5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【枠よこせ】徳島空港(その2)【青息吐息】

18 :NASAしさん:2005/12/31(土) 18:44:49
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/news/20051223p201.htm

関西国際空港会社の村山敦社長は22日、関空を拠点とする新規航空会社を2007年末にも設立し、
小型ジェット機で仙台や広島などの地方都市に就航させる構想を明らかにした。
地方空港と関空発着の国際線との乗り継ぎの利便性を高め、国際空港としての競争力を向上させるとともに、
大阪国際(伊丹)空港や、来年2月に開港する神戸空港との違いを打ち出すのが狙いだ。関空会社は来月にも、
関西財界と協議のための研究会を発足させる。
構想では、定員100人程度の小型ジェットを3〜4機導入し、就航先として、まだ関空と結ばれていない
仙台、新潟、広島、高松、徳島、北陸地方、南九州地方などの地方都市を想定している。
研究会では、採算性や機材の調達方法、具体的な路線、新会社の資本金規模などを検討する。
地元経済界が出資する航空会社としては、九州企業などが出資し、来年3月に開港する新北九州空港
と羽田空港を結ぶスターフライヤー(北九州市)がある。
村山社長は「スターフライヤーを参考にする。ジェットが無理なら、プロペラ機でもいい。
新航空会社設立には通常、3〜4年かかるが、2年程度で可能にならないか研究する」と述べ、実現に強い意欲を見せた。
関空発着の国内線は12月末現在、稚内から石垣まで14都市、1日計52便が運航しているが、
スカイマークエアラインズが来年3月末に羽田便から撤退する。関空会社は日本航空、
全日空に国内線の拡充や新規路線の就航を要請しているが、両社との交渉が不調に終わる可能性もあり、
関西の主要企業が共同出資で新規航空会社を立ち上げる構想の具体化を急ぎたい考えだ。

(2005年12月23日 読売新聞)


95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)