスの協力者とか、いろいろ毀誉褒貶はあったようだけど、
彼の本は好きだった。
95歳くらいだろうから大往生だろう。
うらやましい生き方だな。

647 :底名無し沼さん:2006/04/10(月) 18:12:25
>646 ずいぶんな遅レスですね。

648 :底名無し沼さん:2006/04/25(火) 12:54:43
質問ですが、「単独登頂」の定義は如何様に「単独」なのでしょうか?

よろしくお願いします。

649 :底名無し沼さん:2006/04/25(火) 22:07:23
奥さん美人だな

650 :底名無し沼さん:2006/04/26(水) 12:13:58
648>

単独って途中までは現地の「ガイド」を雇って道案内してもらって、
それからは一人でって事じゃない? 確か本でよんだけれど
最後のベースキャンプは一人で張ったはず

651 :底名無し沼さん:2006/05/02(火) 12:05:07
♪ あなたは星のクライマー
♪ ザイルを空にかけたの
♪ 輝く頂に誰の姿を見たの

んー、確かに泣ける。

652 :底名無し沼さん:2006/05/11(木) 01:56:10
洞窟で救助を待ってれば助かったんじゃないのか???

653 :底名無し沼さん:2006/05/11(木) 02:22:27
EPI

654 :底名無し沼さん:2006/05/11(木) 08:25:38
著作中で、OLが10万円寄付してくれたのに驚いて、「こんなに貰えません」と自ら返しに行った。というエピソードを読んだとき、オレは植村直己に惚れた。

655 :底名無し沼さん:2006/05/11(木) 10:15:47
5月11日はエベレスト登頂記念日
おみやげの石ころを少しでも多く持って帰るために、
NHKのカメラを捨てたんだっけ?

656 :底名無し沼さん:2006/05/11(木) 22:13:24
そうか36年前の今日か・・・。
山頂で日の丸を掲げている姿はかっこよくて大好きな写真だ。

生きていれば、「植村さん、思い出のエベレストへ、ン十年ぶりの登頂」
なんてあったかもね。

657 :底名無し沼さん:2006/05/12(金) 19:07:54
アマゾン川イカダ下りの冒険が自由でのびのびしてるしロマンがあって好き。

658 :底名無し沼さん:2006/05/12(金) 22:57:03
あげ〜

659 :底名無し沼さん:2006/05/23(火) 16:06:48
∩゚∀゚∩age

660 :底名無し沼さん:2006/05/26(金) 14:10:59
冒険も探検も一度もしたことないけど、植村さんのイキザマに憧れるのは何故だろう。

661 :底名無し沼さん:2006/05/26(金) 19:56:36
死んじゃったから

662 :底名無し沼さん:2006/05/26(金) 20:46:55
>>661
それはちがう。

663 :底名無し沼さん:2006/05/26(金) 21:02:57
えー、自信あったのにー

664 :底名無し沼さん:2006/05/29(月) 11:30:22
『青春を〜』読んだけど、このオッサンは本当に女好きだな
ドコか行くと男には媚びて助けてもらってばかりだが、必ず女は狙ってる
しかも、自分はモテ男だと勘違いしてるっぽいし


初めての女がアフリカの土人wwwwwwww尊敬した。

665 :底名無し沼さん:2006/06/01(木) 17:47:36
つーか、ニオイフェチっぽい。
作中、度々体を洗ってないので、チーズの腐った悪臭をした、〇△×族が出てくる。
しかしそのあと必ず仲良くなる。

奥さんもそれを知ってか、植村が帰って来る頃になると、アソコは絶対に洗わないで
クサマンにして、子孫を残そうとした。みたいなクダリを、以前ヤマケイで読んだ覚えがある。


スケールデケェェェエエ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!変態w

666 :底名無し沼さん:2006/06/01(木) 23:22:43
やれやれ

667 :底名無し沼さん:2006/06/02(金) 01:08:24
ダミアンがやれやれ言うたぞ

668 :底名無し沼さん:2006/06/02(金) 12:04:27
で、植村さんは結局

@登山家
A探検家
B冒険家
C変態

どれ?

669 :底名無し沼さん:2006/06/02(金) 12:15:56
男よォ

670 :底名無し沼さん:2006/06/03(土) 09:41:54
@からCまで全てが植村直己だ。

671 :底名無し沼さん:2006/06/04(日) 02:38:09
植村直己愛用のスイス・アーミー・ナイフってどのタイプかわかる人いませんか?

672 :底名無し沼さん:2006/06/04(日) 12:26:51
俺もアフリカの女の黒いケツに入れたいと思うことはある

673 :底名無し沼さん:2006/06/16(金) 22:23:17
フォトグラフィカっていう雑誌にナオミの撮った写真と
ナオミのカメラ一式を紹介した記事が8ページぐらいありました。

http://www.mdn.co.jp/Books/photographica/index.htm
リンク先にはそのことは書いてないけど貼っておきます

674 :底名無し沼さん:2006/07/07(金) 12:52:57
いやいや入った冒険館でいやいやスライド見せられて
終わった頃にははまってた
入場料がもったいないだのスライド見る時間がもったいないだの
文句たらたらだったんだけど・・・
テレビでもっと植村関係のことやってくれないかな
関西ローカルのナンボって番組でちょっとだけ映像が流れたときは泣けた。
いい顔してるね。この人。



675 :底名無し沼さん:2006/07/08(土) 00:31:14
植村 直己(うえむら なおみ、1941年2月12日 - 1984年2月13日?)は、
日本の登山家・冒険家。
男性。1984年、国民栄誉賞受賞。

主な登山・冒険歴
1965年4月23日 - ゴジュンバ・カン登頂
1966年7月25日 - モン・ブラン単独登頂
1966年10月24日 - キリマンジャロ単独登頂
1968年2月5日 - アコンカグア単独登頂 
1970年5月11日 - エベレスト登頂(松浦輝男と共に日本人初登頂)
1971年1月1日 - グランド・ジョラス北壁完登
1976年7月 - エルブルスに登頂(五大陸最高峰登頂)
1978年4月29日 - 犬ゾリ単独行で北極点到達(単独到達世界初)
1978年8月22日 - 犬ゾリ単独行でグリーンランド縦断成功
1984年2月12日 - マッキンリー厳冬期単独登頂(世界初)


676 :底名無し沼さん:2006/07/08(土) 00:32:31
1971年1月1日 - グランド・ジョラス北壁完登
てことは
ロッククライミングも一流のレベルにあったってことだね

677 :底名無し沼さん:2006/07/08(土) 00:34:02
死んだふりして公子から逃げた

678 :底名無し沼さん:2006/07/08(土) 00:36:52
>>29
> >>28
> 1979年2月にイギリスの「バラー・イン・スポーツ賞」を受賞。
> 1984年の国民栄誉賞は後付。
> 世界的な冒険家として圧倒的に認知度高いです。
> 野口健なんかは、まだ国際的には誰も知らない・・・。
>

植村さんはあの世界的に有名な「ナショナル・ジオグラフィック」の
表紙を飾ったぐらいだから
欧米では(特に英米では)有名だよ

679 :底名無し沼さん:2006/07/08(土) 00:39:25
>>675
グランド・ジョラス北壁完登はすごいね。
鬼さえ恐れる地獄のグランド・ジョラス北壁を登っていたとは・・・・・

680 :底名無し沼さん:2006/07/09(日) 23:53:54
>>676
>鬼さえ恐れる地獄のグランド・ジョラス北壁
そんなフレーズ始めて見たよ。

小西さんの本読んでみたら。全然リードしてないから。


681 :底名無し沼さん:2006/07/11(火) 19:38:53
グランドジョラスで自分は垂直に向いてないと悟ったから、
エベレスト南西壁からは水平に移ったんだろ。
しかし、小西、今野などの同志会の最強軍団でも指を切断した
寒さの中で、無傷だった(凍傷にはなったが切らなかった)のは
さすがとしか言いようが無いな。

682 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 13:17:20
>>681
他の人たちは悪天候の中トップをやったから、凍傷になった。
植村さんは、エベレスト南西壁行くためのトレーニングとして、小西さんが連れてきた。
小西さんと植村さんがいなければ、悪天に捕まる前に登りきれただろう。

直前に割り込んだ小西さんがいけない(-_-)

683 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 15:09:21
>>681
それはいえてるね
小西なんか足の指が全部ないし



684 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 15:11:27
>>680
小西は無駄に劣等感の塊だから、彼の言うことを真に受けないほうがいいよ。
実績に比べて、知名度が低いことを異様に気にして
どーしても自分を大きく語るところがある。


685 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 16:10:37
>>684
だけど正直だろ。大門沢奥壁、マッターホルン北壁、グランドジョラス北壁を読むと、登れるクライマーでないのがわかるでしょ。
大げさに語るところがるけど、俺は小西さんをきらいじゃない。まあ、仲間に恵まれたということだね。

686 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 22:25:03
長谷川恒男と小西さんはどっちがすごいの

687 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 22:31:54
グランド・ジョラス北壁

北壁に情熱を傾け、何人のクライマーがこの壁を目指したことだろう。

この壁のことを2度と登りたくないリストにあげる知人も、落石をくらった知人もいる。
地球温暖化の影響、氷河の後退、落石の増加・・・

それでもグランドジョラスは、ぜひとも抑えておきたい課題のひとつだった。

夏のアルプスのミックス壁にあまり明るい話題はないかもしれない。
それなら、冬なら・・・

3度目の訪仏でようやく全景を拝むことができた。

取り付けば、登れる自信はあった。しかし、・・・結局取り付くことは、なかった。
信じられないことに、この写真をとった数時間後には、風雪に追い返されることになるのだ。
※この写真は、荷上げと偵察にいったときの物でした。

ここは、穂高でも谷川でもない。条件の悪いときに突っ込むのは、利口ではないと思った。
縁がなかったのかもしれない。まあ、運も実力のうちなのである。

                                           小西正継

688 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 22:35:25
グランドジョラス北壁の冬季登攀なんて
自殺行為だろ?

689 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 22:37:02
>>687
モレは穂高で充分ww

690 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 22:38:15
>>689
俺は富士山で充分 (^◇^)

691 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 23:35:43
>>688
浮き石が氷で固まり、夏より安全だよ。
技術と根性のある人は冬に行くべし。

昔の夏のコンディションで登りたければ、6月だな。
真夏は落石(土石流なみ)やばすぎ。

692 :底名無し沼さん:2006/07/12(水) 23:36:42
>>686
先に死んだ方がすごい。

693 :底名無し沼さん:2006/07/18(火) 21:00:11
植村さんの偉業を称える番組が行方不明の後たくさん放送されたけど、
演出過剰な感じの『知ってるつもり』が意外にも良く出来ていた。
VHSからDVDにダビングして今でもたまに観ているよ。
Numberの『植村直己の足跡』と共に宝物です。

694 :底名無し沼さん:2006/07/21(金) 01:33:05
遅れてFANになった自分はそれを見る機会はなさそうだなぁ、うらやましい。
再放送とかないだろし、マスコミからしたら過去の人、なんだろうね。
視聴率もとれないと思っていそうだ。

でも没○○周年とかなったら美味しく料理するんだろうな、過去のツギハギドキュメンタリーをw

695 :底名無し沼さん:2006/07/21(金) 13:54:06
Numberの『植村直己の足跡』は見てみたい('A`)

696 :底名無し沼さん:2006/07/21(金) 19:54:01
徹子の部屋にも植村直己でてたんだよな('A`)

697 :底名無し沼さん :2006/08/02(水) 01:44:09
遺体発見ってマジ?

698 :底名無し沼さん:2006/08/02(水) 12:29:58
クレバスに落ちたのならあと500年ぐらいかかるのでは

699 :底名無し沼さん:2006/08/02(水) 18:43:55
私もよそのスレで「遺体発見」みたいな書き込みを見てココに流れてきたんだけど…。

釣られただけ!?(; ̄ー ̄A


本当ならすごく感動的なのに………。

700 :底名無し沼さん:2006/08/02(水) 22:25:27
植村公子さん、かわいらしくてきっぱりと気丈で
わたしの憧れの女性です。
結婚期間は10年だったけど
ほんの少ししか一緒に暮らせなかったとか…。
植村さんからのたくさんの手紙を宝物の様に
大切にしてくらしてるんだろうなあ…。

私はダーリンとは毎日ずっと一緒にいたいから
真似できないなあ…。

何かで読んだけど、公子さんは植村さんの遭難(死?)を
自宅の庭にいながら感じ取ったそうです。植村さんが知らせに来たんだね。

701 :底名無し沼さん:2006/08/03(木) 10:41:37
>>700
う〜ん同感
よくもまあ近所にあんなすてき人が住んでいて、うまく知り合えた物ですね。

702 :底名無し沼さん:2006/08/23(水) 12:59:50
あんな清楚な感じの奥様がクサマンにしていたなんて
信じたくないorz

703 :底名無し沼さん:2006/08/23(水) 19:31:39
>>702
なぜわかる?

704 :底名無し沼さん:2006/08/24(木) 02:29:01
>>703
>>665

705 :底名無し沼さん:2006/08/29(火) 12:27:53
彼の大好物からも判るように、かなりの匂いフェチだったことは事実だよね。
恐らく、嗅覚が異様に発達していたんだと思う。あれだけの難所を潜り抜けてきた男だから
純粋な匂いだけではなく 肌でも女、食、危険等…いろんな匂いを感じとれたんだと思うよ。




あっ、コイツは臭い、イケル。とか

706 :底名無し沼さん:2006/09/03(日) 22:16:47
残念ながら、冬のマッキンリーの風は嗅ぎきれなかったようだがな。

707 :底名無し沼さん:2006/09/28(木) 18:58:08
あげてみる

708 :底名無し沼さん:2006/10/17(火) 23:04:12
覚醒age

709 :底名無し沼さん:2006/10/21(土) 08:43:40
植村さん( ^ω^)にこにこ

710 :底名無し沼さん:2006/10/21(土) 09:32:25
公ちゃんヽ(`Д´)ノプンプン

711 :底名無し沼さん:2006/11/01(水) 19:36:50
>>705
寒いとこばっかり行ってたから嗅覚が利かなくなったんじゃないの?

712 :底名無し沼さん:2006/11/14(火) 11:23:11
BePal編集の対談本読んだ
宝塚かなんかの女の前だとデレデレしっぱなしだな
変な匂いしてたのかな?

713 :底名無し沼さん:2006/11/14(火) 21:56:26
板橋の冒険館で「押し入れ展」っていうのやってるな

714 :底名無し沼さん:2006/11/18(土) 06:27:21
行ってきた
ポスターもよかった

715 :底名無し沼さん:2006/12/06(水) 07:32:37
捕手

716 :底名無し沼さん:2006/12/29(金) 00:42:27
いやぁ、植村さんお久しぶりです。
2006年も終わりですよ。
明日からネパールに行ってきます。良い年を。

717 :底名無し沼さん:2006/12/29(金) 15:23:53
>>716
おい兄弟。
Amazonでキーワード「ウンコ」で検索して、
最初にヒットするのが『青春を山に賭けて』だ。
頼むぞ!

718 :底名無し沼さん:2007/02/04(日) 17:01:28
板橋の記念館で売っていたビデオってすでにDVD化されてる?
されているならばまた行って買わなければ。
ビデオはとてもよい出来だったけど、いまさらビデオデッキ起動するのはおっくうで。

719 :底名無し沼さん:2007/02/04(日) 17:56:23
>>718
これのこと?
http://www.uemura-museum-tokyo.jp/goods-video_07.htm
まだDVDにはなってないみたい。


720 :底名無し沼さん:2007/02/04(日) 18:51:00
>>719

そうです。
これ以外にも何本かでてます。

721 :底名無し沼さん:2007/02/12(月) 14:24:34
age

722 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 00:12:19
植村さんは神。

723 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 08:19:14
山頂に残された旗展やってるね
http://www.uemura-museum-tokyo.jp/49-hp.htm

724 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 14:32:29
植村直己冒険賞、小松由佳さん受賞 K2登頂 2007/02/17

 豊岡市日高町出身の世界的冒険家、故植村直己氏の業績をたたえる「植村直己冒険賞」
(同市主催)の受賞者が十六日、東京都内で発表された。世界第二の高峰で、パキスタンと
中国との国境にあるK2(八六一一メートル)の登頂に、日本人女性として初めて成功した
小松由佳さん(24)=東京都府中市=が選ばれた。
http://www.nnn.co.jp/news/070217/20070217008.html

植村冒険賞受賞の小松さんへ 日高から祝福送る
http://www.nnn.co.jp/news/070217/20070217008.html

725 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 14:35:25
リンク間違えた・・・神戸新聞のはこっち
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000243992.shtml

K2に登頂した女性は小松さんでまだ8人目。すごいね

726 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 18:18:34
男性だと同じK2を無酸素単独ヴァリエーションで登っても評価されないとか、
(評価されたのはギャチュン・カンだよね?)
シベリヤ横断の安藤さんあたりに比べるとスケールが小さいとかあるが、
まずはおめでとうございます。

727 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 21:34:54
俺は単独無酸素でオリンポス山に日帰りで登ろうと思う。
植村さん、俺を見守っていてくれ。

728 :底名無し沼さん:2007/02/17(土) 21:48:45
>>726
女性で初登とか無酸素ならわかるけど。。なんだかな〜。

729 :底名無し沼さん:2007/02/18(日) 23:24:23
>>726
> 男性だと同じK2を無酸素単独ヴァリエーションで登っても評価されないとか、
> (評価されたのはギャチュン・カンだよね?)

山野井さん自信は、遭難してしまったから賞がもらえて、無事帰っていたら、、、みたいなことをいってた気がする。

730 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 00:19:04
そういえば2/12が誕生日だった。
たしか2月だったなぁ〜と思って書き込もうとしてたら既に過ぎてしまっていたか・・・

731 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 00:29:50
K2のバリエーションを登った女性は何人いるのでしょうか。

732 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 00:47:30
俺を含めて3万人ぐらい

733 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 00:57:42
>>731
いないんじゃない?

734 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 19:56:03
山野井さんは単独無酸素で登ってるわけだが。

735 :底名無し沼さん:2007/02/19(月) 20:15:28
途中から韓国人と一緒ジャン。

736 :底名無し沼さん :2007/02/19(月) 21:25:48
ワロタ

737 :底名無し沼さん:2007/02/20(火) 19:12:57
>>735
君そんなこと言ったら、長谷川恒男の穂高〜槍パチンコだって。。

738 :底名無し沼さん:2007/02/20(火) 20:38:53
植村さんって排便時間わずか10秒という神技の持ち主なのだとか。
摂氏−40℃〜−50℃になるところでは、のんびりやっていたら
大便が凍って切れ痔になってしまうのだとか。

739 :底名無し沼さん:2007/02/20(火) 21:11:47
パンツの中にしちゃってる悪寒

740 :底名無し沼さん:2007/02/22(木) 19:18:24
戦隊シリーズ関係ですが植村さんに似合う曲があります。
以下の曲です。

燃える男ゴーグルレッド、エンドレスウェイ、炎のコンドル、希望の剣、
ティラノレンジャ−・「赤き勇姿」、冒険してラッパピーヤ!
以上の曲です。
是非御一聴ください。
聴いたことがある方はわかると思います。

741 :底名無し沼さん:2007/03/01(木) 07:46:25
植村直己の曲ならやっぱり合奏曲「風をきって」が一番
小学生の頃音楽の演奏で一番好きだった
20歳の頃「青春を山に懸けて」を読んで植村直己が好きになり
色々調べるうちに「風をきって」が植村直己のイメージ曲なのを知って心底ビクーリ

742 :41:2007/03/01(木) 22:29:58
>>41なんですけど、植村氏が南極にいたときの通信歴を知ることは出来ませんか。
父が亡くなって20年。父の言葉の裏づけをしたいと。「植村氏と話した」と語る父の輝いた目。数少ない父との思い出に、確かな存在感を見出したい。
ググってもみるけど、植村ファンに導かれたい気も・・・
スレ違いスマソ。

743 :底名無し沼さん:2007/03/03(土) 05:54:28
キミコさんなら日本で拾ってたんジャマイカ?
返答したら怒られるからスルーしてたとか聞いた気がする
直接、聞いてみれば?

などとテキトーなことを言ってみる

744 :底名無し沼さん:2007/03/09(金) 09:48:09
この話の真偽は?

24 :名無しさん@七周年:2007/03/07(水) 03:40:59 ID:b+NhK5v90
ちなみに、登山の話なので、植村直己さんのマッキンリーでの死亡の話をするけど、

植村直己は殺されたんだ。知ってる?
南極の単独探検をしたかったんだが、金がないので
テレビにスポンサーになってもらったのが運のつき。

足に合うアイゼンが届くまで待ってくれって頼んだのに、
テレビの収録に間に合わないからと、行きたくもない
マッキンリーに登山されられたんだよ。

それで、植村直己が行方不明になってるってのに
取材班はそそくさと退散。

これが植村直己の最後だよ。

72 :名無しさん@七周年:2007/03/07(水) 03:50:37 ID:b+NhK5v90
>>34
ps
この植村氏の死にテレ朝が大きく関わっていたことから
テレ朝は水曜スペシャルなど冒険ものを自粛した。

>>66
テレ朝関係者乙

745 :底名無し沼さん:2007/03/09(金) 12:27:47
3月18日にNHK特集で冒険者・植村直己やるよ

746 :底名無し沼さん:2007/03/09(金) 17:48:58
>>745
おおおdクス

747 :底名無し沼さん:2007/03/12(月) 19:12:16
録画するぞ。

748 :底名無し沼さん:2007/03/12(月) 20:37:52
なおみ・・・ハァハァ

749 :底名無し沼さん:2007/03/12(月) 22:41:39
ひょっとしてまだ生きている可能性もあるんだよな?

750 :底名無し沼さん:2007/03/12(月) 22:56:55
青春を山に賭けてを今読んでます。

751 :底名無し沼さん:2007/03/13(火) 07:09:04
読んだらそのままローツェ南壁を目指せ

752 :底名無し沼さん:2007/03/13(火) 22:06:17
◇NHKスペシャル◇自らの信念を貫き続けた日本人の姿を伝えるシリーズ
「ラストメッセージ」の第4集。日本人として初のエベレスト登頂に成功し、
北極・グリーンランドの単独行など数々の偉業を成し遂げた冒険家の植村直己さん
の生き方をたどる。常に夢を追い求め、過酷な自然に立ち向かった植村さんが米ア
ラスカで消息を絶って23年。このたび、1981年に彼が行った講演の貴重な映像が
見つかった。その中で植村さんは、人の生きる本当の価値は金や肩書ではなく、
夢を追い求めて精いっぱい生きることにあると語っている。植村さんは消息を
絶つ前、子供たちを対象にした「冒険学校」をつくることを夢見ていた。
彼の生き方は次の世代に大きな影響を与え、北海道や山形で生まれた冒険学校では
冒険家たちが夢を追うことの大切さを子供たちに語りかけている。


753 :底名無し沼さん:2007/03/15(木) 21:14:47
番宣見ただけで泣けるな。日曜が楽しみだ。
また、テーマ音楽がいいんだよな。

754 :底名無し沼さん:2007/03/16(金) 21:15:01
冒険館のホームページがリニューアルされてるね。
久々に行きたいな。

755 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 18:16:20
NHKスペシャル本日放映あげ

756 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 18:42:44
♪ひとり見る夢は
すばらしい君の 踊るその姿
僕の胸に ナオミ
ナオミ カムバック トゥ ミー♪

757 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 20:01:14
NHK9時からか
待ちきれん(;´Д`)ハアハア

758 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 20:10:49
久々にSVHS標準速かなw

759 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 21:04:44
NHK植村age

760 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 21:43:25
放送中age

761 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 21:45:23
植村、のイントネーションに凄い違和感あるんだけど俺だけか?

NHKの「ウエムラ」→?→→は上村。

植村は→→→→、だろ。

違うか?





762 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 21:49:19
来たな。

名台詞「ちょっとだらしが無いんじゃないの?」

763 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 22:03:07
>>761
どっちでもいいよ、そんなこと

764 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 22:05:25
NHK、なかなかいい番組だったね。

765 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 22:25:17
>>761 偏屈丸出しだよ!オマエ友人居ないだろなw

766 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 22:30:18
植村精神いいねぇ。植村の本で買って読むかのぅ。

767 :底名無し沼さん:2007/03/18(日) 22:36:36
>>761
違う


お前チョンだろ

768 :底名無し沼さん:2007/03/19(月) 08:58:30
>>767
なぜ隣国の人間をさげすむような書き込みをするんだ?
植村さんの本の後書きに「今まで五十数カ国を旅してきたが、悪い人は一人もいなかった」と書いてあっただろう
非難すべきは白人、特にテロ国家米国だろう
日本はアジア諸国と経済的・軍事的に強固な同盟を結ぶべき
日本は中国と違い、東南アジア諸国にも警戒されていない利点を生かしてインドネシア・
マレーシアとのパイプ役を行いそれを足がかりに中東・北アフリカ諸国もともに力を合わせ
テロl国家米国との対抗組織として世界のためにそしてアジアのために力を発揮すべき。
そうなればEUなど比べものにならない強大な力と発言権を手に入れられる。
なお
今すぐ核を所持すべきだろう。

769 :底名無し沼さん:2007/03/19(月) 10:36:01
>>768
お前の〜〜すべき連発自己思想を植村氏の文を引用してまで
このスレで書かないでくれねーかな

770 :底名無し沼さん:2007/03/25(日) 19:35:07
今まで大谷映芳と大谷昭宏をごっちゃにしてたよ。ごめん。


771 :底名無し沼さん:2007/03/25(日) 22:15:58
不謹慎だがマッキンリーで今どんな状態なんだろう?

772 :底名無し沼さん:2007/03/25(日) 22:44:41
>>770
オオワロタ

大谷昭宏は茨城の旧鎌田市のセクハラ問題でドツボなマスゴミぶり発揮で
がっかりな状況。あれじゃストーカーだって言うの。

773 :底名無し沼さん:2007/03/25(日) 23:00:11
>>771 風化でほとんど白骨化してると思う、一部ロウ化してる部分もあるかな。

774 :底名無し沼さん:2007/03/26(月) 10:07:39
マロリーの遺体は白っぽかったけどわりとそのまま残ってたね。
あんまりミイラっぽくもなかった。

775 :底名無し沼さん:2007/03/26(月) 20:52:55
NHK特集を見てから、植村本を購入して、
今は『青春を山に賭けて』を読んでいます。
その中で「柿生の下宿先のお寺で、毎朝トレーニングを始めた。
9キロばかりの山道を走りまわった」と書かれていますが、
なんという寺か分かる方教えてください。
ちょっと、行ってみたくなったのでお願いします。


776 :底名無し沼さん:2007/03/26(月) 20:59:01
浄慶寺?
いや、柿生で検索したら出てきたもんで。
オレも近所に住んでるんだが、
たしかにこの辺りは丘陵地帯で起伏が激しいんだよね。

777 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 21:05:20
植木等しんじゃったよ

778 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 21:31:29
>>777
「植」しか合ってないじゃん。

779 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 21:35:11
柿生の寺の名前教えて

780 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 21:58:05
>>777
今、植木等のTVやっている

781 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 22:02:10
このひとに全然興味がなかったのだけど、
板橋区の記念館に行ったとき、稚内?から西鹿児島駅まで歩いた
と知って驚いた。野宿もありありで、さすが冒険家って感じ。
せっかくなら佐多岬まで歩けばいいのにと思ったもんだ。


782 :底名無し沼さん:2007/03/27(火) 22:26:35
狂気の佐多

783 :底名無し沼さん:2007/03/28(水) 05:10:26
植村さんにわっかないません。

784 :底名無し沼さん:2007/03/28(水) 06:08:34
いまいちよくわっかんない

785 :底名無し沼さん:2007/03/28(水) 20:48:30
たったひとりの冒険
〜セルフタイマーがとらえた北極点への道のり〜
平成19年(2007年)3月10日(土)〜7月1日(日)


786 :底名無し沼さん:2007/03/29(木) 06:55:24
柿生の寺の名前教えて


787 :底名無し沼さん:2007/03/29(木) 20:10:40
柿生スレになってる。
そのうちアド街ックでやるさね。

788 :底名無し沼さん:2007/03/29(木) 22:45:57
上村さんて何で一人で冒険するのかな〜
一人での冒険は遭難した時危ないよ
だからベテランの冒険家「ロアルド・アムンゼン」や「エドモンド・ヒラリー卿」なんかはけっして単独では冒険しないよ
エベレスト登頂の時、仲間に死なれて断念した時の経験から足手まといに思うようになったのかな?


789 :底名無し沼さん:2007/03/30(金) 01:24:44
人に合わせるの面倒だったから

790 :底名無し沼さん:2007/03/30(金) 22:57:16
>>788
一人でなかったら遭難したとき危なくないのか。
危なくない冒険とは冒険と言えるのか。
そもそも上村さんてのは誰なのか。
そしてオレの足は何故こんなに臭いのか。


791 :底名無し沼さん:2007/03/30(金) 23:18:45
>>790
足が臭いのではなく靴が臭いんだと思う。
靴が濡れたらすく乾かす。
靴下も濡れたらちゃんと交換する。その足で靴を履かない。
足臭対策は凍傷対策に通じます。

でも、外仕事だと足臭くなるよなぁ〜。


792 :底名無し沼さん:2007/03/31(土) 16:10:56
基本は軍足だな。


793 :底名無し沼さん:2007/04/04(水) 21:53:56
靴下が濡れるのがいやなら、靴下を履かずに靴をそのまま履けばいい。
靴が匂うなら、裸足でいればいい。
ということで、裸足で登山がこれからのデフォ。

794 :底名無し沼さん:2007/04/04(水) 22:20:53
>>793
がんばれよ。おれは履くけどな。

795 :底名無し沼さん:2007/04/04(水) 23:33:58
share
NHKスペシャル ラストメッセージ 第4集 「夢 果てしなく 冒険家 植村直己」 (NHK総合 704x480 59m29s XviD+Vorbis)[i].mkv gunchoLABIRD5P6l 728,349,880 45b55c34b5dc45386e519af2ca191715f19a5139

796 :底名無し沼さん:2007/04/07(土) 19:40:17
植村さんの話し方って村西監督に似すぎワロタ

797 :底名無し沼さん:2007/04/07(土) 20:31:44
「村西監督」が理解できる率3割と見たが?
そして俺はその3割の一人。

798 :底名無し沼さん:2007/04/07(土) 21:44:31
で誰?

799 :札幌:2007/04/08(日) 16:05:05
大谷映芳さんの講演会 「冒険家・植村直己」

http://sapana.ojaru.jp/n/k.htm

ふ・古くてスマン

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)